畑仕事とオリンピック観戦

わたしも中学時代は、部活で柔道を行っていました。それもあって、柔道とボクシングには関心があります。

昨日の、阿部兄妹の金メダル獲得は感動しました。歴史に残る偉業であって、わたしの時代には無かった女子柔道も種目に加わって、こんな時代が来たんだなぁ~」とも、またもう生きている間に、日本開催でのオリンピックを見ることはないんだろうなと、若者の力強い活躍が頼もしく感じます。

昨日の予定では、早朝に軽く畑作業をしたのち、高校野球観戦応援へ出かけようかの予定もありましたが、耕運機へのガソリン購入、移動などをしたのち、前夜結構雨が降ったのに思いのほか畑の土が硬くて難航、1時間ほど作業を終えたのが、10時を過ぎていました。

アウトドアの画像のようです アウトドアの画像のようです

全身汗びっしょりで体も火照ったので、シャワーを浴びて体を冷やしていたら、体力が切れてしまい、結局 高校野球観戦は、行けませんでした。

室内の画像のようです

一人でチビチビやりながら、オリンピックテレビ観戦が続きました。「中止だ、無観客だと採算が取れない」などとの批判もありますが、闘っている選手たちには関係なく、開催できてよかったと思います。

何処かの党の、副代表が東京五輪開幕日にピシャリ「この感染拡大の状況で五輪強行することは反対です」と言っておきながら、舌の根も乾かないうちに スケートボード金メダルを獲得した堀米選手を祝福する姿には、付いていけません。

政治的に「東京五輪は失敗すれば良い」と利用する政治家、コロナも含めて批判するだけのコメンテーターは見ていて気分のいいものではありません。

オリンピック開催を否定するだけの姿勢は、多様性と調和の否定と同様です。

また散々東京五輪反対・中止を唱えていた一部マスコミやテレビ局が、手のひら返しをして、視聴率稼ぎのためか、東京五輪を報道する姿は、滑稽でなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。