さて

昨晩、23時過ぎに冷蔵庫を開けてみると炭酸飲料水が冷えていなかったので、自宅近くの自動販売機まで購入に行きました。わずか50メートルほどの場所でしたのが、一応上着を軽く羽織って、短パンサンダル履きでした。

自販機に到着する前に、車から「もしもし」と声をかけられました。 だれかな、と振り向くとパトカーで、不審者と間違われている様子でした。自身の氏名と自宅は近くです」と名乗りましたが、日本は安全な国だと感じた一瞬でした。

さて、今日は町内一斉清掃予備日でしたが、先週開催できたので一休みと行きたいところです。

根が貧乏性なので、一週間近く手が付けれなかった畑の具合が心配です。夜のお誘いもあって、さほど食べないんですが、腹に脂肪もたまっているところですので、ひと汗流してきます。—————————————————————————————————-

昨日は、舘小学校の運動会にお招きいただきましたので、伺ってまいりました。これで令和元年度豊明市内の小中学校すべての運動会・体育大会が終了しました。大規模学校、小規模学校それぞれ工夫を凝らして開催していました。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、植物、草、屋外、自然

午前10時近くまで見学させていただきましたが、星城中学公開感謝祭にもお招き頂いておりましたので、途中でご無礼して星城中学の方へ伺いました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

開会式のあと、中学生によるプレゼンを聞かせていただきました。

1年生は福井県美浜町と中学生サミットの開催、豊明市高齢者福祉課への聞き取り、美浜町福祉課への聞き取りをして比較しながらどうしたら上手くと組むことが出来るのか。2年生は6次産業の取り組みとして、サツマイモの生産から、加工・販売までどうしたら一つの食材で街を活性化できるのかの取り組み、3年生は日本からオーストラリアへと言う語学研修、

また英語弁論大会優勝者による弁論発表がありました。いや~レベルが高いのに、ただただ感嘆するばかりです。

12月には星城高校1年生仰星コース50名の生徒と、豊明市議会議員との意見交換会を開催します。議員サイドも勉強を重ねないと、この中学生よりもレベルが高い高校生の質問に耐えれません。

最期の弁論優勝者による弁論発表がありました。弁論優勝者のYさんは、お母さんが有名な極真空手家で、お母さんの後ろ姿をしっかり見つめて自分が何をすべきか、立て板に水のような口調で、力強くそしてなめらかに“”可哀想な人はいない“”との弁論は胸にこみ上げてくるものがありました。

話しを聞いているうちに、ひょっとしてと思い帰り際に「師範はHさん?」と聞いたところ、そうですとの事でした。大久伝にあった極真空手道場で稽古を重ねていたYさんのお子さんでした。

あの小さかった少女が、いつのまにかこのような素晴らしい発表が出来る中学生に育っているとは、月日のながれるのは早いものです。

だれもが可哀想な人ではなく、障がいを持っていても、自分の能力に見合った仕事で、それなりの賃金を頂けるような社会に出来るように努力を続けます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、立ってる(複数の人)、テーブル、室内 画像に含まれている可能性があるもの:室内

畑仕事をしながら、明日の豊根村議員さんとの意見交換会の準備もいたします。

 

コメントは受け付けていません。