みうらけいじ 議会活動などのお知らせ(うら面)

9年ぶりに副議長に就任しました、豊明市初の女性議長とともに頑張ります。

防災基本計計画が改正されました。

問 新型コロナ自宅療養者の避難先を自治体で検討するように指示、変更されたが豊明市の対応は。

答 基本的に福祉体育館、陶芸会館を指定避難所としている。コロナの疑いがある人が避難所に避難されてきた場合、福祉体育館に誘導する。陽性や濃厚接触者については、保健所と相談して病院などへ移動して頂く。

問 災害危険エリアに住む療養者を把握して、事前に決めた避難先を伝えておくと変更されたが豊明市の対応は。

答 陽性者とか濃厚接触者のデータは豊明市にはなく、保健所が管理しているので、保健所との連携を密にしていく。

問 一般避難者と療養者の動線を分けられるようなレイアウトの工夫は、どうなっているか。

答 避難所となる各学校の協力を得て、熱などの疑いがある人のために校舎の中の教室の一部を一般とは別に用意している。体育館に入る前に検温や聞き取りをして疑いがある人は、そちらへ誘導する。

阿野区で耐震ローラー作戦 実施

第3次 豊明市耐震改修促進計画

豊明市では、昭和56年以前に建てられた木造住宅に住んでおられる世帯に対して、無料耐震相談や耐震化の推進をしています。市役所職員と役員さんが一緒に、対象世帯に耐震ローラー作戦を実施しています。

令和3年度は阿野区の順番となっています。この秋口に対象各家庭を訪問する予定です。赤が重点的に耐震化を進める地域であり、前後町の一部と阿野町の明定・西ノ海戸・新切・上畑田地区です。

コロナワクチン接種について

コロナワクチン接種後に、腕の腫れや痛み、発熱、頭痛が出るケースが出ています。

ワクチンなど接種する場合、コロナだけでなく、インフルエンザ接種等においても発生します。接種後に急性アレルギー(アナフィラキシー)が発生するのは、今のところ100万回の接種当たり、5例以下となっています。

ほとんどが接種後15分以内、30分以内に症状が現れていて、接種会場(病院等)には、お医者さんがいますので、治療を受けることが出来ます。接種するのかしないのかは、あくまでご自身の判断であり、強制するモノではありません。

★接種券は、市役所から送られて来るものが有効です。

——————————————————————————————————————-昨日は、文化会館で歌謡祭が開催されました。議長の代理で出席してきました。

1人以上、室内の画像のようです

ギャラリーなどでは、障がい者作品展などが開催されていました。

室内の画像のようです

1人のアート作品のようです

アート作品のようです

夏休みまで終業式を入れて、あと2日です。すでに暑くなっていますが、児童生徒の見守りから今週も始まります。

 

 

 

コメントは受け付けていません。