エスプールプラス豊明、瀬戸市議・職員様視察終了

昨日は、いつものように子どもの見守り、午前9時前には阿野ふれあい会館において“”阿野区まちかど運動教室“”が開催される放送が入りました。

「一緒にやれば」という先輩の声掛けで、10時から久しぶりに体操をしましたが、自分の体の固さにうんざり、腰痛が原因とウォーキングだけではいけませんね。汗を流させていただきました。

午後から、エスプールプラスあいち豊明ファームにおいて、瀬戸市議会議員4名、瀬戸市の社会福祉課職員2名の視察に同行させていただきました。瀬戸市の朝井議員の企画で急きょ決定しましたので、手続のお手伝いをしました。

堀内議員、伊藤議員も参加しました。

エスプールプラスからは、東京から説明する人が来て頂き、わたしも豊明市に誘致したいきさつなどの資料を作成して、お渡ししました。

コロナ禍において、多くの企業が人員削減に手を付け始めていますが、最初に対象になるのは、いつも立場の弱い非正規の人や障害を持つ人たちです。エスプールプラスで働かれている障害者の人は、誰も雇用を打ち切られた人はいないと聞きました。

 

 

コメントは受け付けていません。