ガブロヴ市(ブルガリア)青少年来日

 

一昨日午後に出発、昨日午前中まで、長野県上松町へ出かけてまいりました。この8月から環境整備補助金を活用して、上松町で生産された木工製品を新生児にプレゼントするウッドスタート事業が始まります。

画像に含まれている可能性があるもの:2人

上松町との議員さんや職員さんとの意見交換の場では、全員の議員さんから互いに質問が飛び交う活発な意見交換の場となりました。また上松町の課長以上の全職員さんに参加して頂き誠に恐縮です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

朝のうちは曇りが続き、午後前から雨がパラつきだしました。宿泊した宿から見た早朝の光景です。

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

地域おこし協力隊・木工部が空き家を活用して、木製品の作成を始めています。ここで出来たオリジナル木製品は「ふるさと納税」返礼品として活用していくとお聞きしました。整備導入には「元気まちづくり支援金事業」申請して古民家を必要整備しています。SNSでも情報発信していますので是非ご覧ください。

画像に含まれている可能性があるもの:家、木、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:室内

続けて、上松町公民館に場所を変えて、もくもくアートの田中講師さんの指導のもと、貴重な体験をさせていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、靴、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内

写真の説明はありません。

今日は、ブロガリアのガブログ市から16名の生徒が豊明市役所に表敬訪問に来ます。その後、星城高校にて午前11時から青少年来日記念市民歓迎会が開催されます。

ガブログォ市とは、愛知万博開催の折に一国一市町村フレンドシップ事業が行われました。豊明市はブルガリアとのフレンドシップ国となった経緯から継続されています。

まずは、2日間休んだ、児童生徒の見守りから一日が始まります。

 

コメントは受け付けていません。