ハインリッヒの法則

これぐらいは良いだろう」という許容範囲を自分で決めて、世間の常識と乖離することです。

労働災害における経験則の一つですが、1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常(ヒヤリ・ハット)が存在するというもの。「ハインリッヒの災害トライアングル定理」または「傷害四角錐」とも呼ばれます。

わたしは、このハインリッヒの法則がコロナに該当すると思います。

昨朝、近くの前原外科で腰の具合を見てもらい、隣の稲垣薬局で湿布を頂きました。

写真の説明はありません。

犬、室内の画像のようです

腰の具合を確認しつつ、畑で耕運機を動かしました。

草、木の画像のようです

アウトドアの画像のようです

アウトドアの画像のようです

コロナウィルス第4波が、全国各地で蔓延しだしました。大阪では感染拡大が続いて、東京より多い数字が発表されています。大阪市では「まん延防止等重点措置」が取られるそうです。強制力のない法?の効力がどまであるかは分りません。

大村知事も言っておられましたが、愛知県は東京と大阪の二週間遅れで、感染が拡大するとのことです。

正しく恐れる行動をお願いします。

 

 

 

コメントは受け付けていません。