中央小学校区避難所開設訓練(ダンボールベッド・マンホールトイレ)

昨日、自家用車を役所においてきましたので、次男坊と散歩がてら自家用車を取りに行きました。

日曜日に中央小学校において開催された、中央小学校区避難所開設訓練ておいて、ダンボールベット、マンホールトイレを初めて体験しました。

体育館の中において設置された、授乳テント・着替え室テントの組み立て方を学びました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

下記がダンボールベットです。本当によく考えられていて想像以上の快適さ、足腰が弱っている人には最適です。ただ必要量の確保が課題です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、バスケットボールコート、プール

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

マンホールトイレも予算計上されて、図面上は確認できていますが、実際に現場を見たのは初めてです。排せつ物は下水管を通って本管に流れる仕組みとなっています。開ける器具は防災倉庫に入っています。

すべての小学校に設置したいのですが、下水が通っていない地域には設置出来ません。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、ゴルフ、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、木、群衆、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テーブル、室内

写真の説明はありません。

このような訓練が出来たのも、何年もかけて自主防災リーダーの人の賜物です。今年7月末に西日本豪雨で被害に逢った高梁市に視察に伺いましたが、そこで学んだことは初期活動は行政には頼れない。自分の命は自分で守るという事でした。

わが身を守るのはまず自分である。という事を自覚しながら訓練を継続して頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。