久々のあいさつ

昨日は、8時前から廃品回収のお手伝い。

9時から阿野区自主防災訓練に参加しました。令和2年度はコロナの影響で、ほとんどのイベントを中止か縮小していますが、防災訓練だけは、いつ発生するか分かりませんので、開催しました。思えば7か月ぶりとなる久々の挨拶でした。

一部で、コロナ第3波と言われる中での防災訓練ですので、規模を縮小しながらの開催となりました。一昨日・昨日も防災講演や中島区などの訓練が行われ、議長職を降りた後、コロナ禍などの感染症と大災害が同時発生した場合の対応について、質問を続けています。

今回は、今まで議論が薄かった避難所におけるトイレ問題をどのようにクリアしていくのか、健常者だけではなく障がい者・高齢者の人のことも考えなければなりません。

感染症の観点から衛生面はどうすべきか。この地域では福祉避難所は中部保育園を確保していますが、中部保育園までいけるのかどうか

福祉避難所に怒れる人は、付き添いの人が必要な人が多くて、その人も避難所となる中部保育園まで同行するのか出来るのかという問題、

保育園児との境界はどうするのか、そこで感染拡大が発生した場合の対応などの質問をいたします。

人は衣食住、食料の確保はもちろんですが、食べれば排泄します。上下水道がストップしたら、快適なトイレを享受できなくなります。

その点を市役所サイドと情報を共有して、しっかり対応できるようにしていきたいと思います。

後片付け終了後、三崎井ノ花公園で開催されている‘’軽トラ市‘’に伺いました。知り合いの人が、いっくんファームで蜂蜜を販売するとのことで、阿野ふれあい広場で開催する軽トラ市でも販売いたします。

市長とすれ違い、鈴木淳司代議士も蜂蜜を購入いただきました。また、いっくんとともに写真撮影、三寿園前でも記念撮影をしました。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。