今期最後のピーク

昨日、本日がピークです。

昨日は、予算委員会一日目が終了しました。2019年度新年度予算は、4月に選挙を控えているので骨格予算と銘打ったので、2日間としました。

6月議会で肉付けする予定ですが、結構なボリュームがあります。いずれにせよ2日間と決定したので、的確な質問に対して分りやすい答弁を心がければ、2日間で足りるはずです。

わたしは監査という立場なので、予算や数字に関する質疑は控えていますが、総括質疑の際は、今後の方針に関して少しだけ質問する予定です。

いずれにせよ、いつものように予算委員会終了後直ちに一般質問、新年度予算についての会報を作成を始めます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

先般、某結婚式のときの挨拶の際に撮って頂いた写真です。髪がボサボサで鼻が虫に刺されたときの写真です。他に意味はありません。

外国人への日本語教育、障がい者雇用雇用率など私が一般質問したことが、大きな問題になっています。それにしても国の対策は情けないと思います。以下参照

中央省庁での障害者雇用数の水増し問題をめぐり、政府は11日、関係府省連絡会議を開き、国の行政機関が法定雇用率を達成できなかった場合、不足1人当たり年60万円を各府省の翌年度の予算から減らすなどの対応策を決めた。2020年度から仕組みを導入する。

 予算の減額は、雑費などに充てられる「庁費」から行う。また、予定していた人数の障害者を雇えなかった場合、そのために計上していた人件費などが余ることになるが、その分は、障害者の雇用促進策に活用する仕組みもつくる。

 さらに、確実に法定雇用率を達成していくために、各府省で、障害者雇用推進者として官房長らを選任。達成状況などを人事評価に反映させるようにする。

さて、ぼやいていても一日が始まります。児童生徒の見守りに行ってきます。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。