令和元年 豊明市議会議長就任

昨日の平成31年度(令和元年)の豊明市議会開会議会において、議員各位の推挙により、議長にご推挙されましたので、謹んでお受けしました。

身の引き締まる重責の役職ですが、市民生活向上のため全力で取り組んでいく所存です。

議長就任あいさつでは、以下の点などをあいさつしたと思います。(頭で覚えたていた文言ですので、言い回しなどが違っていると思います)——————————————————————————————

議会運営などに関しては、政治信条・思想哲学は違っていても、議論を重ねて、少数意見を尊重して、最後は採決で決定するというプロセスを市民に見える議会にしたいと思う。

職員にお願いしたい。少子高齢化が進んで、豊明市の財政も硬直化している。

豊明市の職員は優秀で潜在的能力があると信じている。何が出来て、何が出来ないのか、しっかり見極めて頂きたい。

最悪なのは、失敗を恐れて何もしないでジリジリ後退すること。失敗を恐れずに、市民生活向上のためを思い、全力を尽くして頂きたい。

様々な声や、議会からの提案も聞けば、おのずと自分たちが何をしたら良いのかが見えてくると思う。英知を集結して、豊明が前進できるよう頑張って頂きたい。

 

コメントは受け付けていません。