令和2年 大晦日 三浦桂司だより正月号 地域配布へ

今日で令和2年が終わります。コロナの感染拡大が止まらない大晦日になりました。また、日本海側を中心に、寒気が流れ込み大雪警報が出ている地域もあります。

自国の食料需給率が4割も満たないのに、スイッチ一つでお風呂が沸く、ボタン一つで食べ物が届く生活をいつまで続けていけるものか、人間の行動が、環境破壊が気候変動にどのように及ぼしているのか、ふと考える時があります。

結局のところ、コロナ同様、一人一人の行動しかありません。

昨晩の、セキュリティポリス愛知での夜間防犯パトロールは、各家庭電気は付いているものの、何か雪の夜のように静寂な雰囲気の中でのパトロールでした。終了後ゆっくり風呂に浸かり、体を休めました。

30日午後から、阿野神社において令和2年の大祓い式が開催されました。やや風が強いなか開催されました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

さて、今日から三浦桂司だより正月号をポスティングに行きます。

最近は、スマホでよほどの記事が見ることが出来るので、新聞を購入する世帯が毎月減少しています。三浦桂司だより正月号は、地域性が強いチラシとなっているので、この年末年始に運動がてら地域(阿野・中島の半分程度)に手配りします。

会派真名(しんめい)の会報と、同じテンプレートでの枠組みなので、間違われそうです。横書きにすればよかったかな?と思っても後の祭でした。

厚着、帽子、マスク、手袋をして配布をします。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

夜はライジン、夜の井岡対田中のboxing観戦、それまで休み休み配ります。

午前0時過ぎにに一度阿野八劔神社に立ち寄る予定にしています。

夜中は「朝まで生テレビ」を見ます。

みなさん良いお年をお迎えください。

 

 

コメントは受け付けていません。