健康福祉委員会へ(菅総裁誕生へ)

今年初めに、オリンピックが延期になったり、世界中に新型コロナウィルスが蔓延したり、豪雨災害が発生したりするなど、だれが予想できたか。

昨日、菅義偉官房長官が自由民主党総裁に選出されました。一旦流れが出来ると一気でしたね。明日は分からないのが政治です。

菅総裁は、派手さや見栄えではなく、実直さが売りでコツコツと仕事をこなして頂けることだと思います。何よりコロナ対策が最重要課題です。

自民党役員が確定して、今日はだれがどの大臣に就任するのか、明日以降は副大臣、政務官人事がマスコミをにぎわします。

また任期が1年に迫った、衆議院選挙をどのタイミングで打つのかも、市民やわれわれ地方議員も関心の高い所です。

安倍総理の7年半の負の側面が過大に言われますが、負の側面はマスコミ報道にまかせますが、社会保障費確保のため、だれもが嫌がる消費税を2度増税したのは、長期の安定政権だからこそ出来ました。

異次元の金融緩和策で財政規律は緩んだ部分もありますが、その財源において大学生の学費負担軽減や女性の就労促進などの政策、幼保無償化など社会保障の充実をはかる事ができました。

アベノミクス効果で、日経株価平均は野田政権の273兆円から、2019年度には625兆円まで増えました。個人消費も14兆円増えています。

円高傾向への揺り戻しで19年度の経常収支黒字は20兆円と世界第2位に回復しました」等々の政策を打つことが出来ました。外交においても、多くの成果を上げています。人の悪口しか言えない人は、言わせておけばいいと思います。

本日は、わたしの所管の健康福祉委員会が開催されますので、議案を精査中です。

また本日が、一般質問の議会だより原稿期限ですので提出します。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。