冷感タオル 見守り隊の人へ到着

一昨日から、豊明市内の登下校の児童を見守って下さる人に対して水に浸すとタイプの“”冷感タオル“”の配布が始まりました。

6月の一般質問の回答では、日傘にするのか、大きめの帽子にするのか、検討をして何が良いのか6月中に結論をだすとの回答でした。

例年だと、今の時期は30度を越えてガンガンの暑さですが、今年は梅雨や大雨の影響で、気温がさほど上がっていません。しかし豊明市では学校授業は7月31日までありますので、急激に気温が上がった場合、体が付いていかないケースが想定されます。

コロナ対策とともに、梅雨が明ければ、熱中症対策も必要となります。

写真の説明はありません。

 

コメントは受け付けていません。