台風一過(北日本大雨注意)

超大型台風と言われ、前日には山陽新幹線を全面ストップするほどの警戒をしていましたが、この地方では功を奏して台風被害は最小限に抑えられています。しかし今日は、北日本では大雨による被害が心配されます。

昨日は、予定されていた地域の戦没者慰霊、愛知県の戦没者追悼式が、中止、延期となり大雨・暴風警報などで避難所を開設準備等々に対応するために、待機の一日となりました。

豊明市役所も台風の移動状況の経緯とともに、数時間ごとに災害対策会議を開催して、幸いにも避難所を開設するまでには至らず、ホッとしました。————————————————————————————————

午後12時には、市役所内でも先の対戦の御霊に対して、黙とうを捧げる放送が流され、黙とうをしました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

韓国の文政権の発言が、修正されはじめました。政権維持、支持率アップのため対日批判を利用している感が否めず、実際そのような批評が増えています。

ネット上では「何をいまさら徹底的にやってやれ」「困った時だけ頼るのか」「国がつぶれれば良い」など過激な書き込みが続いていますが、いずれ落ち着くところに落ち着くでしょう。

仏の顔も三度までという言葉があります。いまだに、水戸黄門が放映、支持されているのは、はじめから強く自己主張するのではなく、悪代官の理不尽な言い分に対して、我慢に我慢を重ねて、最後に印籠を出しスカッとするとう、日本の文化があります。

韓国が政権交代するたびに、日本への対応が変貌著しくては、韓国に対してのホワイト国の格下げ行為に対して、一部の左派マスコミ以外、今回の日本政府の対応に、批判が広がらないのでしょう。

常識の範囲内に落ち着くことを願います。

 

コメントは受け付けていません。