市民相談

オリンピックを深夜までテレビ観戦していると、セミの鳴き声で目覚める時があります。

次々とメダリストが誕生しています。スケボーなどの選手氏名は全く知らず、競技でメダルを取って、初めて選手名を知る場合があります。

スケボー、柔道など金メダリストが誕生していく中、体操男子団体は金メダルにあと一歩でした。星城高校出身の石川祐樹キャプテンが出場するバレーボールも勝ちました。

また卓球の混合ダブルス水谷&伊藤ペアが、金メダルに届くとは思いませんでした。

世界チャンピオン中国チームに0-2で劣勢でしたので、「ダメかもしれないな」と勝手に思い込んでしまいました。ほかの競技種目にチャンネルを変えていて、再び卓球にチャンネルを変えた所、2-2のイーブンに戻していました。「えっウソだろ」と驚いてテレビに噛り付いて、2人の健闘する姿にくぎ付けとなりました。

金メダル確定したとき思わず「オッシャー」と叫んだところ、次男坊は、父さんテレビに叫んでいる」と怪訝そうな顔で見つめてきました。

マスク越しでしたが、満面の笑みで二人がインタビューを受けていました。諦めずに最後の最後まで戦う姿は清々しいものがあります。途中であきらめかけたこちらが恥ずかしいです。最後の最後まで、諦めない姿を見せて頂きました。おめでとうございます。

木、アウトドアの画像のようです

世の中には、自分に無い知識を詰め込む作業もせずに、他人から聞いた浅い知識を基に、物事を進めようとする人が、少なからずいます。

いま市民相談に乗っている人の相手方も、まさに「どう考えたら、その理論が成り立つのか」という相談なので、手に負えずに弁護士さんを紹介しました。

弁 護士や力のある人が介入すると、手のひら返しをする人が多いのが特徴です。常識の範囲内で物事を進めれば、もめ事や紛争は少なくなるのですがね。

草の画像のようです

昨夕、草取りをしました。まだムンムンしていて汗が滴り落ちてきました。

住宅や駐車場の境界での草刈機での草刈りは、小石が飛び跳ねるので神経を使います。

 

 

コメントは受け付けていません。