星城高校 野球部激励

昨日、会派真明の会報16,000部発注しました。来週の14日以降に到着します。また、市役所4階においては、議会だよりの在り方を検討する「広報広聴特別協議会」が開催されていました。

コロナが発生する前の7月の第1週か、第2週は会派の行政視察に訪れたものです。会派視察は無駄だ、遊びだ言われる人もおられますが、実際に自分の目で見て、説明を聞いてみないと、わがまち豊明に適したものか、ホームページだけでは分からない部分があります。

障がい者雇用農園「エスプールプラス」などは、現地視察があってこそ、豊明に誘致出来ました。 一方的に聞くだけの会議などは、ズームやパソコンで十分ですが、市役所業務などの市民相談などは、電話やネットでは、意思の疎通がつながりにくいものです。

食品の画像のようです

夕方、星城高校野球部に、市長、議長とともに激励に行かせていただきました。星城高校は甲子園出場を目指しているだけに、部員が100名以上いて、迫力があります。豊明高校は残念な結果になりましたが、星城高校は頑張ってほしいです。

1人、立っている、室内の画像のようです

わたしの夢は、決勝で星城高校と愛工大名電高校が対戦する事です。

昨日、会派真明の会報16,000部発注しました。来週の14日以降に到着します。

 

コメントは受け付けていません。