決算、委員会終了

昨日で、建設文教委員会が終わり、令和元年度決算の認定議案、補正予算などの9月議会の議案審議がすべて終了しました。内容は多岐にわたりますので、ブログや会報などでお知らせする予定です。

9月議会、あとは最終日の討論、採決を残すのみです。

わたしの地域の沓掛中学校の修学旅行や、中央小学校の野外教育活動などは、何とか終えることが出来ました。

以前、仮にコロナの蔓延や発生などで修学旅行等が行けなかった場合、国からの地方創世交付金を活用して5千万近くのキャンセル料を豊明市が負担する議案が通りました。

全ての学校が終えていませんが、仮に行くことが出来た場合、キャンセル料が浮いて他の事業に地方創世交付金が活用できます。

企業の業績次第ですが、雇止めなど10月以降も心配部分が残ります。実際に住宅の家賃が払えず、滞納している人の申請などが増えています。

わたしが副議長の7年前は、毎月議会が開催されていました。豊明市は通年議会を取り入れていますし、国からの地方創世臨時交付金がまだ数億残っています。

コロナ関連で、苦境に陥っている人のため、9月議会が閉会しても、10月以降いつ緊緊急議会が招集されてもおかしくありません。

自由民主党第7選挙区で豊明市支部(坂田けんじ支部長)では、例年は6月中旬に総会を開催していますが、今年度はコロナの真っただ中でしたので、党員さんに集まって頂くのを延期していて、総会が開催できていません。

コロナはまだまだ予断を許さないのが状況です。

いずれにせよ、昨年までの開催方法はムズカシイのが現状です。しかし党員さんに令和元年度の決算や令和2年度の活動方針をどのようにお知らせするのか苦慮しています。

書面議決にするのか、一部役員さんだけ集まって頂くのかを、はたまた時期が遅れましたが、従来のように開催するのか決定いたします。

さて、時間になったので児童生徒の見守りから一日が始まります。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。