豊明市子育て支援給付金・生活支援福祉給付金 委員会否決Ⅲ

ワールドカップでの日本代表は残念な結果に終わりました。ドラマを信じていたのですが、世の中そんなに甘くありませんでしたね。

さて、今回の一般質問でも、石川ひであき後援会だよりは、後援会が作成したもので、自分には関係ない旨の発言には、言葉を失いました。

そういう姿勢が、中部水道企業団の企業長を飛ばされる遠因になるのではないでしょうか? それは、市長個人の問題ではなく、豊明市全体の問題となります。

今回の豊明市子育て給付金、生活給付金でも、自分が提案した案が、たとえ思いつきの議案であろうとも、職員が賛同すると思っていたのでしょうか?

アンケートにおいて、職員の1割しか賛成しなかった議案を提案した市長はもとより、追認した副市長以下の部長にも反省を求めます。

朝日新聞

朝日新聞

読売新聞

読売新聞

市長の主張は間違っているけど、議会が反対してくれるだろう、だろう議案は今後、市長とケンカしてでも、体を張ってでも、たち切るべきです。

今朝、他市の議員さんから「ブログ見てます。豊明さん大変ですね」と続けて2本の☎を頂きました。

審議されていた福祉文教委員会では、否決されました。明日の6月定例月議会 本会議最終日の賛否で、決定します。———————————————————–

美濃加茂市長が逮捕されました。若くて斬新な提案の裏返しは、パフォーマンスに走る傾向が見られたとの記事がありました。

地域に根を下ろさないパフォーマーとの対立は続きますが、市民の安心・安全、豊明市の活性化のため進みます。

本日は、まちづくり委員会が開催されるので、出席してまいります。

 

コメントは受け付けていません。