遺族会法要へ

新聞において、ハウス農園で知的・精神障害を持つ人エスプールプラスについての記事が大きく掲載されていました。

いままで企業が雇用する障がい者の人は、一般的に身体障がいを持つ人を雇用するケースが多数でした。しかしエスプール社は知的・精神障害を持つ人の働く場を提供する仕組みを作りだしました。

記事の内容は、さいたま市がエスプール社を誘致した件についての賛否両論について書かれていました。識者は障がい者隔離だという一方、知的精神障がいの子どもを持つ保護者からは「所得安定」の賛成の声が書かれていました。

自分の子どもが、知的・精神障害を持っていたら、保護者は我が子の将来を思い浮かべることだと思います。エスプールで働くか否かを選択するかは保護者の自由です。理想を求めるのは簡単ですが、選択視が広がることがイケない事なのか?

一般企業が知的・精神障がいを持つ人を雇うのがムズカシイので、エスプールプラス社の存在意義がクローズアップされています。

会社との共生を強調しても、現実問題として、知的・精神障害を持つ人が一般企業に採用される機会があるのか、積極的に知的・精神障害を持つ人を採用して頂けるのか、最低賃金を頂ける企業・会社がどれほどあるのか。

統計として、どれくらいの企業・会社が法定雇用率以上の障がい者を採用しているのかを聞いてみたいです。

政治・行政は、理屈だけでなく現実に困っている人に対してサポートするのが仕事です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

夕方から、日が暮れる前まで芋掘りに出かけました。軽トラ市に出してみたいと思いますが、ナカナカ日程が合いません。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

明日から東北地方に視察に訪れますが、週末の台風が心配です。

土曜日には市内保育園10園の運動会や、日曜日には地域の秋祭りが目白押しです。どうなるのかな。

本日は、遺族会法要がありますので出かけてまいります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。