防災緊急車両 再登録へ

文章を書いている間に連絡が入り、投稿するのを忘れていました。

先ほど長久手から帰り今日は書き込みがないね、と言われ気がつきました。加齢ですかね。

早朝から自民党の資料の配達、子どもの見守りのあと、市役所に立ち寄って、長久手市に行きました。

これからは、コロナと生きる社会、災害とともに生活していく社会となります。

豊明市においても、少子高齢化が進んで、市民が社会への参加があってこそ、社会は形成され、醸成されていくものです。

昔は、自然とともにコミュニティーを基盤に、社会的弱者の人を助け合える社会でした。産業革命後は、社会を人間だけのものにしてきたきらいがあり、社会を営むためのツールであった経済を最優先したために、自然環境を破壊して、格差の増長とともに、自然環境を守れない社会にしてしまっています。

格差拡大において、個人をバラバラにする社会にしてはなりません。

利便さの追求が、環境を壊し、結果として地球からの反撃されている気がしてなりません。———————————————————————————————————————–

6月区会で、個人や法人が所有する軽トラックを各地区からお願いして、災害時に活用するという取り組みがあります。

わたし個人も、数年前まで登録していたのですが、車両保険が必要であるとの事でしたので、わたしは外れました。

軽トラックで車利用保険に加入している個人は少ないと思います。そこらへんは世間の認識と大きくずれています。

今回は車両保険の加入は必要ないという事でしたので、再加入致しました。

 

 

コメントは受け付けていません。