9月議会 本会議質疑、委員会付託へ

昨日午前中は、3度目の決算勉強会、2時間半にわたり勉強会を開催しました。1度目は決算カードの見方、2度目は数字や財政用語、昨日は事業に対して質問方法の勉強でした。

昨朝の、韓国での「韓国に台風10号の上陸を認める」との報道に強い違和感を感じました。

言葉の言い回しが、何かおかしくないですか?国民の生命・財産を守ることよりも、上陸した事実を後まわしにしたように感じます。そこにはプライドや願望など感情を重視する国民性を重んじての方でしょうか? 言然たる気象事実に対して、認めるとか認めないは、おかしいですよね。

昨朝の見守りは、台風の影響でぬる~い風が吹いて中央小学校5年生が、美浜少年の家にキャンプに行っていて、いつもと違う景色の登校でした。

日曜日の廃品回収をしている最中に、バス4台が廃品回収の前を通過していき、嬉しそうに手を振っていましたが、台風の為キャンプファイヤーなどはが出来ずに、体育館部分でキャンドルを灯してイベントをしたと聞きました。

また、沓掛中学校3年生が静岡方面へ修学旅行へ出かけて行きました。コロナウィルスで中止になった場合のキャンセル料は、地方創世臨時交付金の一部を活用して豊明市が全額負担することを認めました。 全ての小中学校のキャンプ、修学旅行が開催できて、楽しい思い出になればと思います。

このように市の予算は、市民生活に直結している部分があります。

今日は議案に対する本会議質疑、委員会付託され、明日から令和元年度の決算委員会が開催されます。 決算を生かしながら、令和3年度の新年度予算の骨格が固まっていきます。

夕方、強い雨が降りましたので、雨が上がった直後に近くの阿野川を見に行きました。

ここは20年前の東海豪雨の時は、排水が追い付かず溢れかえりました。昨日の雨程度でも、かなり水かさが上がっていました。時間30ミリで琵琶ヶ池に水が入る仕組みになっています。(琵琶ヶ池が一時的に調整池の役割を果たします)

雨がやんだところで、嫁さんの車がエンジンがかからなくなっていたので、知り合いの修理屋に電話したところ、多分バッテリーじゃないか」との事でしたので、わたしの防犯パトとバッテリーどおしを直結したところ、エンジンがかかりました。

オートバックスに行って、バッテリー交換をしました。

モノには、寿命というものがあります。

今日は議案に対する本会議質疑、委員会付託され、明日から令和元年度の決算委員会が開催されます。 決算を生かしながら、令和3年度の新年度予算の骨格が固まっていきます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。