ゲリラ豪雨対策を

次から次へと悲惨な事件・事故が相次いでいて改めて平和のありがたさを身に感じています。当たり前という感覚に陥らないよう気を引き締めます。

新潟と福島で豪雨による甚大な被害が発生しています。私の住む地域も豊明市内半分の排水が一気に押し寄せる低地にあって東海豪雨の折には床下・床上浸水被害が発生しました。。

せせらぎ2豊明市では時間50㎜を超える雨量対策は取っていません。東海豪雨の時も県河川の境川ではあと1㍍ほどで氾濫するほどの勢いでした。東海豪雨後に河川護岸強化の一部は行ってはいますが、県河川の箇所はナカナカ強化が進みません。

もし東海豪雨並みの雨に襲われたら同じ運命をたどることとなります。大震災同様ひとごとではありません。

急激な円高が経済に及ぼす影響、収束しない福島原発、それに伴う汚染牛問題、追い打ちをかける集中豪雨、求心力を失った菅政権ではいかんともしがたいのが現実です。暗い話ばかりしていても始まりません。失われたと言われている10年、20年を取り戻すように頑張らねばと思います。

お祭り真っ盛りです。地域の夏祭りは多くの役員さんの共助によって成り立ちます。

パルネス駐車場でも櫓が組まれ準備万端。

前後パルネス前後区

落合区の夏まつり

CIMG0156CIMG0157

CIMG0158CIMG0159

 

二村台の花火

CIMG0165CIMG0167

CIMG0179CIMG0181

CIMG0182CIMG0187

途中、吉池区でも開催されていました。

CIMG0154CIMG0155

上半期豊明市空き巣・ひったくり

愛知署から豊明市内の23年1月~6月までの空き巣・ひったくり情報がセキュリティーポリス愛知へ送られてきました。

愛知署管内の住宅対象の侵入泥棒は、4年連続全国1位という不名誉な発生件数だそうです。

お出かけの際はご近所に一声かけたり、見知らぬ人を見かけたら挨拶を交わす事が有効です。

img159

img160

今後の市内の夏まつり情報です。

二村台1区~6区合同
7月29、30日 予8/5、8/6
18:00~
唐竹公園及びグランド

CIMG0149CIMG0153

落合区7月30日 予備日7/31 17:00~
大蔵池公園芝生広場

前後区7月30日、7月31日予備日8/1 18:00~
前後パルネス屋外駐車場

間米区7月30日、7月31日 19:00~
間米八幡社境内

吉池区7月30日 18:00~
市役所第二駐車場

豊明まつり8月6日、7日 文化会館

坂部区8月6日、7日 19:00~
坂部公民館及び駐車場、善光寺堂

ゆたか台区8月6日、7日 19:00~
ゆたか台公園

大脇区8月6日、7日 19:30~
坂畑公園広場

西沓掛区8月6日、7日 17:00~
文化会館駐車場

西川区8月6日、7日 17:00~
文化会館駐車場

以下沓掛区の町内会の開催

山田町内会 8月6日 18:30~
勅使苑駐車場

ひかり台団地町内会 8月5日、6日 19:00~
ひかり台団地児童遊園地

下高根町内会8月13日 17:00~ 
下高根公園

寺内町内会 8月13日19:00~ 
寺内ちびっ子広場

中川町内会 8月7日 18:00~
授産施設「メイツ」

本郷町内会8月11日、
12日予備13日 19:00~
沓掛城址公園

宿町内会  8月13日19:00~
宿ふれあい広場

徳田町内会8月13日、14日 19:30~ 
福井鉄工広場

連日の夏祭り

CIMG0147早朝から防犯パトカーで沓掛・豊中学区を1時間半ほど巡回していました。各地域違うと思いますが今日で子ども会・PTAの早朝ラジオ体操が終わりの所が多く、多くの子どもたちは役員さんから参加賞を貰っていました。

私も子どもの頃夏休みのラジオ体操は皆勤賞の景品をもらうため早起きしたものです。私の時代は皆勤した子どもと休んだ子ども景品が違ったものでした。

当時は差別化があったのですが今は少ないと思います。逆に当時は同一労働同一賃金に近い部分があったと思います。どっちが良いのでしょう。

昨日阿野町林ノ内にある照栄寺の先代のあんじゅさん(幼いころからそういう名称でお呼びしていて正式なお名前がわかりません)が94歳の生涯を終えられましたので告別式に参列させていただきました。

最近の通夜・告別式は葬儀場がほとんどです。自宅で通夜・告別式を営まれるのはごくまれとなりました。夏場(冬場)の自宅での告別式はちょっと辛いものがあります。暑さで気分を悪くされた方もおりました。これも参列される方が高齢化してきたせいか?はたまた便利さに慣れていたせいかな?

せせらぎ3時から市内防犯パトロール、午後6時から三崎発展会の夏祭りに演者として参加させていただきました。そのあと踊りの練習へ出かけ練習後三崎の夏祭りに再び出かけました。5名ほどの議員さんとお会いしましたが私以外普段着でした。

 

今日は豊明団地のお祭り、明日は落合区のお祭りに参加させていただきます。

平和が続くように

CIMG0142CIMG0143

子ども会ではラジオ体操が始まっています。阿野東子ども会は7月いっぱい、阿野西子ども会は8月後半から始めます。

木馬ひき上松から豊明に帰る途中の天気は雨が強く降ったり途中晴れ間がのぞいたり、豊明に着いても雷がゴロゴロと最近の気候が異常と感じるのは私だけではないと思います。円の急上昇が続いて、ドル換算で77円前後と、私の子どものころ長い間1ドルは365円だったいう当時の観念からすると考えられない円高が続いています。

アメリカにおいても債務上限引き上げを巡る現政権・共和党のキチンレースが全世界に巡りまわって、ドル売り円買いの結果で、決して日本経済が好景気なので円を買おうというのではありません。

アメリカ国債がデフォルト(債務不履行)に陥る事を望んでいる人は今の段階でいないはずです。膨大な財政・貿易赤字を抱える米国において政治が経済に与える影響というものをしっかり考えてほしいものです。

日本の赤字国債も同様ですが、借金でカタを付けるという手法を一度覚えると麻薬同様ナカナカ足を抜け出すという事は難しいものです。

不思議なのは誰かが何とかしてくれるだろうとか、何とかなるだろう、と市民のみならずメディアが現実に目をそむけ危機感が極めて薄いことだと思います。

放射能に汚染されている東北地方の牛肉が全国に出回っています。いったいどこまでが大丈夫なのか素人である我々には全く分かりません。

昨日は三崎発展会のお祭りに伺う予定でしたが、急なお通夜が入っておまけに終わりがけに雨が降ってきて断念しました。

今日は10時からマーメイドカフェにおいてお茶する予定でしたが告別式となり行くことが出来なくなりました。

今日の夕方は急な雷雨にさえ見舞われなければ、三崎発展会のお祭り(ピアゴ駐車場)にいます。平和でこのようなお祭りが続くように努力します。

友好町上松町へ

西尾市事業仕分け、幸田町事業仕分け、中日看護センターからのアクセスが異様に多いです。関心が高いのがうかがえます。昨夕から長野県木曽郡上松町に来ています。上松町の議員さんと意見交換会をいたしました。昨年のこの時期の「ひのきの里の夏まつり」では大変お世話になりました。朝方の天気は曇りですが、いつ雨が降ってもおかしくないような感じです。夜の三崎発展会の夏祭りまでには帰ります。

幸田町事業仕分けを見て

各市町、事情仕分け真っ盛りです。幸田町の事業仕分けの様子です。

CIMG0131CIMG0132

CIMG0133CIMG0134

CIMG0135CIMG0136

新設行政運営事業・こうた産業まつり事業など、じっくり聞きました。「う~ん」と唸る部分もありました。

img156img155

西尾市(一色/幡豆/吉良と合併)・幸田町ともほとんどが事業が要改善という条件付きで継続という結果でした。不要・廃止というのは、まだそんなことしてるの」という事業ばかりです。

西尾・幸田とも巡回バス(豊明でいうひまわりバス)が事業仕分けの俎上にあがっていましたが、いずれ存続(要改善)でした。

豊明のひまわりバスにしても2台稼働させるのに一日当たり10万円必要です。高齢者・小児以外は100円の料金を頂いていますが、民間なら撤退もしくは運行しないでしょう。

赤字の垂れ流しになっても福祉バスという観点から運行を続けるのが良いのか?費用対効果から見て廃止するのが良いのか?40分程度で簡単に答えが出せる問題ではないと思います。

市民判定人の人も若い人、自分で運転できる人は身近でない「ひまわりバス」の関心は薄い部分です。

また東日本大震災が発生しているのに木造住宅の耐震補強促進についても推進するか廃止するか、市民判定人の判断は同様の回答でした。

税金において市民サービスをする事が、市の役割です。どこに予算を付けるかは市長に権限があります。批判を受けても行政の長である市長が号令をかければ公務員はそういう方向に進む習性があります。

市長も、自分自身が直接批判を受けたくないのか、「他の委員さんが言っていた」「一部の市民が言っていた」というのではなく豊明をこういう街にしたい。だから協力してほしいというビジョンを示して頂ければ協力できる部分が出てくると思います。

事業仕分け削減ありき」で、物事を進めていくと新たな良いアイデアがあっても新規事業の目を摘むことになるし、ネガティブになりがちです。必要な予算は必要な予算として委縮せず主張を続けていきます。

西尾市事業仕分け2日目の様子です。

CIMG0140CIMG0139

CIMG0141

昨日中日介護センターのの件でNHK、CBC、中京テレビが市役所に取材に訪れていました。こういう事で豊明の名前が前面に出ると言う事は喜ばしいことではありません。

中日看護センター中日看護センター2

阿野区納涼夏祭りを終えて

地元の納涼夏祭りが終了しました。準備から後片付けまで他の行事・視察などが重なってしまいましたが怪我がなく無事終えることが出来ました。

準備

CIMG0101CIMG0102

CIMG0106CIMG0107

本番

CIMG0114CIMG0115

CIMG0117CIMG0119

27名の地元の中学生も風船釣り・金魚すくい・かき氷など手伝ってくれました。

CIMG0122CIMG0123

後片付けに奔走しました。宴の後はゴミが多いです。東部知多衛生組合で焼却されるゴミ、リサイクルする資源ゴミ、燃やして埋め立てるだけでなく上手く環型する社会にしなければなりません。

CIMG0128CIMG0129

中日新聞に大々的に掲載された、間米にある中日看護センターの件で豊明市役所にも多くの報道関係者が駆けつけていました。下記写真は市役所内でテレビ局が高齢者福祉課長の取材をしている様子です。

CIMG0130

地元(足元)の問題すらやろうとしないのに豊明市の事を語る姿に違和感を覚えずにはおられません。桜ケ丘にあるオウム真理教施設の監視パトロールを続けています。

豊明市の認可・福祉のあり方が悪い意味で注目されています。近所の人も新聞報道・テレビ放映を見て井戸端会議で「ボケてもああいうところに入りたくない。ボケたら早く死にたい」とネガティブな会話をしていました。

いま少子高齢化対策、社会的弱者と呼ばれる人の救済にお金が必要となっています。また食料品など原発問題の終息のめどが立たないため、日本各地さまざまな所に影を落としています。政府はしっかりとした対策を迅速に打つべきなのですが悲しいかなリーダーシップのない総理のもとではいかんともしがたいのが現実です。

当市においても市民税10%減税するお金があるなら少子高齢化対策、東日本大震災に義援金として送ったらどうかいという主張を繰り返していました。これからもこの主張は変わりません。特別養護老人ホームなどの新設問題も出てくることでしょう。

豊明市も金が必要とするのは民生費の部分、つまり年金・医療・介護・子育ての部分で土木費・公共事業の入札改革をして篩にかければザクザクとお金が生みだせる」という主張は正しくありません。

確かに過去には大きな公共事業があれば、「ちょっとあやしいんではないか?」という匂う部分があったのは事実です。そこに巣くう過去のイメージを醸し出してことさら強調して事実と違う、現実とかけ離れた主張に負けるわけにはいきません。

今豊明の公共事業は道路・公園の庭木剪定、各行政区から出される区長要望工事、小中学校の校舎・体育館の耐震工事などしかありません。

もうひとつお金がかかっているのは人件費です。公務員給与の10%カットという主張はとんと聞こえてきません。職員と協議したとか労働組合と議論した形跡もありません。いったいどこに行ったのでしょうか?

一昨日に続いて、昨日も幸田町(西尾市も立ち寄りました)の事業仕分けに行ってきました。豊明市も事業仕分け予算100万円あるのでやってくれればいいと思います。しかしその“やり方“については意見があります。

安心して子育てが出来るまち、老後が楽しく暮らせるまち」というのは誰もが共通することです。

西尾市事業仕分け

昨日阿野区納涼夏祭りの後かたづけを済まして帰宅すると午後10時を大きく回っていました。

昨日午前中、夏祭りの準備がてら金魚の買い出しに弥冨市まで出かけました。23号線栄インターから乗ったら大渋滞に巻き込まれました。

自動車関連会社が営業しているので混んでいるのかと思いましたが、事故でトラックの荷台から積み荷が道路に散乱していたためでした。

CIMG0103CIMG0104CIMG0105

金魚の買い出しを終え夏祭り準備の区切りがついてから、西尾市まで車を飛ばし午後から「西尾市事業仕分け」を傍聴してきました。顔を合わす事はありませんでしたが、豊明市からも多くの議員・職員が傍聴に来ていたと職員さんから聞きました。

先月総務委員会の合間に訪れてお話を伺った職員さんもお見えになり、また事業仕分けを実行されている職員さんたちにもいろいろお話を聞きました。総額60万円でも「構想日本」と遜色ないやり方だと感じました。

構想日本しか事業仕分けする所がない」との6月議会での市長側の答弁やそれをかばう市政改革の会の姿は一体何だったのでしょう。

9月議会では腹の内を徹底的に質問するつもりです。さて答えることが出来るでしょうか?

CIMG0113CIMG0111

CIMG0108CIMG0109

CIMG0110CIMG0112

ケーブルテレビでも全てを放映します。

共通して言われるには市の職員の力を借りなければ事業仕分けは出来ないという事です。昨年12月議会で外野席(傍聴席)から汚い野次を飛ばしていた市民派女性市議のいる事業仕分けも安価で行っています。

今日も夏祭りの後片付けをしたのち幸田町事業仕分けに出かける予定です。

有料老人ホーム中日看護センターが捜査を受けているとの報道が大きく掲載されています。2年ほど前に間米町の中日看護センターに鳴子踊りで慰問に訪れた際も入るのに厳重なチェック等があり少し異様な雰囲気でした。

当時から「虐待があるとの噂」も絶えず、気にかかっていました。入所者の人はかなり重度の要介護を必要とする高齢者の人が多くいました。

証拠を固めるためでしょうが警察も動くのがちょっと遅すぎる気がします。新聞報道にもあるように介護難民と呼ばれる受け皿になる施設が必要です。

阿野区納涼夏まつり

6月末からの猛暑の時は鳴いていなかった蝉が鳴いています。いよいよ夏祭りの時期になりました。

今日は豊明市内6箇所で夏祭りが開催されます。

二村台7区
7月23日予備日24日18:00~
場所:皿池公園

桜ヶ丘区
7月23日、24日予備25日16:00~
場所:住宅都市整備公団「豊明栄公団前広場」

大久伝区
7月23日、24日19:00~
場所:大久伝公園

舘区
7月23日予備日24日17:00~
場所:舘小学校運動場

中島区
7月23日予備日24日17:00~
場所:中島八剣社境内

阿野区
7月23日19:00~
場所:阿野ふれあい広場

CIMG0100

ウチの町内も本日納涼夏祭りです。自動車関連に努めておられる役員さんもおられ出勤となり例年より少ない人数で準備を進めねばなりません。今からテント張りや弥冨市まで金魚の買い出し等々、夜遅くまで忙しい一日となりそうです。

事業仕分けもイロイロやり方が

本日、議員と市職員幹部の全員協議会が開催されました。そこでY市民派議員とH議員のバトルが勃発しました。詳しいことが知りたい方は市長以下、各部長(教育長・教育部長・行政経営部長・市民生活部長・健康福祉部長・経済建設部長・消防長)にお尋ねください。

「構想日本」以外で安価で事業仕分けをしている市町の一部です。

常滑市

http://www.city.tokoname.aichi.jp/ctg/15700160/15700160.html

三重県亀山市

http://www.city.kameyama.mie.jp/shisei/gyokaku/gyoseikaikaku_shiwake_kekka.html

徳島県鳴門市

http://www.city.naruto.tokushima.jp/koho/html/2011_04/shiwake.html

西尾市

上記の市町の事業仕分けで西尾市は60万円で行っています。鳴門市にいたっては同じような内容で知恵を絞りながら15万円で行っていました。豊明市の事業仕分け予算は330万円から100万円に修正しましたが100万円あります。

なぜ市長や市政改革の会が金額が高い「構想日本」にこだわり続けるのか?総務委員会で何度聞いて「構想日本しか事業仕分けする所が無い」の一辺倒で十分な回答を頂けませんでした。その後に他市町の事情を知った市長側の答弁は二転三転しました。

その裏にどんな意図があるのか?知恵を絞らず金をかけるというやり方は納得できません。

人件費削減すらやらずに市民税減税10%を唱えるのは意味が分かりません。一部の市民は市民税10%減税を望んでいます。

以下参考

「構想日本」で事業仕分けを開催する、安城市

http://www.city.anjo.aichi.jp/shisei/gyokaku/documents/jigyousiwake.html

や、若干金額が高い幸田町の事業仕分け

http://www.town.kota.lg.jp/index.cfm/15,19469,html

過去3年間に豊明市でも15億円の事業削減をしきました。豊明マラソンは廃止になりましたが市民有志で「ちょこっとマラソン」を始めたり、1300万円から200万円まで削減された「豊明あきまつり

それでも市民有志が懸命に踏ん張って、現在開催しています。事業仕分け方法はいくらでもあります。パフォーマンスの事業仕分けになるならば血税を投入する価値はありません。

ゆくぞ桶狭間ゆくぞ桶狭間2

週末に地域の夏祭りが迫っています。19日が踊りの練習日でしたが台風のため昨日に延期されました。豊明和踊会の先生を始めお弟子さんの方々から熱心に指導頂きました。さぁ~これで万全と行きたいですが

盆踊り櫓Ⅱ盆踊り櫓

阿野ふれあい広場にはすでに盆踊り用の櫓が組み立てられています。