人口減少時代に

1月も末となりました。

参議院議員のパソコンが何ものかにアカウントを乗っ取られているようでポルノサイトのプロモーション動画が次々とアップされる事態が起きています。

確か昨年参議院議員のパソコンが外部ウイルスに感染したという報道がありました。IDとパスワードが流出して議員のメールが盗み見されている可能性があって、ITの便利さの裏側でこういう問題が起きるものです。

12月の一般質問では時間が足りず突っ込むことが出来ませんでしたが、豊明市の対策について3月議会で聞いてみることにしましょう。

image

千葉県柏市の「柏の森キャンパスシティ」です。ITを上手く使って街を進化させ機能を拡張するという夢の未来都市像です。http://news.mynavi.jp/news/2011/07/13/007/index.html

今後の日本の人口推計が発表されました。50年後には8600万人、高齢化率は40%という驚愕の数字で、日本自体が消滅してしまう数字です。

スマートシティ、こういう街だけが生き残るのではなく我が街も官民一体となって生き残りをかけた闘いをしないといけないのに違った方向へ労力が必要とされています。

市長の会報が発行されました。私以上に挑発的な会報でした。まだ4,900万円の削減効果があると言っています。しょうがありませんおそらく答えないと思いますが、本会議場で聞いてみることにしましょうか。

噂では自分が提案する議案が否決されたら、議会解散、リコールしか頭にないという話が飛び交っています。客観的に見てもそんな感じです。市民のほうを見ずに議会を敵視するという姿勢がアリアリとみえて、取り巻き連中のラベルが低すぎます。

「新聞に豊明の事が取り上げられないと言われます」しょうが無いです。結果を考えずパフォーマンスを繰り返すだけで日々の努力、目先の猫だまし的手法だけしか考えていないのですから。

CIMG0607

ぼやいていてるだけではしょうがありません。寒い朝です。コソ泥より始末が悪い輩たちは熟睡している時間帯だと思いますが、いろいろな輩がいます。セキュリティーポリス1号で早朝パトロールに出かけます。

阿野ゆうゆう会、新年を楽しむ会

昨日阿野ふれあい会館でゆうゆう会(旧の老人クラブ)主催の“新年を楽しむ会”にご招待していただきました。

午後12時30分~16時30分まで地域の方々の大正琴、カラオケ、民謡舞踊・コーラス・お面太鼓・詩吟・詩舞・踊りなど、総勢80名の方が舞台上でそれぞれ普段の練習の成果を披露されました。

挨拶でも少しと述べさせていただきましたが、ウチの地域は高齢者の方も自宅にひきこもるという事はせずに、子ども見守り隊同様に積極的に地域活動などをして頂いています。

ゆうゆう会さん達で資料をつくり会場設営、音響など全てを運営しています。

こういう活動を続けることによって、お医者さん通いだけでなく健康づくりにもつながると思います。

こういう活動は新しい公共とはなじまないんでしょうか?市長さんはお見えになりませんでした。

img316

img318

携帯で撮影してメールとしてパソコンに送ってもエラーとなってしまいます。ということで写真はまたにでも—

さぁ~一週間の始まりです。今から早朝パトロールに出かけます。

ガイコクジンからみたニホン

昨日、はじめての阿野子ども見守り隊懇親会が開催されました。若干のお酒が入りワイワイガヤガヤ言いながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。

見守り隊の方も平均年齢を取れば何歳になるでしょうか、家の中にいるよりも外に出るほうが健康のためにも良いと思います。最近は特に寒いので皆さん健康に留意して頂いて、これからも無理のない程度で続けて頂きたいと思います。

隣の部屋では70歳を若干越えられた方の阿野の同年会が開催されていて「こんにちわ三浦桂司です」とだけ挨拶させていただきました。

そのご家内に商工会館まで送っていただきガイコクジンから見たニホンのセミナーをお聞きしました。

プラスエデュケート

プラスエデュケートⅡ

http://www.plus-educate.aichi-edu.ac.jp/index.html

選挙権もなく日本語も上手く話せないのでは、学校を卒業してもこの厳しい雇用情勢の中では仕事もままなりません。彼ら彼女達はこの街でいえば社会的弱者の人達です。

たまたまこの国に生まれそんなに不自由のない生活を送らせていただいていますが、世界にはその日その日の食事すらままならない人達が本当に多く存在します。

豊明の子ども達の面倒・支援をして下さっている熱意ある先生がいます。虹の架け橋事業http://blog.goo.ne.jp/koyangyi/e/c8dc9f5908ff8adf1bcb5d418a82ccbd今年度で終了してしまいます(あと2ヶ月)。目的は達したかと言えばそうではありません。今後も何としても支援しなければならない教室だと改めて思いました。

教育委員会の支援・理解が薄い!!

先生がこの街で外国籍児童の子ども達に教えて下さるという限り最後まで支援は続けます。

来週NPOフェスタがあるとチラシを頂きました

img313

阿野子ども見守り隊懇親会

昨日の書き込みは反響がありました。

本当か!! 信じられん!!というのが全てで他市町の議員さんからも、「な人ですね」という電話がありました。「まぁ~こんなもんです」とだけ答えておきました。

私的な事と公務が重なるという事はよくあることです。しかしよほどの事情が無い限り公務を優先すべきで、私も何度後から公務が入ってキャンセルしたり時間をずらしたことでしょう。

仮に臨時議会が急に決まったら、私的な事で事前に決まっていたからなどという言いわけは通用しないのと同様です。議会人である限り当たり前のことです。

とにかく責任をなすり合いして「スイマセン」という言葉を知らない人達です。そのひと事があれば深追いされずバケツを掘る、いやいや墓穴を掘ることはないでしょうに——

もし委員会を欠席していたらどういう事になったか、と思うと豊明市議会全体が叩かれていた事でしょう。あ~怖い、怖い。

昨日一昨日と本当に寒い朝が続きました。今日は阿野子ども見守り隊の懇親会が会費制で開催されます。

阿野子ども見守り隊が正式に発足して丸5年、初めての懇親会です。当時小学校1年生だった児童達も6年生となりこの4月には中学に入学します。

1三浦写真各町内の要所で雨の日もこの寒い日も、また猛暑日も日々見守って下さっている方々には心より敬意を申し上げます。

私は議員という立場ですのでパフォーマンスと言われても構いませんが、「子どもを甘やかすだけだ、やっても意味が無い」という声を出す極々一部の人がいます。

ヒステリックなクレーマーたちは自ら汗を流さず、やたら思い込みが強くて自分の主張を繰り返します。こういう人はどこの行政区にもいるもので、マトモに相手にすると疲れます。

また先般下記のような文書が子ども見守り隊の隊長宛に小学校から届きました。

img310

隊長さんが各会員さんに下記のような文章を送りました。

img309

数年前の一般質問で、「日頃から子ども達の登下校を見守って下さっている子ども見守り隊の人へ小中学校への運動会や文化祭、授業参観への案内状を出したらどうか」という提案を致しました。

対応は各学校に任せる」という回答でした。運動会・授業参観への案内などは各小学校などへ届くようになっていると聞いていますが、「ふれあい給食」いいですよね

人間形成過程における教育、他人への思いやりの心は口だけではなく行動で見せることも重要です。

午後2時から商工会館で「ガイコクジンから見た日本」という講演があります。子ども見守り隊の懇親会は町内の仕出し屋さんでアルコールもあるので、う~ん。——悩みは尽きません、ハイ。

公私の区別がつかない議員達

昨日、23年度第2回都市計画審議会が開催されました。

http://www.city.toyoake.lg.jp/toshikeikaku/singikai/tosikeikaku%2023.1.htm

都市計画審議会都市計画審議会の委員会構成は商工会会長、連合婦人会会長、司法書士、土地家屋調査士、JA豊明統括理事、幹事として行政経営部長、市民生活部長、経済建設部長等、また豊明市議会から議会代表として私を含め4名の議員が委員として選出されて出席しています。

今回二名の市政改革の会の議員から「勉強会があるので都市計画審議会を欠席する」と数日前チラット聞きましたが、公務の勉強会だとばかり思っていました。

ところが一昨日に自分たちの会派の勉強会であることが判明しました。

え~許してよ、会派勉強会と公務のどちらが優先するかも分からないのかなぁ~、というのが正直な感想でした。

特に今回は愛知県の大村知事の肝いりで始まった「楽市楽座」の実施のため、豊明市においては一部の市街化調整区域→市街化区域の編入という大事な議案がありました。

欠席したいという市政改革の会の二名の議員はまだ一年生議員で、将来もあるので問題が大きくなる前に事前に解決しなければと思いました。

これはマズイ、欠席したら議会で大きな問題になる」との思ったので、事実確認をして議長に相談した所、議長も「当然公務優先である。欠席したらそれなりの事を考えなければならない」との考えでした。

議長から欠席したいという市政改革の会の一年生議員二名に優先順位を教えていただけませんか」とお願いしたところ、議員二名を議長室に呼びだし議長から「公務を優先してほしい」と要請して頂きました。

会派の代表と相談してみる」と心もとない回答だったらしいですが、何とか昨日の都市計画審議会に出席してもらい安堵しました。

かも

もし都市計画審議会に出席せずに、個人勉強会に出席していたらどういう事態になったか、お忙しいのに時間を割いて出席して頂いている他の委員さんに失礼極まりない無礼な行為です。

 

 

img306

昨年11月は伊賀市の視察には出席したのに、議論の場である委員会に出席しないとは——–公の都市計画審議会を軽んじている証です。会派の代表も都市計画審議会を欠席しても自分の会派勉強会を優先したいという判断ならば何とも情けない会派です。

体調不良や不幸があれば致し方ありませんが、このような理由で公の委員会を欠席すれば、他の委員さんや市民から議員・議会に対してどういう目で見られることになるでしょう。議員不要論が出てくるのは間違いありません。

都市計画審議会は豊明市のマスタープランづくりや費用弁償として報酬も出ています。

報酬の二重取りだ!!との議論を言っている議員自身の社会的常識、モラルを疑うような出来事でした。

今まではこのようなハズカシイ事は表に出ずに注意で終わっていたのですが、これからはドンドン表に出る事でしょう。

公(都市計画審議会)と私(自分たちの勉強会)の優先順位さえ分からない会派・議員たちが今日も議会改革だ、市民が、市民が、と綺麗事を叫んでいます。

http://www.city.toyoake.lg.jp/toshikeikaku/master/genanPDF/josyo.pdf#search=’豊明市都市計画マスタープラン’

区内でカーナビ泥が続出!!

一昨日の夜に、阿野区内で車のカーナビ泥棒(10件ほど)が続出したという報告を受けていました。

新聞屋さんが来る前の夜更けらしいです。昨年12月の豊明市内の犯罪状況と愛知署管内の犯罪発生状況です。お気を付け下さい。

img308

img307

2011年度、豊明・日進合同研修会

改革と言う言葉は好きではありません。しかしここではあえて改革という言葉を使います。

何を削減するのか、削減ありきで大切なモノまで削減しないのか、少子高齢化で増え続ける社会保障費に対して自ら身を削る覚悟を示さねばなりません。

議員か、職員か、給与か、さまざまな選択があります。多くの市民の人から見れば自分たちの生活が厳しくなっています。だから議員や職員数、給与も削れ」という声が上がるのも無理からぬ話でしょう。

年収300万や仕事の無い若者から見て、議員は何をしているか分からないが当選すればのうのうと670万円の歳費をもらっている。市役所職員が優秀か否かは関わらず定時から定時で同程度の給与をもらっている事が許せないと言っておられました。

4年前、東海地震などに備えて市民の緊急避難場所でもある小中学校の耐震化を最優先させたいので、豊明マラソン、豊明まつりをゼロ査定(休止)にする案が前市長から提案されました。市民の安心安全確保を優先させたいと言われれば反対できませんでした。

いま豊明マラソンはちょこっとマラソンに、豊明まつりは市民参加型まつりに転換しました。いずれも規模は縮小しましたが、開催しています。市民が市民がと口先だけでない、これが本当の市民の力です。

豊明市もグランドデザイン」を描こうとしていない、描ききれないところが問題です。批判ばかりでなく、街の魅力を分析して、構想を持ってどういう街を目指すのか、議論すらされた形跡がありません。

有志で立ち上げた豊明子どもフェスティバル、豊明まつりの市民参加型への転換、またちょこっとマラソン復活などどう思っているのでしょう。

まちづくり条例http://miura.toyoake.org/?page_id=5217への批判はありますが対案を見たことがありませんよね。

我々が提案した条例案に対して、いちゃもんを付けるだけでなく独自の条例案を提案せず、「私を入れてくれなかったので条例が悪い」のかな?

また「豊明市議会基本条例」の対案はあるのでしょうか?昨年12月議会に対案を提示すると言っていたので、どの程度のものか少し期待していたのですが、同志が提案した今回のA案に対してB案が提案されればと思っていましたが、

特別委員会を設置して逐条解説をどうたらこうたら」とのパフォーマンス動議で、正式な条例提案ではありませんでした。

CIMG0604CIMG0600

CIMG0598CIMG0599

昨日の講師だった中村健氏(現早稲田大学マニフェスト研究員・元徳島県川島町長)の豊明市のキャッチフレーズ「ひと・自然・文化ほほえむ安心都市」の人は誰を指してひとと言っているのかという問いかけにハッとしました。

ひととは、自然とは、文化とは、ほほえむとは、安心都市とはどんなまちでしょう。キャッチフレーズだけが先行している部分は否めません。

小泉郵政改革の自民党圧勝、政権交代の民主党の完勝に見られるように民主主義はポピュリズムの一面があります。しかし議会制民主主義を取る独裁国家を望まない我々日本にとってその民主主義とともに共生しなければなりません。

市民にとって資源をいくら投入した結果、自分たちの生活がどのように良い部分に変化したのか」という部分が切実な問題であるとも言っていました。

インプット・アウドットの次にある何がどの程度改善されたのかが市民には重要であって、議会を変えれば市民が変わる」では無く自分の生活に密着しない案件に関して、得てして市民は無頓着な部分が多く、議会改革の先進地・トップランナーを走る栗山町http://town.kuriyama.hokkaido.jp/ですら住民からの評価は高くないとの事です。

かつて政治は2流でも経済は1流なので、日本は世界的に誇れる国であったという時代がありましたが、市民は地方議会がどのような議論をしたかどうか興味が薄いと言っています。

う~ん文字で書くのはムズカシイ

どの町でも総合計画に基づいて年次計画を策定するものです。「総合計画は前の市長の時のものだから」と無責任な発言をした議員は、「あの人ちょっと勘違いしていませんか」と終了後で講師の方からと耳打ちされました。(日進の議員さんではない事だけは確かです)。

隊長が体調を崩されて、早朝パトロールはお休みされますので一人で近辺を回ってきます。今日は都市計画審議会があります。私は議会選出の議員ですので出席します。

議会運営委員会行政視察終了

一日半での埼玉県飯能市、東京都立川市と議会運営委員会の行政視察、やや強行軍でしたが昨晩19時に豊明に無事全員到着しました(無事でなくてもよかったのにという声も聞こえてきそうです)。

内容に関しては、議会運営委員さんの報告書をまとめる立場ですので内容は控えて、写真だけにしておきます(2月下旬までにはレポートをまとめます)。

CIMG0553CIMG0554

埼玉県飯能市では前日の夜から降った雪で宿泊所前の道路は完全な凍結状態、子どもを見守る地域の方も足元を確認しながら恐る恐る誘導していました。↑

CIMG0547CIMG0550

市役所周辺でも朝早くから職員さんが雪かきをしていました。↑

CIMG0570CIMG0571

市役所4階からは雪をかぶった富士山がハッキリ見えたのですが、写真を撮るときには雲に覆われてしまいました。↑

CIMG0558CIMG0559

CIMG0560CIMG0561

座学・質疑応答を受けている所です。飯能市議会議長さんなどからも挨拶や議会改革についての説明をして頂きました。↑

CIMG0575CIMG0576

CIMG0577CIMG0578

CIMG0579CIMG0580

立川市への移動の電車からの風景です。埼玉県より都心へ向かうほうが積雪が多かったです。↑

CIMG0582CIMG0581

CIMG0583CIMG0584

2年前に新築した庁舎です。↑

CIMG0585CIMG0586

CIMG0587CIMG0588

座学ののち質疑応答を致しました。↑

CIMG0589CIMG0592

CIMG0590CIMG0591

立川市は16名の部長がいました。ネット中継の機材や議場を見せて頂いている時の立ち話では、市民サービスを充実すればするほど費用はかさむと言われました。

またインターネット生中継の視聴者(接続率)は人口18万人で40名程度と聞きました。全国平均でも関心ある議案がない限り、おおよその平均値はそれくらいだと言われています。

時間に余裕がある方でインターネットを使いこなせるという人は多くはありません。当市においてもこの点が課題となります。

本日は毎年行われている豊明市・日進市の合同研修会です。今年度は豊明市の番ですので、豊明市役所で開催します。

行政視察中

議会運営委員会の行政視察で埼玉県に来ています。

昨日の午後に豊明を出発してそのまま埼玉県飯能市役前のビジネスホテルに宿泊、これから午前中は飯能市役所にて

1、正副議長の立候補制について

2、一般質問のインターネット映像配信について

3、一般質問の一問一答方式について

4、政務調査費の運用指針についての座学、質疑

また午後には東京都立川市へ移動して立川市役所にて

1、一般質問のインターネット映像配信について

2、議会だよりへの個人ごとの議案賛否の掲載について

3、一般質問の一問一答方式について(一括質問・一括答弁方式と一問一答方式の選択の実際について)

4、「議会のあり方懇親会の答申」「議会改革プロジェクトチーム」について

などを勉強させていただき、良い部分を豊明市議会に生かしていきたいと思います。本日中には豊明市に帰豊します。

市内防犯パトロール

img301img302

img300

闇夜に潜む輩達は何をしでかすか分かりません。早朝は沓掛・豊明中学校の一部、日中は市内を中学校区単位で分けてパトロールをしています。

告別式が続きました。「桂司君の2回目の当選を見るまで、わしゃぁ~死ねん

そう言って応援くださっていた方が、先般ご逝去されました。突っ走ってしまう未熟者の私ですが、ご逝去された顔を見ていたら胸にこみ上げてくるものがありました。私の活動に対して心から叱咤激励して頂ける方がまた一人減りました。

このような方の応援があって今の自分がある事を忘れてはいません。まだ夜が明けていませんが、感謝の気持ちを忘れずに今から早朝パトロールに出かけます。

昨日の告別式でも早期退職した職員さんと遭いました。「市長、どう?大変そうだね」という問いかけに「まぁ~ボチボチですよ」と答えている自分がいました。

議会制民主主義は話し合いと、最後には多数決で決定します。少数意見を尊重しながら賛成・反対で決定するというのがルールです。自分の意見が通らないとギャーギャー言う人もごく一部存在しますが、

北野天満宮この国、この街が自由闊達な意見が言える街であるというのはスバラシイ事だと思います。我が国、我が街を北朝鮮、中東みたいな独裁国家にしてはなりません。

 

行政がルール・常識(いずれ分かります)から外れているので私なりに正そうとしています。おかしいものはおかしいと発言は続けます。

今日は全員協議会、会派会議、議会運営委員会終了後、午後より議員8名(当局1名随行)の議会運営委員で行政視察に出かけます。