波紋を広げる石川市長の会報

本日の議会運営委員会で、6月10日、6月11日、6月12日の個人一般質問の順番が確定しました。私は6月10日(月曜日)午後1時過ぎから一般質問いたします。

数日前から市長後援会の人がウロウロしていました。やっと我が家にも豊明市長の会報がポスティングされました。

市長会報

中部水道企業団議員さん達に謝罪文を掲載するという約束した通り掲載されましたが、読めないような細かな字での謝罪文です。

しかし、傍聴席からではの考える主婦の意見では—-

市長会報2

議案になる前から自分だけの手柄にしようとする。その考え手法に批判が来ているのです。

企業団議会がどうして問題にしたのか検証はしたのですか。傍聴していて、市長が他市町の議員さんから、つるしあげられて豊明市民として大変恥ずかしい思いでした。他市町の議員さんが悪いのですか?。こういう書き方をするのなら謝罪文は必要ですか?ならば、堂々と他市街の議員さんに、「あなた方が悪い」言ってください。これを世間では逆切れと言います。

いまなおこのような会報を配布続ける豊明市長は、中部水道企業団企業庁に相応しいでしょうか?

その判断は、副企業庁である豊明市・東郷・日進・長久手・みよしの首長さん、また企業団議員さん達たちが下す事でしょう

市長は謝罪すると言っているのに、自分たちで市長の首を絞めている市長後援会です。

市長の会報でウチの堀田勝司会長が怒っているのは、この部分です。

市長会報3

「事実と違った」と市長が謝罪したので、堀田会長は許すと言っているのに、周囲が大騒ぎを繰り返し市長自身の足を引っ張る行為をしています。

全くのデタラメを掲載するその自信はどこから来るのでしょうか?

それとも何も考えていないのか?

市長を応援している5名の議員たちは、自らの詐欺行為を正当化しながら、未だに不正請求してだまし取った日進・刈谷の政務調査費を返還していません。

 

政治は情

本日はゼロの日、交通当番の日でした。

否定される方もおられると思いますが、政治は浪花節&情の部分が大きいというのが、わたしの考えです。
昨日6月定例月議会の個人一般質問の原稿を進めていました。いつのまにか子ども達の公平な教育環境確保という方向に考えが向かっていました。

夕方、ひっそりと二村台のプラスエデュケートを訪れました。先生方が子ども達に授業を教えていたので、1時間ほど遠巻きに見学していました。

GEDV0011GEDV0012

ここは日本語が上手く話せない。読み書きが十分でない外国籍の子供たちに日本語や読み書き計算を教えて下さる教室です。

立ち上げた一海先生に事情が出来て、一海先生自身は教える事はムズカシイ状況ですが、代わりに他の先生方が一生懸命教えて下さっています。

事情があってこの街で一緒に生活している子ども達です。人として最低限の教育を受けさせてあげたいと立ち上げたのが、原点です。

私は子ども達に読み書きソロバン(ネット)等を教える能力などはありません。しかし学校教育課・教育委員会などに公平性の確保を提言することは出来ます。

外国籍の子ども、保護者が生活保護を受けている子ども、就学支援が必要な子ども、病気・両親が離婚して片親の子ども・DVを受けた子どもたちは学力不足になりがちです。しっかり調査・分析をして十分な支援が必要です。市民税減税に廻すお金があるのなら、こういう子どもたちに対しての支援の充実を訴えていきます。

自分の力だけではどうしようも出来ない状況で頑張っている子ども達がいます。豊明の子ども達の教育均等について、訴えてまいります。

GEDV0014GEDV0016

阿野ふれあい会館ではPop★Cornの子ども達がキッズダンスの練習を、阿野公会堂では少林寺拳法の子ども達が稽古をしていました。

豊明市長に中部水道企業団議員が抗議に!!

晴れやかに澄み渡った日には、豊明市役所4階から彼方に御嶽山が見る事が出来ます。この地方も梅雨入りしましたので、しばらくは見ることが出来ないかな?

GEDV0012

橋下大阪市長が、自ら発言した従軍慰安婦問題で苦境に陥っています。「戦争での性の問題提起をしている。他国もやっている。」は問題のすり替えで、諸外国の反発を招き、訪米も取りやめとなりました。事実上米国側から「来てくれるのは困る」と言われているのではないのでしょうか。
橋下市長の一連の発言に納得できる国民は少ないでしょう。橋下市長の考えは考えで理解できましたが、日本維新の会の支持率は下落を続けています。

問題のすり替えと言えば、農地法違反していた石川英明市長と、政務調査費を詐取したにも関わらず強弁を繰り返す5名の議員と重なります。

命の源泉である水、豊明市の水の配給扱っている中部水道企業団議員(企業団議長)さんから石川ひであき市長が2度目の抗議を受けました。

内容は市長が発行した「石川ひであき後援会だより」の内容であると聞きました。

事の発端は、市長や市政改革の会の手法にあります。つまり「他人を批判して自分を正当化する」この手法を他市町の議会(中部水道企業団議会)に対しても行った結果、企業団議員さん達の怒りにつながりました。

それは豊明市広報2月号及び石川ひであき後援会だよりにおいて、まだ議論や議案上程されていない水道料金の値下げを、さも自分が提案して値下げさせるかのような、表現をしたからです。

さらに、水道企業団の高コスト体質、一般競争入札を2千万円まで下げたという事実無根の掲載。市民目線で豊明市を見習ってほしいなど企業団は何もしていない旨を広報に掲載しました。

これらの広報や、石川ひであき後援会だよりを見た中部水道企業団議員さん(豊明・東郷・日進・長久手・みよし市から3名ずつ選出、計15名で構成)の怒りは相当なモノでした!!

3月の中部水道企業団議会にはわたしも傍聴に行きましたが、8名の他市町の議員さんから、この事についての事実確認と謝罪等について痛烈な質問を受けていました。

質問に対し責任逃れ、不明瞭な回答に終始し「答弁に納得できない」との議員さん達が大多数でしたが、たった一人豊明市選出の藤江真理子議員が、「情報を市民の人に早く出す事は納得できる」と質問して他の議員さんのヒンシュクを買っていました。素直で正直な彼女はどこに行ってしまったのでしょう。

この件について豊明市広報での謝罪文掲載また石川ひであき後援会だよりでの謝罪という条件で後援会だよりを発行する際は、「後援会だよりを中部水道企業団に持参してする」という約束をしたと聞きましたが、市長および市長後援会は自分に都合よく脚色して、中部水道企業団に持参する前に豊明市内にポスティング(家庭配布)しました。この問題は豊明市だけの問題で収まっていません。

本来、中部水道企業団の企業長(トップ)は4市1町の市長・町長の持ち回り(輪番制)となって、今年度は豊明市長が企業長になる予定ですが、他市町の議員さんからも「企業長に相応しくない」と烙印を押されそうです。

石川流劇場型政治を行いたいと思っているのでしょうが、そこに深い思索は見られません。政治は思いつき・人気取りだけではダメです。情報収集能力・政策が有効なのか・副作用等々は出ないか・タイミングは適切なのか、さまざま考慮しながら判断して政策形成を図るという姿が見受けられません。
民間で頑張っておられる方々と協力関係を築きながらベストミックスの形で吸収するネットワークが必要です。
しかし豊明市の現実はそういう流れにはなっていません。

「市長室だより」抜粋部分。

●水道料金値下げ
私はマニフェストのなかに県下でも高い水準にある水道料金の値下げを掲げてきました。

それは高い理由が中部水道企業団の高コスト体質にあると見たからです。企業団でもそうした批判に応えるため経営合理化に着手し、現在値下げ検討の最終段階に入っています。

値下げは小口利用者に厚くしながら全体に及ぶようにし、その財源は高金利債の繰り上げ償還の推進、人事管理の見直し等を考えているようです。

また、豊明市を見習って一般競争入札の対象を一件二千万円まで引き下げました。企業団も市民目線で改革を推進してもらいたいものです

追伸

中部水道企業団3月議会の折、傍聴に来ていた豊明市議会の有名議員(詐欺行為を起こした議員)は、他市町の議員さんが一般質問をしている最中傍聴席でずっと隣の議員さんと他の傍聴者に聞こえる声で会話を続けていました。休憩時間に「静かにしてほしい」と指摘すると「あなたに言われる筋合いはない」と逆切れ状態。

挙句の果てに、中部水道企業団企業長の日進市長に対して絶叫気味に暴言を吐くありさまでした。おそらく豊明市長が攻撃される事に、ご立腹だったのだと推測しますが——

日進市長様、大変申し訳ございいませんでした。

日進市議会では25年度、政策は違っても話し合いが出来る市民派議員さんが副議長に就任されました。

豊明の市民派と呼ばれる議員は詐欺行為を繰り返し、未だに政務調査費の不正請求・不正受給した日進視察分などを返還していません。

伊賀市の稲森議員などとの悪質な隠ぺい工作などを事実を公にされる議員たちは、歯ぎしりを噛みながらこれらの文章に揚げ足とりのチャンスをうかがっている事でしょう。
あ~くわばら、くわばら—***********

御嶽山は下界の人間が引き起こす行為に対してどう思っている事でしょう。

 

阿野区夏祭り、太鼓練習が始まる。

7月27日(土曜日)に開催される予定の阿野区納涼夏祭り(予備日7月28日)で盆踊りの太鼓を叩いてくれる児童・生徒の練習が本日28日より阿野公会堂で始まりました。

指導して頂ける先生は、NPO法人豊明桶狭間太鼓の柳瀬先生及び生徒さんです。

これは、伝統ある阿野お囃子とは別で、阿野区納涼夏祭りで盆踊りの曲に合わせて、太鼓を叩いてくれる児童・生徒4名への指導です。

CIMG0396CIMG0401

今年度は新たに1名が加わり、これから2ヶ月間、柳瀬先生の指導のもと、納涼夏祭りでは立派に太鼓が叩けるまで上達出来ると思います。

ガンバレ地域の子ども達。

 

NPO法人セキュリティ-ポリス愛知活動報告

24年度NPO法人セキュリティ-ポリス愛知活動報告

●活動の目的は

市内の小中学生の登下校時に青色回転灯を装着したパトカーで防犯パトロールを行うことにより、小中学生が犯罪に巻き込まれる事を予防するとともに地域の防犯活動の推進に寄与することを目的としています。

●活動の効果は

豊明市内を巡回パトロールすることにより、市民に安心感を持って貰うとともに防犯意識の向上を図り、痴漢行為などの路上犯罪や空き巣などの被害を減少させている。また一般の人も含め、特に児童生徒などを見守る意識を持って声かけ運動の励行において犯罪被害の減少に努めています。

●24年度活動実績(24年4月~25年3月)までです。(主たる活動内容)

午前の部

午後の部

夜間の部

活動回数

40

142

4

延べ活動人数

80

204

18

★午前の部

主に沓掛中学校区、豊明中学校区を中心に午前6時30分から1時間程度中学生の早朝クラブ練習時間に合わせパトロールと同時に声かけ運動を励行している。

★午後の部

市内を中学校単位の3ブロックに分け児童・生徒の下校時に合わせ1時間半程度拡声器を鳴らしながらのパトロールしています。

★夜間の部

地域の防犯活動と連携しパトロール活動を行っています。

●感謝状をいただきました。

活動の実績を評価していただき、感謝状をいただきました。

平成24年5月 名古屋鉄道

会員構成は

★正会員(パトロール活動をしている会員)10名

青色回転灯装着車4台

★賛助会員各位(活動を評価していただきましてご支援をいただいています)

都市建設株式会社

野村建設株式会社

合資会社 加藤商店

東和工業株式会社

日本街路灯製造株式会社

近藤測量設計事務所

みずのクリニック

豊明幼稚園

興和精密工業株式会社

深谷設備

株式会社 サカエ

天野研磨工業株式会社

ドリームマート

clip_image001

愛知万博の収益を原資としたモリコロ基金より助成をいただき、20年7月に新たに

青色回転灯を装着したパトロールカーを購入してパトロール活動を拡げました。

clip_image002

clip_image004

消防車通過にドキッ!!

リズムがナカナカ戻せません。というか昨日の総会・懇親会から抜け出せていないというのが正確かもしれません。

1年間お休みを頂いていた、阿野区子ども見守り隊に復活して10日ほど、本日の下校は昨日みよし市で発生したナイフを持った男が女子学生を羽交絞めにした事件が発生したため、先生方が付き添って下校してきました。

低学年の子ども達の下校後、見守りしている場所の近くを消防車がけたたましいサイレンを鳴らして通過していきました。

火事か!!と思わずドキッとしました。私の地域は24年度3軒の火事が発生し、そのうち2軒は全焼火事、また1軒はお亡くなりになられた方がいるからです。

幸い、田地の真ん中での火災で人命には影響がありませんでしたが、火の気のないところからの火事でした。

火の元には十分注意してください。

GEDV0008GEDV0006

午後から雨がポツポツと降ってきています。この地方も例年より早い梅雨入りとの報道です。

藤田学園ドクターカー出動

朝、沓掛中学3年生たちが修学旅行に行くため豊明駅に集合していました。東京ディズニーランドを含む関東方面だと聞きました。楽しい思い出を作って元気に帰ってくることでしょう。

昨夕、間米地区に、豊明市消防車・救急車とともに藤田保健衛生大学病院所有のドクターカーが出動しました。

GEDV0002GEDV0001

GEDV0003GEDV0004

見た目はご覧のように普通の消防救急車と区別はつきません。

間米地区の方は、「なんだなんだ、救急車が2台来てるぞ。二人具合が悪い人がおるのか」などと遠回しにドクターカーを見ていました。以下のように豊明市内にはドクターカーが駆けつける場合があります。

ドクターカーの運行が始まります

尾三消防本部は、平成25年4月22日月曜日から重篤傷病者に対してドクターカーと協力して救急活動を行います。
ドクターカーとは、藤田保健衛生大学病院を基地病院として、病院に常駐している緊急自動車に医師等が乗車し、消防指令センターの要請により救急現場に駆け付け、救急隊と合流して救命医療を開始するシステムで、迅速な初期診療により、後遺症の軽減や救命率の向上を目指すものです。
ドクターカーの運行地域(
ドクターカー運行地域図)は、日進市の赤池町及び浅田町、みよし市の西一色町及び福田町、東郷町の春木及び和合と豊明市の全域です。
ドクターカーの運行地域以外の救急現場では、今までどおり救急隊と愛知県のドクターヘリコプターが協力して活動を行います。
住民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


ドクターカーの外観、ドクターカーの中の様子

http://www.city.toyoake.lg.jp/shobo/119/doctor-car.htm

政治倫理調査特別委員会。

私は25年度開会議会後に政治倫理調査特別委員会の委員となりました。委員会構成というのは伊賀市・日進市視察において政務調査費の詐欺行為をした5名の議員、また正副議長を除く議員により構成されています。

5月21日午後より、市役所本庁舎4階第2委員会室で委員会が開催されました。

その一つは伊賀市の視察において最後の最後まで、ウソをつき通し、なおかつ伊賀市の稲森議員と隠ぺい工作を重ねていたからです。

伊賀市の稲森としなお議員は、昨年10月25日の自分のHP(ツィッター)にこんな事を書いています。http://inamori.web.fc2.com/

10-25 17:01

愛知県豊明市議会の三浦副議長と氏名不詳の議員から突然の電話。伊賀市へ視察に来た別の豊明市議の行動を教えてくれと「今から会いたい」とのこと。「突然で無理です」と言うと「あなたが詐欺罪に問われる恐れがある」とか言ってくる。名前を聞くと答えずに電話を切られた。恐るべし「名誉職」

山盛議員たちの伊賀市の視察に同行した稲森としなお議員は当初、「山盛議員たちは電車を利用して伊賀市に視察に来た。道中は自分の車に乗せて送迎した。帰りは最寄りの駅まで自分が送った」という証言(証拠)があります。

しかし、11月6日、市民から住民監査請求を受け豊明市の監査事務局が稲森議員に事情聴取に行くと知ってからの狼狽ぶりは、それは尋常ではありませんでした。豊明の議員が詐欺行為をしている可能性がある。ついては稲森議員に迷惑がかかることになるので穏便に話を済ませたいので、真実を教えていただきたい。市民から住民監査請求が出されているので——そのようなことを言っても理解頂けませんでした。

その前日11月5日に、虚偽申請して政務調査費を不正受給していた、山盛さちえ・早川直彦・藤江真理子・近藤惠子・近藤善人議員らは豊明市役所でマスコミに対して「いままで公共交通機関を利用して視察に出かけたとウソをついてたいた。本当は車で乗り合わせて出かけた。」と記者会見をしました。

ハシゴを外された稲森議員でしたが、今年3月の伊賀市議会議員選挙では2番目の得票を得て、当選を勝ち取っています。

伊賀市民の大多数の人は稲森稔尚議員が、山盛議員たちと口裏合わせをして、悪質な隠ぺい工作を重ねたという事実を知りません。

裏でこういうことをしていても、彼ら・彼女たちは政治倫理委員会の目的を知らされず!などという会報を出しました??????

世間の常識、これら議員の非常識と言われています。。。。

GEDV0019GEDV0018

市内だけしか走行していないセキュリティ―ポリス1号は、今日、走行距離が3万キロを突破しました。

悪さをする人は、意外と身近にいるかもしれません。

2013ゴミゼロ運動開催

本日午前9時から、豊明市内各箇所で「2013豊明市ゴミゼロ運動」が開催されました。

この事業は、昨年の事業仕分けで、廃止と報道された事業ですが、今年度も開催されました。

わたしの地域は(阿野区)、一昨年から豊明駅交差点JA阿野支店から、150名ほどを3コースに分けてゴミを拾いながら「阿野ふれあい広場」で各カゴに分別しました。

CIMG0377CIMG0378

CIMG0379CIMG0380

事業仕分けでは「不要である事業」という声が大きかった事業ですが、区役員・婦人会役員・ゆうゆう会(老人クラブ)役員・子ども会会員・少年野球の保護者・子ども達総勢150名が歩きながら町内のゴミを拾い清掃活動をしました。

CIMG0381CIMG0386

ふれあい広場で分別した人達から、区費で購入したお茶の配布がありました。

CIMG0387CIMG0388

市役所会場では、伊藤新議長が分別作業を手伝っておられました。それにもまして、ボランティアで手伝って汗を流している中学生がいて感心することしきり、区で頂いたお茶だけど「どう」と言うと、「いいんですか」と—-

CIMG0390CIMG0391

CIMG0389

外部の人や、手伝わない人から見れば「不必要な事業」に映るかもしれませんが、地域の団結・街をきれいにする。という気持ちから必要な事業だと感じました。

 

25年6月定例月議会・一般質問通告書提出

5月23日に3番目に個人一般質問を提出しました。その内容です

質問内容は

中央小学校校舎増築について

事業仕分けと地域担当職員制度について

害時要援護者名簿の促進について

の3点です。

一般質問通告書 平成25年5月23日

発言事項

中央小学校校舎増築について

要 旨

3月の予算特別委員会では、増築校舎は4教室という答弁であった。

プレハブ校舎買い取り、木造校舎建築など教育委員会で協議・決定されていないことを学校サイドに伝えて混乱させている。

過去の経緯、今後の進め方、増築する部屋数について伺いたい。

発言事項

事業仕分けと地域担当職員制度について

要 旨

1、廃止と報道されたごみゼロ運動を実施する理由と事業仕分けの意義は

2、事業仕分けの削減目標額と目的は

3、地域担当職員の明確な目的を

発言事項

災害時要援護者名簿の促進について

要 旨

1、大災害発生時の共通認識および対応は

2、災害時要援護者名簿の促進について

地域の方のご逝去が続き、4日連続で告別式に参列します。本日も午後より2名の方の告別式に参列いたします。