家族総出で

静養よりもリハビリ(軽い運動)を、と言われています。

そう思っていても、いまだ具合がおもわしくなく、無理がきかない状態です。

しかし田畑の草は、体の状況とはお構いなしに、容赦なく生えてきます。先週末から、時間を見て嫁さん・息子の力を借りて草刈りをしています。(今までは見ていただけですが)

母は母で、別の畑のお守をしているのですが、年齢的に一反(1畝(せ)= 30坪 、1反(たん)= 300坪、 1町歩(ちょうぶ) =10反=3,000) が限界。

どこかの市長みたいに無断賃借で問題にされるといけないので、自分自身で汗を流していました。が、健康体だと思っていた自分がこういう状況になると本当に困ります。

今日は結構体調も良かったので、軽トラックに草刈り機を積んで(電動ではありません)、10日ぶり?に「エイャ~」と草刈りをしました。

CIMG1115

法面も草ボウボウ。肥料も与えてないのに、この成長力は見習わなくてはなりません。下記の草は30分もかからず刈る事が出来ました。

CIMG1110CIMG1112

昔の人は、このような草を手で毟ったり、カマで刈っていたことを思えば、随分楽になったものです。

農業人口は高齢化していて、私の世代でも農家で生計を立てている人は、ごくごく一部です。円高により安価な外国産が入ってきて、付加価値が無い限り(クオリティーが高い)、日本産は売れません。

農業も大量生産農家以外、小作農家では兼業しない限り生活は立ちいかないのが現実です。

お金にならないから、農業を続けない、よって耕作放棄地が増える。というスパイラルに陥って農産物の食料自給率は下がり続けています。

一口に食料自給率の向上と言っても、農業収入だけで生活ができない限り、就職先としての農業という選択は考えにくいものです。

普段口数の少ない息子(私と違い)ですが、全身汗まみれになりながら、黙々と草を毟っていました。

CIMG1111

育てている野菜類も随分大きくなり出しました。

自分が育てた野菜というのは、かわいいもので美味しいものです。

決断——

7月も最後の日。

嫁さんの友人から、「雄のシーズーの子犬を大切にし育ててくれる家ないかな?」という相談がある。

娘はとても飼いたいらしいが、父(わたし)に相談はない。

嫁さんには「お父さん飼っても良いって言うかな?」と聞いてるらしい。

オヤジの威厳を見せるため、少しガマン比べというところ

しかし先方さんの都合もあるので、早めに決断しなければ、

ワンちゃんは良いよなぁ~。ウソつかないし——

おやじの威厳が薄れていく日本。ただ威張るだけ男尊女卑のおやじの威厳なら必要ないが、

う~ん。

盆明けには、我が家に家族が増えているかどうかなぁ~?

今日・明日は豊明ピアゴ駐車場で、三崎区・三崎発展会の夏まつり、昨日新聞折り込みに抽選券が入っていたので出かけてみよう。

豊明市コミュニティー備品貸出制度

議員全員に出されているはずの、豊明福祉会メイツの夏まつり案内状、「市民の手で・議会改革・行政改革」などと叫んでいる議員たち。忙しいのでしょう、顔を見かけませんでした

昨朝は、雨が小康状態のうちに豊明市備品貸出制度を活用して、テント・かき氷器を借用していたので役所まで返還に行きました他に借用していた地区の皆さんも順次返還に来ていました。

CIMG1102

7月27日、28日は豊明市内10か所以上(把握しているだけ)で、地域の夏まつりが開催され貸出備品制度の申込が殺到して各区の抽選となりました。

現在のコミュニティー貸出制度は下記の通りです。(詳しくは豊明市市民協働課にお聞きください 92-8306)

https://www.city.toyoake.lg.jp/siminkyodo/npo/bihin/bihin.htm

CIMG1106CIMG1107

CIMG1104CIMG1103

尚、普段は申し込み順ですが、今回のように地域の夏まつりが重複する場合、貸出日の2ヵ月前に受付、それでも重なる場合は抽選となります。今年度は5つの区の抽選により、貸出備品が決定しました。

もう少しあったほうが良いのかな? 貸し出す期間が夏まつりや秋まつり、運動会に重なるので、これくらいで良いのか、保管場所の確保もあるので悩ましいところです。

まつりやイベントは当日のにぎわいだけを見がちですが、事前の準備、後片付け等々が重要です。

われわれ市政会が市政クラブ時に提案した制度です。ドンドン活用して頂ければと思います。

CIMG1105山口県や島根県では、今まで経験したことがない時間130ミリの信じられない集中豪雨で甚大なな被害が出ています。
当市も東海豪雨の経験では、わたしの地域も床下・床上浸水が多く出たことを思い出します。
いつ降りかかってくるか分からないゲリラ豪雨問題、自然の猛威の前には、われわれ人間は立ちふさがることはできません、迅速な対応や安全場所の確保が必要です。


地域の集会場の強化、学校の強化が必要ですが、お金が絡むので市役所サイドとナカナカ折り合えません。

豊明福祉会(メイツ)夏まつりⅡ

昨晩、メイツの夏まつりに出かけてきました。最初は来賓席に少し座らせていただきましたが、どうも性分に合わないので、会場内をウロウロ。

沓掛中学校のボランティアの生徒10数名が、障害者の方のお世話をしていました。

CIMG1064CIMG1066

CIMG1067CIMG1069

パパリナのフラダンスに続いて、ミックス、ド、ライブのステージがありました。障害を持つ人(児童)たち主体のダンスチームです。市民フェスティバルにも参加しておられ、指導して頂いている先生は、キッズダンスPop★Cornの先生です。

CIMG1071CIMG1070

市役所の事業や補助金に対して、生産性・効率化を叫ぶ人がいますが、彼ら、彼女たち障害を持つ人たちの雇用は、民間だけでは賄いきれない現実があります。

今回の事業仕分けにおいても、彼らが働いている「生ゴミ堆肥センター」の効率性を問われれば、単純に民間比較すれば非効率に映ります。

しかし、そこで働いている障害を持つ人の雇用はどうするんですか? かつて一部の議員は「あらたな雇用を探せばいいだけ」などと簡単に切り捨てました。

障害を持つ人の新たな雇用先というのはどこですか? どういう条件で雇用して頂けるのですか? 給料はいくらですか?

こういう条件を示さずに、労働条件・雇用形態を知らない外部の人達の「事業仕分け」の対象にすることに自体、賛成出来ません。

障害を持って働いている彼ら、彼女らにも肉親がいます。保護者の方もすでに高齢になられた方もおられ、我が子の将来を不安にかられながら生活しておられます。

うちの近所にも6名ほどメイツにお世話になって、一生懸命働いている人達がいます。弱肉強食だけで、社会的に恵まれない人の立場で物事を見ないなら、政治も行政も必要ない。というのが私の考えです。

CIMG1078CIMG1080

CIMG1088CIMG1092

障害を持った人達も楽しそうに踊りの輪に加わっていました。

行政やわれわれ市町村の地方議員の役割は、声の大きな人、一部の市民の声だけでなく、こういう人達の声を丁寧に拾い上げ、実直に耳を傾け提案するというのが仕事です。

CIMG1098CIMG1100

太鼓の演奏が終わり、豊明和踊会の盆踊りが始まった頃に、雨がポツポツ、抽選会を前倒ししていました。

昨日は久しぶりに缶ビール1本を飲みました。やっぱりビールはおいしいです。

豊明福祉会メイツ夏祭りの前に

今日は午前8時前から阿野区納涼夏祭りの後片付け、結構暑くて腰にも負担がかかったのか、どうもしっくりいきません。

CIMG1056CIMG1055

夏まつり後片付け終了後、区役員、子ども会、婦人会、老人クラブ(ゆうゆう会)の代表の方と反省会を行いました。事前の周知、当日3度にわたる放送など、阿野区納涼夏祭りは総入場数1,300名ほどで盛大に開催出来ました。

また大盛況に終わった、「豊根村物産展を来年度も開催してほしい」という声が大多数を占めていました。これは相手方もある事なので、一応希望という事で、豊根村の夏目議員さんに☎で伝えました。

夕方、メイツの夏まつりに出かける前に、今日も豊根村から前後区の夏まつりで物産展に駆けつけて頂いている豊根村さんの所へ昨日の、お礼の挨拶を述べに伺いました。

CIMG1061CIMG1060

(前後区夏まつりでの物産展の模様です)

その後、メイツ中川町内会合同の夏まつりに出かけました。メイツの夏祭りの模様は、ちょっと疲れたので明日にします。

阿野区・納涼夏祭り終了

昨日、豊根村さんからの夏祭り物産展という形で、前後区さんと阿野区に名産品を出店して頂けました。

夕方、前後区に到着したという連絡を受けたので、前後区の夏祭り会場に出迎えに行きました。(豊根さんが阿野の会場を知らないため)

CIMG1022CIMG1025

前後の夏まつり会場では、堀田議員が対応しておられ、前後区夏祭りでの販売する品物を下ろし終わった所。(前後会場では4名の方が対応されました)

トラックやハイエース等4台で来られた豊根さん達を阿野会場まで誘導して、豊根物産展に張り付きました。(阿野会場には夏目議員をはじめ6名の方で対応して頂きました)

CIMG1027CIMG1030

CIMG1031

販売時間を早めて、午後5時30分過ぎから物産展(野菜・金ザンジ味噌含む)の販売を始めました。

主として五平もち300本、アマゴの塩焼き150本、トウモロコシ(焼き、ゆで)200本、フランクフルト200本。

限られた時間(短時間)で完売できるかどうか心配でしたが、煙に誘われ行列が出来て、みるみるうちに売れていき、午後8時15分くらいから、五平もち、トウモロコシ、アマゴの塩焼きがきれいに完売していって、役割が終わったとたん、腰痛と疲れがどっと出てきました。

CIMG1039CIMG1040

昨晩の阿野夏祭り会場では、子ども達の太鼓の音色が響き、40名近くの中学生たちが各ブースの売り子としてお手伝いしてくれました。

その姿を見に沓掛中学校の校長先生をはじめ、5名の先生たちが頑張っている生徒たちを見学に来られていました。

CIMG1043CIMG1045

今回の豊根村物産展は区の役員さん達や区民の方(他地域の方も)も市民間交流の一環として大変喜んでおられます。

CIMG1035

↑(抽選会商品の鉢物・豊明駅南にある豊明花き市場から安価に分けて頂いております)

午後9時からの抽選会が終わり、大雑把な片付けが終わった後、豊根さん達を前後区の会場まで車で誘導しました。前後会場で荷物を積んで豊根村に帰られた時間は午後10時を回っていました。

帰り際、深々と頭を下げられ、お世話になったのはこちらなのに大変恐縮な思いです。

豊根村の物産展は、本日28日も前後区の夏祭りで開催していますお時間がある方は、是非前後パルネス北の駐車場で開催している前後区の夏祭りにおいて、豊根村名産品を購入して頂ければと思います。(トウモロコシとフランクフルトを食べましたが、間違いなくおいしいです)

豊明と豊根村は友好自治体です。豊明の小学5年生、中学2年生が、毎年の夏キャンプで大変お世話になっています。

過去の経緯や事情を知らない仕分け人に、どうこう言われたくはありません。

豊明と豊根村は友好自治体です。今までも、そしてこれからも、

今からは後片付けに出かけます。また夕方から豊明福祉会メイツhttp://toyofuku.p-kit.com/page231564.htmlの夏祭りに出かけます。

夏祭り準備

午前中、区の役員さん・子ども会・婦人会・老人クラブ(ゆうゆう会)の60名ほどの皆さんとワイワイ言いながら、汗にまみれて大方の準備は終了。

一旦自宅に帰り、エアコンの効いた部屋で中京大中京と至学館高校の高校野球観戦していたらウトウト。

CIMG1008CIMG1009

CIMG1011CIMG1012

CIMG1013CIMG1014

CIMG1017CIMG1018

CIMG1019

「口だけ番町」のつもりでしたが、現場に出るとじっとしてられない性分です。

豊根村さんからも、午後1時過ぎに2トン車に荷物(材料)を積んで豊根を出発、まず前後区さんに半分おろしてから、阿野ふれあい広場(会館)に向かって頂けるという連絡がきました。

さて、もうすぐ本番です。

夏祭り全開!!

昨日は豊明団地の夏まつりでした。ビールを美味しそうに飲んでいる姿を見ても、「飲みたい」という欲が湧いてきません。夏はビールに限る、と思っていましたが、暑さも一時よりは和らいでいて、慣れというか人間の体というものは不思議ですねぇ~。

今日は地域の夏まつりです。先週、参議院選挙の投開票などで今週に順延になった地域もあって、豊明市内では今日・明日に夏まつり(盆踊り)が集中しています。

わたしも、これから飾り付け、準備等々に出かけ、一日が始まります。CIMG0963

盆踊り用の櫓の骨組みはすでに作成済みです。阿野区には頑丈な鉄骨の櫓があるのですが、役員の方も高齢化して組み立てるのが危険となってきましたので、3年ほど前から簡易な櫓に致しました。

従来の鉄骨の櫓ですと、役員20名がかりで半日近くの時間を費やします。

今年度は、体を動かす行動は控えてさせて頂いて「口だけ番町」とさせていただく事となります。

地域の皆様へ、今年度は阿野区の夏祭りに豊根村物産展を行います。販売は午後6時から始めますので、たくさんの購入をお願いします。
と言っても地域の人でこのブログを見る人は限られていますが———
(他の地区の方も、お時間があれば、是非足を運んでいただいて、購入をお願い出来ればと思います。)

チビチビ水分補給を忘れずに、一日が始まります。

CIMG0965CIMG0964

五平もちトウモロコシ

アマゴ野菜

近隣の中島区・大久伝区は、すでにテントや櫓が組み立ててありました。手回しがいいなぁ~

CIMG0974CIMG0975

一括交付金で(夏祭りの予定は各区・各町内にお聞き下さい)

豊明市内の夏祭りの予定を教えてほしい。という☎、またこのブログにおいても「豊明市内夏祭り予定」で検索される方がおりますが、豊明市では24年度から各区に、一括交付金制度を登用しています。

今までは、区長・町内会長さんが生涯学習課に「夏祭り申請書」を提出して補助金を頂いていたのですが、一括交付金制度で申請しなくてもよくなり区長・町内会長さんの仕事量の軽減につながっています。

補助金の使途の自由度が増す一括交付金制度の良い面です。

一方、今までは生涯学習課のHPに掲載されていた情報がなくなりました。行政サイドは担当課が無くなり、「どこの町内会・区が、いつ、どこで夏まつりを開催するのか掴めない」という状況です。との事です。

勝手に書いている私の夏まつりの情報(日程)も、もし間違っていたらゴメンナサイです。

 

ナガバノイシモチソウ&夏祭り

豊明夏祭りが開催される8月3日、4日の午前中に下記において、大狭間湿地&ナガバノイシモチソウ一般公開の日です。みなさんお誘い合わせのうえ足をお運びください。

大狭間湿地ナガバノイシモチソウ

豊明市高齢者福祉課の方より、101歳の現役ドクター日野原重明氏の講演会に当選のハガキが送付されてきました。発送を持って当選とする方式です。(ハガキが来ない人は当選では無いという事です)

正規の手続きを取っての当選です。決して市長室において市長同席の上、担当部長・担当課長を呼びつけて「なんとかしてほしい」などと強要はしておりませんので、あしからず。

いきいきフェス当選

7月も末となりました。いたい・暑い・天候不順な夏となっていますが、いよいよ各地域の夏まつりの時期となっています。

物産展明日27日は、阿野ふれあい広場において阿野区納涼夏祭りが開催され、豊根村の皆さんのご厚意によりアマゴの塩焼き・トウモロコシ等々を炭焼きして販売して頂ける事となっています。楽しみだなあ~

本日26日(金曜)は、豊明団地・唐竹公園で夏まつり。

undefined明日27日(土曜日)は、阿野区・中島区・大久伝区・吉池区・前後区・落合区・舘区・大根区・桜ケ丘区等々で各地域の夏まつりが開催されます。(その他沓掛地域は町内会単位で順次夏まつりを開催しています。)

7月31日、8月1日は三崎区がピアゴ駐車場で発展会と共同での夏祭りです。

いよいよ、お祭りのシーズンです。頭の中までお祭り騒ぎにならないよう、気を引き締めて臨みます。