山盛さちえ議員、議員辞職勧告partⅡ(伊賀市議員との口裏合わせ疑惑)

伊賀市議会議員、稲森としなお議員のツィッターより
豊明市議会から伊賀市へ視察に

豊明市議会の山盛さちえ議員ら無所属市民派の5人が伊賀市議会の議会報告会や議会基本条例について視察に来られました。


DSC_0093_convert_20111021133949.jpg

朝10時から上野南部地区の議会報告会、13時からは市役所で安本議長から議会基本条例の説明&意見交換夜は青山の矢持地区の議会報告会まで同行しました。

ある意味、議会基本条例はブームみないなところがあって豊明市では何の議論もなくインスタントの議会基本条例を6月に制定したとのこと。伊賀市では議員間の活発な議論、そして約500人の市民の前に説明に行き、制定した経緯があります。ぜひ豊明市でももっと議論をつくし、議会全体で共有できる誇れるものに変えていっていただければと思います。


僕自身もじっくり議会報告会の市民の声を聞くいい機会になりました。
特に矢持地区では地区の役員さんが「しっかりこの地区のことを印象に残して帰って!」と話しかけてくれました。市内でももっとも山深い地区のひとつで、高齢化も進み、道路整備を求める声も強く、「取り残さないでほしい」という悲壮感すら感じ取ることができました。

以上 稲森議員のツイッターより

★青山の矢持地区センターとは、伊賀市は合近隣市街と合併をして、旧青山町の廃校となった小学校を地域の人が活動拠点として利用しています。中心部から20キロ以上は離れている山の中にあります。矢持地区センターへの交通手段は日中数本の巡回バスしかありません。

★インスタントの議会基本条例と言い切るのは失礼ではないでしょうか、彼は(所属政党・社民党)、日本国憲法は、誰が、どのように、何日間で作られたか、彼は知らないようです。

稲森としなお議員は、私との会話の中で、「山盛議員たちは電車で来た。交通手段の無い道中は(伊賀市役所から青山の矢持地区センターまで)、わたしが車に乗せて送迎した。という虚偽の証言でした。

伊賀地図

(23年10月の視察収支報告書では、②市役所から③矢持地地区センターまで、巡回バスを利用したという虚偽の報告書を提出、24年4月の訂正して再提出した最終の報告書では、③矢持地地区センターから伊勢中川駅から乗車した事になっている。伊勢中川駅まで20キロ以上ある。)

午後9時過ぎに矢持地区センターの議会報告会が終了後は、私の車で青山町駅まで送迎した。」という証言記録があります。(すでに関係機関に渡っています。)

山盛さちえ議員は、政治倫理委員会のなかで、「私は稲森議員に口裏合わせの依頼していない。彼が何を言ったかはしらない」と突き放した証言をしています。

ということは、稲森議員が、勝手に「山盛議員たちは電車で来た。——–」と証言したのでしょうか?

仮にそうならば、稲森議員は窮地に陥る事になります。稲森議員に問い合わせても、私の☎には出る事はありません。

憶測の域を超えませんが、一般論・普通に考えれば、二人の間で口裏合わせをしたと考えられますが、どちらが、ウソをついているのでしょう。

山盛さちえ議員の言うように、二人の間で口裏合わせはなかったのでしょうか?

本日は、25年9月定例月議会、本会議最終日となる予定です。

 

初めてのお散歩

朝一番に、大学病院に入院しておられる方の、お見舞いにいく前に、勅使水辺公園を一周してみようか、と出かけたところ、障害のある方のイベントが行われていました。

CIMG3256CIMG3257

CIMG3259

邪魔になるとけないので、早々と藤田保健衛生大学の方へ向かいました。

我が家の次男を初めてお散歩に連れていきました。周囲に戸惑い、ナカナカ動こうとしません。じょじょに、じょじょに、ですね。

CIMG3269CIMG3268

中央小学校運動会(午後の部)

金管バンド・バトン部

CIMG3182CIMG3187

CIMG3188

騎馬戦

CIMG3199

小学校最後の6年生による組体操は圧巻でした。長い練習の成果が十二分に見られました。

CIMG3212CIMG3213

CIMG3218CIMG3217

CIMG3219

CIMG3222CIMG3223

CIMG3224CIMG3227

CIMG3229CIMG3230

CIMG3237

CIMG3243

全学年による紅白対抗リレー、校長講評

CIMG3247CIMG3250

最後はスバラシイ閉会宣言でした。

CIMG3252

中央小学校運動会(午前の部)

居心地が良かったもので、いつものように最初から最後まで観戦させていただきました。

雲ひとつない青空のもと、(一つだけありましたが)開催されました。

CIMG3115CIMG3116

CIMG3119CIMG3128

CIMG3134CIMG3136

小学年、中学年、高学年に分かれての綱引き

CIMG3160CIMG3161

CIMG3163

ストレッチ体操

CIMG3165

防災拠点の見直し

山盛さちえ議員に対する連日の新聞報道です。新聞社に対してウソをつくから—————う~ん。週末は、政治ネタに深く入るのはやめておきましょう。

中央小学校運動会で感じるのは、災害時の防災拠点問題です。下記は運動会の休憩時間での体育館やその周辺の写真です。

CIMG3169

朝一番から場所取り、お昼の休憩に入ると、保護者・児童が昼食のため体育館や日陰にドンドン集まりました。日影となる場所や体育館などは、足の踏み場もないくらいの混雑ぶりです。

CIMG3170CIMG3171

CIMG3173CIMG3174

900名弱の児童に対して、付随する保護者を合わせると3,000名ほどいたでしょうか?

緊急避難場所と指定されている中央小学校。児童と小学校の保護者だけでも、これだけの大混雑ぶり、ほかの住民の方が押し寄せたら体育館やグラウンドだけでは到底追いつかない事でしょう

障害を持つ方なども、来られる事が想像されます。新しく増築する校舎は、それに対応できる事も考慮して作る事を要望していきます。

大災害が発生したら、どうにもならないことが容易に想像がつきます。

緊急避難場所、一時避難場所の確保なども、もう一度、根本から考え直さねばなりません。

運動会が開催されている最中、センチュリーペット豊明(旧ドリームランド)http://www.petstation.jp/shop/centurypet-toyoakeに我が家の次男君のカットの予約をしてあったので、トリミングに行きました。次男君にとっては初めての外出でした。

CIMG3140

CIMG3143CIMG3142

私の散髪より待遇も良く、料金も高いです。ハイ

CIMG3148CIMG3149

CIMG3150

目の周辺もカットしてもらい、これから目ヤニに悩まされずにすみます。

CIMG3178

本日運動会

豊明市内の小学校9校では、本日運動会が開催されます。一応、来賓案内文書が来ていますので、子どもの朝の見守りの最後尾について、学区の中央小学校運動会へ出かけてきます。

昨日は、今日に備えてグラウンドで最後の練習をしていました。

CIMG3109

普通の人より、嫌なことは早く忘れる性格だと思いますが、9月26日本会議はナカナカ心から離れていきません。眠いのは、朝方まで朝まで生テレビを見ていたせいでしょう。

さて、今日は子ども達から元気をもらいましょう。

午後から文化会館大ホールで前原外科主催で腰痛のための講演会がありますが、時間を見て、バイスクールで出かけようかな?

山盛さちえ議員・辞職勧告の理由part1

本日の中日新聞朝刊のなごや東版に、このような記事が掲載されました。

辞職勧告

これから、彼女たちは自分たちの都合のいい言い分を述べる事でしょう。

なぜ、議員辞職す勧告にまで至ったのか?決して政争の具などではありません。

原因は、伊賀市視察の政務調査費の不正利用です。月岡委員長・一色副委員長が長時間かけて作成した中間報告書に対して、難癖をつける姿を見て怒りが湧いてきました。

どうして、政治倫理調査特別委員会が開催され、当事者以外の議員で長時間にわたって、委員会を重ねなければならなかったのか?

中間報告書に対して、市政改革の会の議員たちは「政務調査費で車が利用していはいけないと、条例・規約のどこに書いてあるんですか」と執拗な質疑を繰り返す姿に反省の色は見られませんでした。

どこにも書いてないから、認められるという主張らしいです。人を殺してはいけないと、どこにも書いてありません。

日本人には、暗黙の了解、わび・さびと言うものがあるはずですが??????

①車が認められていると言うのなら、なぜ車の距離計算で、政務調査費報告書を提出・請求しなかつたのか?

②車が認められていると言うのなら、なぜ電車での請求をして、不正に旅費をもらったのか?

③車が認められていると言うのなら、なぜマスコミに対して「不適切な申請は一切ない。夜間の移動で、乗車駅名があいまいだったため、乗車区間を短く申請した」と電車で視察に出かけたと強く主張したのか?

自家用車が認められていないという認識があったからこそ、電車で交通費を請求して、政務調査費を不正受給したのではないですか?

議論のすり替えも甚だしく、何度も月岡委員長に、車を利用していはいけないと、どこに書いてあると質問する姿は、反省のかけらも伺えませんでした。

伊賀市の視察で初めて、議会事務局から「政務調査費での視察に車を利用してはいけないと言われた。」との言い訳も、それを聞いた4ヶ月後の日進市への視察に対して車で乗り合わせて出かけて、バスの交通費請求・不正受給をしているのは何故ですか?????

舘区で行われた議会報告会においても、私たちは電車で視察に出かけました。と説明したのはなぜか?

一つウソが、また次のウソを生み、ウソが雪だるま式に大きくなりすぎて、自己矛盾の域を通り過ぎ、開き直りの弁明しかできない状況に陥っています。

 

 

山盛さちえ議員、議員辞職勧告可決

日付が背変わりました。

昨日、本会議の議題などの前に、前日に市民?から妨害され開催できなかった、政治倫理調査特別委員会が開催されました。

市民?という定義も今後はっきりしていきます。

さて、表題ですが、伊賀市の視察に対して政務調査費の不正使用をした議員たちに、豊明市議会として厳しい鉄槌を下しました。

政治倫理調査特別委員会は文字のごとく、政治の倫理観を問う委員会です。

長時間による議員の協議の上、

山盛さちえ議員においては議員辞職勧告が妥当であるという賛成者は14名(議長を除く)、反対者は4名(早川・藤江・近藤善・近藤惠議員/本人は退席)という結果で、賛成多数において可決され、山盛さちえ議員に対して、議員辞職勧告が言い渡されました。

山盛さちえ議員は、豊明市議会として議員辞職に値する議員とだという烙印を押しました。

また、早川直彦議員、藤江真理子議員、近藤善人議員、近藤惠子議員には問責決議に値する議員として、議長を除く14名の議員が賛成して問責決議が可決されました。

詳しくは、今後詳細に掲載していきます。

爽やかな朝

今朝は、少し寒いくらい、さわやかな朝を迎えています。

わたしが、バロンの写真を撮っているので何が書いてあるのか、娘が時々ここをのぞき見しているようです。

(友達と思っているのか、ぬいぐるみと戯れてるバロンです)

CIMG3094

先般の大雨で名鉄が不通になって、嫁さんが日進駅まで迎えに行った時、赤池と平針と勘違いして書いたところ、「私は平針じゃなく、赤池に迎えに来てほしい」と言ったのに————とブツブツ言っていたらしいです。

また「ただいま別居中」と書いたところ「お父さん布団敷いてくれないっていじけてる。」と嫁さんに言っていました。

ちなみに、わたしが別居しているのは、夫婦仲が悪いわけではなく、バロンが夜中にキャンキャン泣く間だけですから————-。

あしからず。

腰痛の方もかなり良くなって、痛みは感じなくなりました。一応病院通いもひと段落というか「また痛くなったら来て下さい」とのことです。

思えば4月末から、少し痛みが出だして、5月は痛い状態、6月議会の時はずっと座っているのが苦痛で、7月に爆発状態。全国議長会フォーラムの前後が最悪でした。歩くのすら辛く、フォーラム会場では、横になりながら講演、パネルディスカッションを聞いていました。

健康に年を重ねる。これが一番です。

昨日は、政治倫理調査特別委員会協議会が開催され内容が話し合われました。(協議会は委員だけで、会議がスムースに進行するため事前に話し合う会議です。)

午後から、政治倫理調査特別委員会を開催しようとしたところアクシデントに襲われ、開催できませんでした。

政治倫理調査特別委員会は、文字の通り政務調査費を不正使用をした議員5名に対しての議員としての倫理を問うものです。

不正をしても自分たちは悪くない。と開き直る態度に、本人たちは、市民や警察はどういう視線で見ていると思っているのでしょう。

本日は2013年9月定例月議会、最終日ですが、議事運営が上手く進んでいませんので、さて————どういう結末を迎えるのか。

気温は爽やかでも、心に重く漂うものがあります。

みなさんお忘れでしょうが(市政改革の会・政務調査費不正受給問題)

愛知県・名古屋市の政務調査費の不正受給問題。

減税日本の議員のいい加減さは、ご承知の通りですが、減税日本の議員の辞職に続いて、自民党県会議員まで政務調査費の不正使用で辞職願。

そして、今朝の朝刊には民主党県会議員が不正流用していました。

問題になっている議員たちは議員辞職をしています。(ポルシェ当て逃げ減税日本議員はの論外ですが)

豊明市議会でも、政務調査費を不正使用した、山盛さちえ議員たちは、当初マスコミに対して、ウソの新聞発表をしていました。

つまり、自動車を利用したにも関わらず、電車の交通費を請求、そして頑強に電車を利用して視察に行きました」という主張をしていました。

伊賀市議会

不適切な申請は一切ない。夜間の異動で乗車駅名があいまいだったため、念のため過大申告にならないよう、乗車区間を短く申請した。

ひたすら他人を批判して、自分たちのウソに矛先が来ないよう、何か仕掛けています。

不適切な申請は一切ないと言うのなら電車を利用して視察に出かけたんでしょうが、

実際は市民の人の住民監査請求通り、車で乗り合わせて、視察に出掛けていました。

マスコミに対して、市民に対してウソをついた山盛さちえ議員です。