事業仕分けへの怒り(農村環境改善センター利用・存続を求める請願)

昨日より26年3月定例月議会が開催されました。議案&26年度予算もありますが、まずは農村環境改善センター請願について

請願者の方より~

昨年12月9日、所管する産業振興課より、事業仕分けによって次年度から当該施設が閉館される旨の通知があり、同時期に議員の一人から会館委託を受けているシルバー人材センターの人へ「ここは、もうすぐ閉館されるので、あなたがたの存在は税金の無駄遣いだ」の主旨の発言があった事を聞きました。

合わせて利用団体への今後の活動への影響を調査するアンケートが付されていたとの事です。

どの団体さんも突然の事で驚いて、担当部局である産業振興課へ出向き、決定経緯を確認してあ然とされたそうです。

現状は、利用率が低く、センター設立時の使命である農村改善に寄与していないとの理由で、インターネットで公募抽選で選ばれた仕分け人17名が賛成多数で事業の廃止が決定されました。

事業仕分けでは利用団体の意見聴取は一切なく、事業廃止の影響なども全く検討されず、一方的に廃止が決定された事に対して、利用者の方々の怒りは相当なものがありました。

市財政の健全化は喫緊の課題ではありますが、小学校統廃合の時は、地元の人達の意見を組み入れて、事業仕分けの時は、なぜ利用者の意見を吸い上げないのか?

利用者各位は、事業仕分けの必要性も十分に認識しておられるし、これなら事業廃止ももっともと、納得できれば、一利用団体の意見を押し通すつもりはありません。

利用されている6つの団体が、連名でその内容も理路整然としていましたので、私たち市政会は、農村環境改善センターの利用・存続を求める請願に対して紹介議員となり、存続できるよう支援していきます。

一部の議員が陰でこそこそと動いていると言って批判していた議員がいましたが、そういう議員こそ実態を知らず机上の上だけで、事業仕分けはスバラシイ事だと絶賛していました。

農村環境改善センター請願

最後に、みなさんの言葉を伝えます。全体から見て農村環境改善センターより利用率が低い施設が事業仕分けの対象にならず

代替施設も提示せず、事業仕分けだけが市民の声では無い。このような、非合理的、非民主的な手法での事業仕分けには到底納得が出来ない。

汗かいた

昨日、平成26年度予算書と予算の概要にらめっこの一日、日中気温が上がったので、その合間に腰に湿布を貼り直して畑仕事に出かけました。

CIMG6532CIMG6540

寒波の時は草もじっとしていますが、気温が上がるたびに田地にはどこからともなく草が生えてきます。腰の方がまだ完調までほど遠い状態なので、様子を伺いながらの作業ですが、本当の汗をかきました。

冷汗はかきたくありませんが、汗をかくという行為は体内の新陳代謝が変わっていくのが分かるような気がして、気持ちの良いものです。

さて、耕運機でおこして今年は何を植えようか? まだまだ種を植えるまでには整備が必要ですが、苗を購入して植えると、なんやかんやでスーパーで購入したほうが安価になるので、種から植えないと、ここは思案のしどころです。

CIMG6544CIMG6542

2月も末となりました。これから三寒四温、寒さとポカポカの小春日和が交錯する季節です、健康管理には各自気をつけて下さい。

昨日の中日新聞の社説で名古屋駅前車で歩道突入という記事が掲載され、その中で。

法務省の法務総合研究所が「無差別殺傷事犯に関する研究」の報告書をまとめていると書いてあったのでのぞいてみました。http://www.moj.go.jp/housouken/housouken03_00068.html

原因は様々ですが、

1、交友関係、異性関係、家族関係が希薄

2、就労状況が不安定と言う点は一致しています。

このような状況下でも懸命に頑張っておられる方がほとんどですが、現状に満足していない人に対してニコニコ顔で近寄って、巧みな話術で金銭をだまし取る輩や落ち込んでいる時に巧みに近付いて人心を操る事が上手い輩もいます。

無差別殺傷の報告書を見ているうちに、朝晩の通学時に最近とんと見かけなくなっている気がかりな生徒3名の事が頭に浮かびました。一度家庭まで出かけていいものかどうか、本当に悩むところです。

議会だけを見ていると世間と浮世離れしてしまう感があります。市民目線と言いますが、どこの誰を指して市民と言うのかで大きく意味合いが違ってきます。

自分の支援者や自分と意見を同じくする人を指して「これこそが市民の声だ」と言い切る人がいますが、物事を見間違う恐れが往々にしてありますし視野が狭くなりがちです。

103

自分の思うように物事が運ばないから他人を利用してリベンジの道具にする人、傷ついた自己愛を再生して敗北感をリベンジしたい人を最近よく見かけます。自分が出来ないので他人を操り人形のように利用したい人もいます。それはモンスターペアレントと呼ばれる人たちにも見られます。

自分の責任を他人に転嫁する。悪いのは他人で自分が正しいと行動に走る。人間、幼少時に自我が芽生えて思春期あたりに自己主張が強くなります。しかし自己主張が苦手で反論や反抗できない人がいます。議会制民主主義とは意見調整の場だと思っています。すべての人の意見が取り入れられればいいのですが、豊明市民全員の意見調整しようとも不可能なので先人の知恵として「議会という場」が設けられたのだと思います。

人を傷つけ、人を利用しながら、自分だけ生き残る手法だけは取りません。

本日から平成26年第一回3月定例月議会です。(まだ2月ですが)この議会は26年度の新年度予算審議する議会でもあります

https://www.city.toyoake.lg.jp/gikai/kako_teireikai/26/26.3nittei.pdf

曇りガラスの外は雨です。

今日は、議案上程、議案説明なので内容については、じょじょに、掲載していきます。

 

詐欺師に詐欺と言うのは禁句

ある弁護士さんに教えて頂きました

Q、世の中、一般常識に照らし合わせて、意味が分からない人がいますね、泥棒をしても自分が悪くないと言う人はどういう心理でしょうか?

A、根っからのウソつきや覚醒剤中毒者は、その場では謝罪して「今後絶対やらない」と言いながら同じ行為を繰り返します。

Q、詐欺師が、自分の行為を正当化するのも同じですか?

A、ハイ、本当の詐欺師に「お前は詐欺師だ」というと怒って逆上します。
人を殺しても自分は悪くない、周りの環境が悪いからこうなったんだ。という人がいるでしょう。それと同じです。詐欺師にお前は詐欺だと、絶対言ってはいけません。—————————————————————–—————

浅田真央さんの記者会見より

森喜朗元首相が浅田選手がショートプログラムで16位に終わった後、「あの子は、大事な時に必ず転ぶ」と発言したことをどう思ったかを海外メディアから質問されると、「私自身、それを聞いたのは終わった後だった。人間なので失敗することもある。失敗したくて失敗しているわけじゃない」と言うと、「私は別になんとも思っていないですけど、森さんが今、後悔しているのではないかなと思います」。会場は爆笑に包まれた。————————————————————————–

「私は大人の対応よ」と言いながら、顔に青筋を立てて、口から泡を飛ばしながらムキになって反論するより、サラッと受け流す。浅田真央選手の大人の対応には感心しました。

市民のみなさん、詐欺師に詐欺と言うと怒って逆上するそうですので気をつけましょう

これって、弁護士さんの話ですのでお間違え無く。

命日

CIMG65202月23日(日曜日)は親父の24回目の命日でした。立ち上がり消火栓訓練や春季消防訓練の合間に、墓参りに出かけました。

岡崎市に住む妹親子も「じいちゃんの墓参りに来た」と母親と昼食を食べて近況などを話し合い、くつろいでいました。が一家そろって犬嫌いなので、離れで食事をしていました。

下記写真の、後の方に見えるのが、26年度新年度予算に解体予算が計上されている、旧阿野終末処理場です。

CIMG6521

たまたま、近くに住む同級生親子も奥さんのお墓参りに来ていました。彼の奥さんがご逝去されて丸三年が経過します。月日のたつのは本当に早いものです。

また、息子さんとは、この正月に「今度一緒に焼き鳥屋に行こう」という約束が果たせていません。

彼もインフルエンザが治りきっていないとのことなので、来週かさ来週の週末にでも、「ちょっと一杯、ウーロン茶で?」焼き鳥にでも行く事にします。

昨日は、またまた沓掛町でイノシシが出た。というメール情報が入りましたので、防犯パトロールに出かけたところ、パトカーもウロウロ、4~5回ほどすれ違いましたがイノシシは発見できず、でした。

ここ10日ほどで、葬儀・告別式が5回、また飲み会も5回と、財布も胃腸もへばっていますので、今週はお誘いが無い限り禁酒します。(これを禁酒と言うのか疑問ですが)

阿野区立ちあがり消火栓訓練1

人生が思い通りにならない苛立ちや社会生活上のストレスから突然、「生きていても何の意味も無い。」意味不明の行動を起こして、人を巻き添えにすると輩がいます。

昨日、FB、ツイッターにおいて名古屋駅前で無差別殺人起きているという情報が次々と。

罪も無い人を巻き添えにしなくても、と思うのですが、そういう輩は基本的には自己顕示欲が強く、物事を斜めからしか見る事が出来ず、人を批判ばかりして自分を正当化しています。

そんな輩、あなたの近くにいませんか? ニコニコ顔で近寄ってきても、極力近づかないようにしましょう。

さて、2月23日(日曜日)、阿野区では町内会別に午前9時、午前10時30分、午後1時の3回に分けて、3町内会の立ち上がり消火栓の訓練を開催しました。午前9時の訓練は豊明市春季消防訓練と重なり参加できませんでしたが、10時30分、午後1時の訓練は参加させていただきました。

CIMG6501CIMG6502

第4消防団員が万が一使用する際の、ホースの接続方法、注意事項を説明してくれました。

CIMG6504CIMG6503

CIMG6507CIMG6508

実際に水を出しての訓練です。ナカナカ自分の思うようには出来ません。

CIMG6511CIMG6512

CIMG6517CIMG6518

CIMG6522CIMG6523

来週も、残り3町内の立ち上がり消火栓訓練が開催されます。一つは私の自宅前の消火栓です。

 

26年春季消防訓練(豊明消防本部)

2月23日(日曜日)午前9時より豊明市消防本部において春季消防訓練が開催されました。

今回は消防署本部開催と言う事で、初めてレスキュー隊の訓練、またドクターカーの運用方法なども取り入れていました。

CIMG6452CIMG6455

消防車の内部です。豊明消防署員3名体制で駆けつけます。

CIMG6475CIMG6454

西沓掛区(宿町内会、荒井町内会、本郷町内会)各10名ずつが参加されバケツリレー、水消火器の消火方法などの訓練をされました。

CIMG6456CIMG6458

CIMG6460CIMG6461

稲垣消防団長より日頃の協力のお礼と消防団員の募集のお願いの挨拶がありました。

稲垣消防団長は、この3月末をもって消防団長を退団されます。仕事の傍ら昭和52年から37年間にわたって消防団活動に携われました。

数年前に消防団活動の実情を知らない、心ない議員によって消防団を誹謗中傷された時は、心を痛めておられました。

長い間、本当にご苦労様でした。消防団員によって慰労会が予定されているようですので、参加させていただく予定です。

CIMG6472

第1分団、第2分団によるホースをつないだ消火活動訓練。

CIMG6467CIMG6468

CIMG6471

豊明市消防署、藤田学園ドクターカーによる連携の応急処置訓練

CIMG6473CIMG6476

CIMG6478CIMG6480

藤田保健衛生大学のドクターカー。現在藤田学園所有のドクターカーには医師1名、看護士1名、名古屋市消防OBの運転手1名の3名体制で現場に駆け付けるそうです。

豊明市消防署からの救急車では、医師が診察するまで約30分かかりますが、ドクターカーであれば現場到着後すぐに(約10分)診察できます。

ドクターカーの出動は、豊明市消防本部では無く、尾三消防本部センターにおいて統括されています。

http://www.bisan-fd.togo.aichi.jp/4-4-10shoubousireisennta-2.html

CIMG6484CIMG6485

レスキューの救出訓練の一部を見学しました。

CIMG6483CIMG6486

CIMG6488CIMG6490

CIMG6491

成田消防長の講評です。成田消防長もこの3月末で退職されます。長い間ご苦労様でした。

CIMG6498

市長と消防団長、消防長はたまたま同学年で、消防団長、消防長2名は退団、退職されます。
消防団長と消防長は退団、退職されます。

今回退団、退職するのは消防団長と消防長だけです。

第7回地震防災セミナー

2月22日(土曜日)午後2時30分より豊明市商工会館イベントホールにおいて第7回 豊明市商工会 地震防災セミナーが開催されました。

講師は 井戸田 秀樹氏(名古屋工業大学院教授)で「今、問われている自助の備えとは」の講演を聞いてきました。

CIMG6441CIMG6439

CIMG6443CIMG6442

一部は、液状化についての対策、建物の修復方法についての紹介。液状化現象で生命の危険まで及ぶことは小さいです。とのこと、まぁその通りです。

どのような地形が液状化現象を起こしやすいのか、地下水位が高い地域、盛土で締め固められていない地域、粒径のそろった砂地盤などの紹介。

http://news-sv.aij.or.jp/shien/s2/ekijouka/repair/

二部では、津波被害は別として(この地域は津波の心配が少ないので)、東日本大震災の揺れというのはカタカタという揺れで、阪神淡路大震災の場合はユサユサという揺れであったために、建物倒壊などの被害は阪神淡路大震災の方が大きかった。

また、耐震構造も東北地方は雪対策のため、比較的窓が小さくて元々の強度が強い構造であった。などの要因も大きかったとの事。

建物の耐震については、日頃から私が提言している内容とほぼ同様でしたので、端折ります。

CIMG6445

揺倒壊はの可能性は低いがれ方によっては筋交いをしていた方が、揺れ幅が多い気場合もある。

阪神淡路大震災では、東灘区は全壊家屋が17%だったにも関わらず、そのうち12%の人が建物の家屋倒壊などで圧迫死しましたが、先般の日進市との合同研修会でも紹介された北淡町では建物倒壊が44%もあったにも関わらず、建物倒壊等での死亡者は、そのうち4%であったとの統計を示されました。

近隣の地域の人が助け合う地域性の問題も大きかった。と説明されました。つまり住み続けられる安心・安全な町にする。と言う事が重要です。

いつの時代も、どんな町にもひねくれ者はいます。今後も嫌がらせ攻撃は続くと思いますが、くじけず前に進みます。

家具の固定などの突っ張り棒は、堅い箇所に固定しましょう。

http://www.aichi-gensai.jp/

CIMG6446

CIMG6447

 

平成26年、むつみ保育園ひなまつり発表会

22日(土曜日)午前8時50分から、むつみ保育園ひなまつり発表会(4,5歳児)のお招きを受けていたので伺ってきました。

生活発表会

一週前の土曜日の同時刻、隣のお医者さんに湿布薬を頂きに前を通った所、駐車場係の保護者(愛園会)の人や一般保護者&園児がゾロゾロ入っていきました。

「しまった。ひなまつり発表会の日にちを間違えた」とドキッ。「何時からですか」と尋ねたところ、「今日は1歳~3歳児の発表会です」と言われてホット。

むつみ保育園では、このひなまつり発表会は1~3歳児と、4・5歳児と2週にわたり開催しています。

ゆりぐみ(4歳児)さんの遊戯です。

CIMG6402CIMG6403

CIMG6405CIMG6406

遊戯のつど変わっている背景や手作りの園児の衣装を御注目下さい。わたしはイベント関係に携わっていたので、どのくらいのスタッフと準備期間を要したのか、どうしても、そのような視点から見るクセが付いています。後ろで支えてくださっている先生方のご努力は並大抵ではないことが容易に想像できます。

遊戯、白虎隊です。

CIMG6412CIMG6413

続いて、5歳児のミュージカルオズの魔法使いです。一時間に及ぶ長時間の遊戯です。今年に入ってから練習しました。子ども達の記憶力、吸収力は驚くべきものがあります。私なんかとても覚えきれるものではありません、記憶力の低下はそれだけ年を取った証ですかね。

CIMG6418

オズの魔法使いには魔女が登場してきます。こういう場合の魔女は、水戸黄門の悪代官のように悪者でなければなりません。

CIMG6419CIMG6420

知恵が無い案内子さん、心が無いブリキさん、勇気のないライオンさん、ない物ねだりではなく、自分達の努力も必要であるという事を教えてくれる劇でした。

CIMG6425CIMG6427

CIMG6429CIMG6430

まつぐみさん(5歳児)のリトミック

CIMG6434CIMG6437

全員でのうた(うれしいひなまつり)

CIMG6438

議長、区長の来賓のあいさつでは、一生懸命頑張った事をお家に帰ったら褒めてあげてください。とそれぞれ言われていました。

私は、一人では生きていくことは出来ません、みんなで協力することで、社会生活ができるという事をお家で教えてあげて下さい。とだけ挨拶させて頂きました。週末のしょっぱなは、心がほっとする時間でした。

イノシシ情報

今日2月23日は、休刊日の予定でしたが、昨日商工会館で開催された地震セミナーで豊明猟友会会長さんからイノシシ情報を頂いたので、これだけ掲載しておきます。

一昨日猟友会では、間米、沓掛地域を重点的に捜索したと言われました。まだ足跡の痕跡が残っていると言われておりました。

イノシシ情報

山盛さちえ議員の会報などで、豊明市議会議長が豊根村村長・議長に謝罪に!!

豊明市内の小学校5年生、中学校2年生が夏のキャンプで活用する豊根村さんにある施設の豊明市野外教育センターの話です。

浄化槽が老朽化して使えなくなってきています。建て替えか、新たな施設を作るのか、はたまた代替施設を他に探すのか、という議論が教育委員会内部でなされていました。

そこへ事実関係をよく知らない、

山盛さちえ議員が、まちづくり通信などで事実と違う発信をしました。よって豊明市議会議長が謝罪文(下記)を持って、豊根村まで足を運び豊根村長・議長・関係者の方々に謝罪をしました。

謝罪文

それに対する、豊根村および村長サイドの回答が送られてきました。

豊根村長、回答

 

豊根村長回答2

つまり、上記村長らの回答では、

①豊根村副村長が、廃校になっている旧三沢小学校を活用して頂ければありがたい。との提案や

②運動場にテントを張る話はしていない。との回答書が届きました。

しかし、山盛さちえ議員は下記のように、自らのまちづくり通信において、事実誤認の内容を豊明市内に新聞折り込みをいたしました。

豊根村1

豊根村2

山盛さちえ議員の主張

豊明・豊根村で確認した事実関係

豊根村に確認したところ『廃校活用の要望は一切していない』とのこと。豊根の廃校活用に豊明の議長が乗り出す。

6月3日、正副議長で豊根村訪問の際、はじめて副村長より「活性を検討して欲しい」との話があり、現地を案内して頂いた。

遠距離で不便、築47年の老校舎、教育環境からも、教育委員会が本気で廃校の運動場に張ったテントや畳の引いた教室を使うとは考えにくい。

運動場にテントを張るなどと言う事は、豊明でも豊根でも一度も話に出ていない。豊根村の説明では、学校向かいの山を一部整地してテント状整備との話あり。

運動場はキャンプファイヤーやオリエンテーリングに利用できると話し合った。

豊根村議員さんとの交流では、もてなしを頂いているのに、「遠距離で不便、築47年の老校舎」などと豊根村さんの財産をこのような表現をする事は失礼に当たります。

また、事実でない事を会報に書いて豊明市内全戸に配布するだけでなく、ネット上にも掲載する。

いいかげんな記事で、関係の無い他市町村の人まで巻き込むのはやめませんか。

お願いだから、批判はわれわれ議員だけにしなさい。