傘寿のお祝い

母親が80歳の誕生日を迎えましたので、朝早く刈谷のイオン系スーパーのビックに買い物に行きました。強い雨が降っているにもかかわらず消費税アップ前の休日で大混雑でした。わずかな買い物時間で、地域の人や顔見知りの人も5名見かけました。

本当は、市内で買い物をしないといけませんが、車で5分ほど、豊明市内でも舘や勅使に行くより近く、何より価格が安価です。

このような状況の中で、お隣の町に大型スーパーが誕生したら、土日祝日の豊明市内の購買力、しいては雇用がますます他市町に流れる事でしょう。

そこを理解しているのかいないのか、わかりませんが、足を引っ張る塊には困ったものです。

母には、大好きなお寿司を買いました。

CIMG6845CIMG6846

豊明市防災講演会は多くの人が訪れ開催されました。

CIMG6847

消費税増税の前に

3月定例月議会が終了したので、あまり手入れが行き届いていなかった田畑作業の一日でした。手で取った草を乾燥させて、燃えるゴミ袋に入れたところ、何とか25袋で収まりました。

CIMG6837CIMG6840

どうしようか、もやもやしていた気分を一新。消費税増税前にミニ耕運機を購入しました。(6、2馬力です)

同級生の農機具屋や通販、中古も考えましたが、やはり町内にある農機具において、小遣いを叩いて購入しました。

CIMG6834CIMG6835

従来の耕運機(7馬力)を修理しようか、迷っていましたが、腰の方も万全では無くて、あまり無理が利きません。また20数年前の耕運機は、季節ごとに修理を繰り返していたので、より軽量な耕運機購入という運びとなりました。(たいした理由では無いですが)

CIMG6841という事で、小遣いはパー、今朝は体がミシミシと言っていますし、春の中京競馬場最終日、高松宮杯は止めておきましょう。でも、予想だけだと当たるんだよなぁ~これが。

さて、畑を耕すつもりでいましたが、天気は予報通り雨です。あす以降にしましょう。

午後から商工会館での、防災講演会が開催されますので、出かけてきます。

平成25年度は耐震シェルター制度が始まりましたが、申込がゼロというのも悲しいです。所得制限等の条件が厳しかったと他の議員も言われていましたが、上手くいかなければ、方針転換、すぐに是正すべき点でしょう。

近藤惠子議員 陳謝分を正読せず、閉会中継続審査へ

昨日の本会議は、午前9時30分から議会運営委員会が開催され始まりました。

3月24日の3月定例月議会最終日に、近藤惠子議員に対して懲罰特別委員会が設置され、その懲罰特別委員会で賛成賛成多数で可決した陳謝文章朗読を拒否したした事に対するあらたな懲罰委員会を設ける提案の委員会でした。

午前10時より本会議が開催され、賛成多数であらたに懲罰特別委員会が設立されました。

その、あらたな懲罰特別委員会を設けるかどうかの質疑において、いつものように規則の何処に書いてあるのか。との堂々巡りの質問が繰り返されました。

「人を何人あやめたら死刑になるか」など、どこのどの部分に掲載してあるのか、いやはや世間一般の常識、という言葉が全く通用しません。

今回設立された懲罰特別委員会は、3月24日に賛成多数で可決された陳謝分を読まなかった行為(豊明市議会会議規則第162条違反)に対しての懲罰です。

その後、あらたな懲罰委員会が開催されるために、(暫時)休憩が取られ、本会議は午後からの再開となりました。

あらたな懲罰特別委員会では、あらたな陳謝文章が作成され、賛成多数で可決。その陳謝文章を近藤惠子議員が読めば、延々と続いた懲罰特別委員会は終了するはずでした。(一時不再議の意味がわかってない議員がいます)

本会議が再開され、近藤惠子議員は陳謝文を読みはじめましたが、懲罰特別委員会で可決された陳謝文とは違う、主観を入れた言葉を発し出しました。

議長から再三再四、「近藤惠子議員、懲罰特別委員会で可決された内容に文章を付けくわえないでください」と注意をされているにも係らず、我を通して文章を読み上げました。

このような謝罪文章を正確に読まない行為に対して、暫時休憩を取り、議会運営委員会が開催され3度目の懲罰を課すための懲罰特別委員会が設置されました。

この件に関し議会閉会中継続審査申出があり、本会議場で賛成多数で可決しました。

近藤惠子議員対して「議長からは、文章を付け加えるなとは言われたが、文章を省略するなと言われていない、だから問題ないよ。」などと、援護している政務調査費を不正請求・不正受給したままの議員たちにあ然とするばかりです。

委員会で興奮して大声を荒げたり、傍聴議員である近藤惠子議員が、自分が所属していない委員会開催中に委員会室を歩き回る行為(担当委員長から注されましたが)をしていましたが、そう言う行為は、どこにも悪いとは書いてありません。

また、本会議場で絶叫してはいけないとは、とも書いてありません。

こん議会の修正された予算に対して再議だ!! と叫んでいる議員がいたそうです。そういう言葉が軽々に出てくること自体、平和ボケと言うしかありません。

午前9時半から始まり、午後3時程度まで、なぜ開催しなければならなかったのか、何のための本会議・委員会だったのか、この本会議にどれだけの時間・費用が費やされたのか、言うだけ空しいのが現実です。

「こんなくだらない事に、朝から午後3時まで付き合わされて、たまったもんじゃない」と議場の廊下をあとにする部課長の嘆き節が、その言葉がむなしく廊下に響き渡っていました。

異次元

世の中には、タダ飯・タダ酒好きで、近所から誰からも相手にされないがために、他人の悪口を生きがいにして、異次元の考えを持っている人がおられます。口からは、日本語らしき言葉を発していますが、まぁ~わたしのラベルでは理解できません。いやいやレベルでした。

そういう人を見かけたら、正面から相手にしてはいけません。「そうですね、あなたの言う事は正しいですね。あなたは頭が良いですねぇ~」と言って、逃げることです。これが賢明な判断と言えましょう。

さて、昨日の春の高校野球では、愛知代表豊川高校が、名門池田高校を破りベストエイトに進出しました。正直ここまで頑張ってくれるとは、ここまできたら準決勝、決勝まで進んで欲しいと思います。

下記はこのブログの検索先です。一番多いのは市役所職員&議員ですが、他市町や外国に赴任している豊明市出身の人のアクセスも結構あります。

地域の人から見れば、ありきたりの写真でも、なつかしい故郷での四季の変化をアップして欲しいという要望がありますので、掲載を続けています。

CIMG6832

新年度まで、わずか

今朝の新聞で、豊川高校駅伝部の森監督が退任される記事を見ました。

森氏は実業団時代、沓掛中学校駅伝部を指導してくださり、県大会優勝、全国大会出場まで育て上げてくださった人です。その後豊川高校監督に就任して、彼を慕って当時のメンバー(パナソニック加藤麻美選手等)も豊川高校で学びました。

全国高校女子駅伝大会で初優勝したとき、加藤選手達優勝メンバーは豊明市に表敬訪問してくれ、そのサインは今も議長室に飾られています。

現在は全国トップレベルに育った鷲見梓沙選手、そのお姉さんたちも次々と沓掛中学校から豊川高校へ進学していきました。去りゆくものがあれば、新たに芽生えるものもあって、時代は移っていきます。

昨日、何も考えず、農作業、防犯パトロール、散歩の一日。久しぶりに勅使水辺公園を一周しました。日中多くの人が散策やランニングをしていました。

CIMG6813

予算特別委員会で年に3回、シルバー人材センターさんに依頼予定で、花を植え替えると答弁あった花壇です。新年度になれば、あそこの街路樹、ここの公園などが手直し&工事が行われていきます。

CIMG6823CIMG6824

勅使池は一昨日の雨で、水位があがっていました。

CIMG6819CIMG6820

新年度まで、あとわずかです。今回はあと数日で消費税アップが控えています。高額商品を買い替えるか思案中の最後の週末です。

 

親として

CIMG6765


卒業式が午後から開催され、レンタルしていたハカマ部分を返却しないと延滞金がかかるということで、式終了後、一旦自宅に戻ってきました。

GEDV0313

成熟社会の娘たちの世代や、今の生活に目いっぱいの人に、政治や議会に興味がある人は“恵まれた人”と見られるそうです。

学生たちは、私たちの世代と違い真面目で、事情が無い限り学校を休むことはない生徒が多い、と聞きました。娘も卒業証書とともに、この2年間は、皆勤賞という賞状を頂いてきていました。

わたしも23歳の時、好奇心活発な性格もあり、縁もゆかりもない大阪へ旅立ちました。当時は仕事が夜間まで及ぶ事があっても、自分の可能性を信じて、思えば若かりし単純な男だったと思います。

しかし、大阪、京都で培った10年弱の社会生活は、いまなお充実した時(青年時代)だと自負しています。

しかし、それはいざとなったら、帰る場所がある。という心のゆとりがあったからかも知れません。親となった今、娘にも何かあれば「帰る場所があるんだ」という心の余裕を持たせてあげたいと思います。

母親は所用でいませんでした。わたしとの会話は「図書カードがあるけどいるか?」「うん、欲しい」だけでした。

夜には、地方に就職する友達の送別会・二次会がある。と自宅を出ました。次男坊とともに、豊明駅に向かう姿を見送りました。

皆と同じである必要はありません。自分で選んだ道を迷わず進んでほしいと願うだけです。でも、どうしても困った時は、手助けしてあげるつもりです。

今週中に、娘の住民票を豊明市から名古屋市に移す作業をします。

むつみ保育園終了式

昨日、午前9時からむつみ保育園で、卒園式が開催されました。

CIMG6769CIMG6770

先般の、ひなまつり発表会から数週間。あと10日ほどで小学校入学式です。

CIMG6772CIMG6774

CIMG6775

園児の代表の子が、「むつみ保育園で、お世話になった大好きな先生の事を忘れません。朝夕の送り迎えしてくれた、お父さん・お母さん・お爺ちゃん・おばあちゃんのおかげで卒園できました。」と挨拶した時は、多くの保護者の人達がハンカチで目頭を押さえていました。

CIMG6776

「人を思いやる心を教えて頂きましたも、だれかに聞かせてやりたい言葉です。

33名の卒園児のなかには、ゼロ歳の時から6年間お世話になった園児もかなりいます。保護者の方も我が子が小さな時は、出来れば手元で育てたい事でしょう。

CIMG6792CIMG6796

挨拶では、豊明市の保育予算について修正した事をお話をさせていただきました。

一つは、兄弟が同じ保育園に通えず、二つの保育園に送り迎えした後、仕事に出かけられる保護者の方がおられるということ、もうひとつは園児が突然病気になった時の、病児・病後時保育が未完であること、少しの保育料の値下げよりも、この部分を強化するために予算に組み替えさせていただいた。という説明をさせていただきました。

保護者の方から、豊明市で二つの保育園に通わせている家庭があるんですか?と聞かれました。

豊明市は国の基準でいう待機児童はないと、堂々と言っていますが、それは保護者の方の涙ぐましい努力によって達成している数字のマヤカシです。この部分を早急に改善する政策の方を優先すべきです。

病児・病後時保育においては、むつみ保育園を見る限り、ゼロ歳児など小さな子どもはいつ、どのような形で病にかかるか分かりません。一日でも、一刻も早く進めなければならない施策です。

また、放課後子ども教室推進も進めていく作業が残っています。

批判する塊はいる事でしょう。無邪気に遊ぶ子どもたちの顔を見ると、私たち大人が、この子ども達の資産を食いつぶすわけにはいかない。との意を強く持ちました。それは縮小政策では無く経済成長です。

卒園式を開催している部屋からは、お隣にある前原外科(小児科)病院が見えていました。

その後、10時から卒園式を開催している中部保育園の方に足を運びましたが、卒園式の途中でしたので、なかに入らず外から眺めていました。

子ども達の笑い声がこだまする町へ、当初から主張続けている言葉です。

近藤惠子議員への懲罰動議が可決、本人拒否、本会議が延長

昨日は、予算を含む26年3月定例月議会最終日でした。

のはずでしたが、3月28日まで会期が延長となりました。

懲罰動議が出された部分は、3月18日の予算特別委員会での発言です。豊明市予算案に対して市政会から修正案が出され、修正案の説明をする平野龍司議員に対する質疑の最中、興奮して、大声で発言しだしました。

私は、近藤惠子議員に対して「冷静にお願いします。」と注意したにもかかわらず、で出てきた言葉が大声での

「だって、あまりにもくだらない返事するんだもん」でした。

この言葉に対して各委員が、どういう意味だ、としばらく紛糾しました。

26年度予算を審議する正式な委員会ですので、わきまえるように注意しましたが、最後は、取り消せと言うなら取り消します。と言い出す始末でした。

仮にこの言葉が許されるのであれば、委員会や本会議場で、質疑や討論の時、「あまりにもくだらない返事だ」の言葉が飛び交う事になります。

懲罰を提出する側の討論では、1期目で将来もあるので、懲罰で二番目に軽い「陳謝」という形で落ち着かせようとしましたが、本人が納得せず、本会議場で拒否という形を取ったので、昨日は市役所サイド・各議員の日程調整をして3月28日まで会期延長となりました。懲罰の処分は、4つあり、一番重い「除名・議員辞職を意味する」だけが審決の対象となって、「戒告」「陳謝」「出席停止」は、審決の対象にはなりません。

26年度予算執行のため、今日、明日から入札等を予定していた課もあるようですが、まぁ~そんな具合で、謝罪拒否がどのような影響を与えるのか、お構いなしのようです。

また、前回の懲罰動議の時のように、提出方法がどうだ、ああだ、こうだ、と言いわけをする事でしょう。

タダ一点、委員会の席での大声での不適切発言「だって、あまりにもくだらない返事するんだもん」です。

思えば、安井議員に対して懲罰動議を出してきたのも、この3月定例月議会でした。懲罰の打ち合いと感じる市民の方もおられるかもしれませんが、安井議員に掛けてきた懲罰は、会報ネタにしたいだけの、イヤガラセでした。今回の場合、予算特別委員会という場での発言したという事実の違いです。

「何処にも書いていない」からとか、条例・要綱・規則などを自分勝手な解釈や運用をしようとするのには、困ったものです。

世の中には、言っていい事の限度というものがあります。あと一年思いやられます。

近藤惠子議員は、かつて、本会議場で大絶叫したこともあります。(議場にいた、外で聞いていた職員はビックリシタと言っていました)

ゴメンナサイの一言で、すべて終わるのですが——————————————。悪い事をしたら謝罪するのが人間社会です。

まあ~、政務調査費の不正請求、不正受給したのは議会事務局が悪い

不正受給した政務調査費を返したいのに議長が受けとらない議長が議会を混乱させている

政務調査費での自家用車利用は認められている。などと市民の人から見ればいたずらに混乱させるような支離滅裂な論理です。

ちなみに市政改革の会、絆、かけはしの5名議員は未だに不正請求、不正受給した政務調査費を返還していませんので、

★懲罰動議

地方自治法第137条、1番、議員が正当な理由なく招集に応じない場合、2番、正当な理由なく会議を欠席した場合、3番、会議の秘密事項を外部に漏らしたとき、4番目、129条、議場の秩序を乱して会議を妨害したとき、5番目は、132条、133条、会議及び委員会で無礼な言葉を使い、あるいは他人の私生活にわたることを言った場合、この5つが地方自治法で懲罰にかかる。

 

平成25年度、ゆうゆう会総会

寒さも和らいだ昨日、13時30分から阿野ふれあい会館において、物故者法要が営まれ、続いて、阿野ゆうゆう会(旧老人クラブ)総会が開催されました。

CIMG6764

会員数223名(90歳以上が14名)、役員さんだけで27名という大所帯です。昨日も120名以上の会員さんが総会に参加されていました。

CIMG6763CIMG6762

区長からはインター周辺の南部開発の話が出され、わたしも補足的に26年新年度予算委員会において、南部地域に予算が付く修正案が提案されて、修正案が可決したこと。また旧阿野終末処理場解体など、地域に係る予算の話をさせていただきました。

民意を無視した大阪市長選挙。予想通り橋下大阪市長が再選しましたが、投票率が低く、次点の候補者より、白票の方が多いという現状を鑑みれば、大阪維新という看板は大きく色あせました。

個人人気に頼る基礎の弱い橋下維新ブームは、過ぎさった感が否めません。なにより記者会見に橋下市長が現れなかったというのが、本人にも自覚があるのでしょう。

民意を大切にしなければなりません。民意を履き違えると、こういう結果になると、いうことでしょう。

本日は、26年3月定例月議会の本会議最終日です。予算書において意図的に、数字の改ざん等がなされれば厳しく追求しますが、基本的に行政サイドが提案する数字は正しい。という前提です。しかし、あまり多くの数字間違い等があれば、それはそれで指摘しますが、性善説に立って議論をしています。

イライラや性悪説ばかり唱えると、人間、心が顔に現れてきます。

今日は、なが~い一日になるか? すんなり終わる最終日なるかは、わかりません。

その前に、小学校の終了式です。児童の見守りに出かけたのち、市役所に向かいます。

議会最終日に備えて

昨日は、昨年度の豊明市第1分団(東沓掛)に続いて、豊明市第7分団(舘・桶狭間・落合・西・間米・二村台1.、2)の、消防団詰所の竣工式、見学会が開催されました。今年度は、建設消防委員会を代表して参加してまいりました。

7分団は、6つ以上の区という広範囲にわたり、各地域の夏祭り警備や年末警備等々の振り分けは大変だと思います。(わたしの地域の第4分団は阿野だけです。)

新しい女性団員も加入されるということです。「どこかで見た女性だなあ~」と思っていたら、日々の朝の見守り時に、お逢いする女性でした。地域や豊明市の安心安全のための活動に、ご協力をお願いいたします。

第7分団詰所があらたに完成して、これで豊明市内全7つの分団の消防団詰所が、地震に耐えうる建物となりました。

市民負担の軽減、という聞こえの良い言葉で減税、料金値下げをすると、このような市民の安全安心を守る、消防詰所の建築・維持などにお金が廻りません。

市民負担の軽減に反対するのではなく、本当に必要な施設にお金を投入すべきで、アセットマネジメント、大いに進めて頂きたいものです。

それにはトップが、部下や議員に対して十分説明して「一緒に批判に耐えてください」などの言葉があればの話ですが、

CIMG6758CIMG6756

CIMG6757

建設消防委員会といえば、本会議場で陳情報告書、委員長報告書、請願の報告書を作成して報告しなければなりません。

加えて、3日間にわたり審議された予算特別委員会の報告書も作成していて、

というか、明日24日に報告しなければなりません。

今日は、午後からゆうゆう会総会のみ、4つの報告書作成に没頭です。