宿題(政務調査費の返還理由)の回答は?

昨日、個人一般質問通告書を提出しました。一般質問通告書を提出すると、各質問について振り分けがあり、担当各課からヒアリング(聞き取り)の☎があります。

石川市長は、当初は今までのやり方を変えるのと豊明を変えるのをはき違えていたのか、ヒアリングなど必要ない、ガチンコで行くと言っていました。

わたし達はガチンコでもかまいませんが、本会議場でのガチンコでは、往々にして答弁に詰まる部分もあるというのが理解出来たのでしょう、事前に部課長に「なにを聞きたいか、聞いてこい」と指示するようになりました。

「否決されてかまわない、この議案を作れ」などと始めから喧嘩腰でなければ、いくらでも話し合いの場を持てます。

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————–—-

本日は、議会運営委員会が開催され一般質問の順番・日程が決定します。

また、政務調査費を不正請求・不正受給した刈谷市・日進市の政務調査費(すでに政務調査費は廃止され現在政務活動費となっている)をどのように返還すべきか、市政改革の会・絆の議員から反省文?を提案するようにと宿題が残っています。

日進市へ自家用車で乗り合わせて出かけて?、自家用車代金より高額な公共交通機関(バス代金)を不正に請求した、市政改革の会・絆の議員達です。

この不正に請求した分を返金したいと言っていますが、「自家用車は認められている」「返金したいが、議長が受けとらない」「自家用車での請求様式がなかった」などと自分勝手な理屈で事実を捻じ曲げて主張するので、話が進まないのです。

自家用車が認められていると主張ならば、当初から自家用車で請求すればよかっただけの話で、会派内で口裏合わせして、「公共交通機関で出かけた」などとウソをつくので話がややこしくなっています。

自分で自分の首を絞めて、袋小路に陥っている典型です。

すでに、出納閉鎖(会計を閉めている)した、日進市の視察に対して交通費の返還をするには、なぜ返還するのかの理由が必要です。

その理由なしに、いつでも、どこでも、勝手に返還・請求が出来れば、会計監査など必要ありません。

①政務調査費を不正請求した、②豊明市議会では、政務調査費での自家用車の利用(タクシー・レンタカーに限る)を認めていない、③今後は、政務調査費(現在は政務活動費)を使って自家用車での視察を請求しない。

不正ではない、謝罪をしたくない、では前に進みません。

泥棒が、盗んだ金を返しても褒められません。

2015、3月定例月議会 個人一般質問通告書提出へ

昨日は、27年度の豊明市予算の説明会でした。骨格予算なので、もう少し軽い予算だと思っていましたが、結構ボリュームがありました。

骨格予算でも、市民生活に直結する部分は、数字にしっかり盛り込まれていました。

普段は、3月定例月議会は、会派の代表者が代表質問(90分)をして、代表以外の会派の議員は関連質問をする事が出来ますが、今回は骨格予算であるので、会派代表質問は6月定例月議会になりました。

ということて゜、今回は個人一般質問しかありません。本日正午が、3月定例月議会の一般質問通告書の〆切となっていますので提出してきます。

一 般 質 問 通 告 書 平成27年 2月 17日

豊明市議会議長 様

豊明市議会議員 三浦 桂司

次の事項に関し、一般質問をいたしたいので通告をいたします。

①税収アップ政策について

1、 税収アップ対策委員会設置について

2、 地域商店の活性化をどう考えているのか

②安心・安全のまちづくりについて

1、 木造住宅耐震補強促進について

2、 ゲリラ豪雨に備えて、調整池、排水路、河川強化について

(琵琶ヶ池のトイレ対策)

3、 自主防犯団体への支援について

4、 AEDを市内コンビニ設置の進捗状況は

5、 災害時要援護者名簿の作成、普及させるには

(災害発生時の個人情報保護法例と大規模災害等発生時の適用除外について)

③平等な教育促進を進めるには

1、 少人数学級、特別支援学級の強化は

2、 スクールソーシャルワーカーの設置について

3、 学校統廃合の方向性について

時代の流れか

わたしの地域の阿野区では、独自に順次防犯灯をLED化しています。

今回、豊明市も国から地域の防犯灯をLEDに推進する予算がついて(全てではない)、阿野区も区独自のLED防犯灯とは別に、LEDに交換するための調査が終わりました。

(下記は阿野区独自で設置している防犯灯)

CIMG4546CIMG4547

(今回豊明市内に設置される防犯灯)

CIMG4544CIMG4545

明るければ、犯罪が起きないわけではありませんが、電気代金も安価で、蛍光灯寿命も10倍ほど長いと言われるLED防犯灯に交換できれば、それにこしたことはありません。

さて、表題の時代の流れかですが、野球をする少年人口が減少していて(少女が増えています)、この週末から中央小学校区の少年野球チームの阿野ジュニアと吉池メッツが合流しました。

CIMG4556CIMG4555

人数が増えても、仲良く頑張ってほしいですね、

CIMG4558

本日は、27年度豊明市(骨格)予算の説明会です。

平成26年度 阿野子ども会廃品回収終了

本日で、阿野西子ども会の廃品回収が終了しました。先週阿野東子ども会の廃品回収が終わっていますので、これで26年度の子ども会の廃品回収は終了しました。

子ども会の廃品回収のお手伝いを始めたのが、長男(次男坊ではありません)が、小学校に入学してからですので、20年が経過しています。

役員さんから、軽トラックで回収するなどのお手伝いに対して、ジュース2本を頂きましたが、辞退したのですが、労働の対価として受けとってほしいと言われ手渡されたので有り難く頂きました。

なお頂いたジュースは、手伝っていた子どもに上げたところ喜んでいました。

市民から“お金をちょろまかす浅ましい議員だと呼ばれないように心がけます。

CIMG4557

昨日の午後、中央小学校ネットワーク会議が開催されましたので伺ってまいりました。

毎日見守りをして下さっている各地域の見守り隊の人から、学校・家庭などに対して、しつけ、登下校時の態度など耳の痛い言葉も多く出ていました(児童を褒める発言もありました)。

しかし、子ども達の事を心配するからこその発言であって、決して悪意があるものではありません。

CIMG4551CIMG4553

CIMG4554

 

議会運営委員会(不正した政務調査費の返金について)

tenin昨日の議会運営委員会では、市政改革の会&絆の議員が、過去の日進市への視察(2回分)、山盛さちえ議員が刈谷市への視察に自家用車で出かけたにもかかわらず、高額な公共交通機関で申請して政務調査費を受けとったお金をどのように返金すればいいのか、について話し合いをしました。

だれもが、普通に考えれば、不正したと本人達が認めれば、お金を返させればいいじゃないか」と思うでしょう。

しかし、出納閉鎖制度があって、年度・年度で会計は閉じてしまいます。どこに返金すればいいのか?

政務調査費は、会派(一人でも一人会派)に対して一人年間15万円(1ヶ月、12,500円)を支給する。領収書、報告書を提出して残金が出れば返金する。とは明記されていますが、

不正したお金を出納閉鎖後に返金しても良い。という文言は何処にも書いてありませんし、不正するという想定での規則・申し合わせではありません。

022彼女たちの言い分は、事実と違う申請をしたので、議長に返金したい。受けとらない議長が混乱させていると捻じ曲げていますが、豊明市議会には、過去に政務調査費を不正利用したので返金したという事例や、返金しても良いというルールがありません。

性善説に立っていている条例・規則・申し合わせであって、政務調査費を不正請求・不正受給した事態が発生した場合、どうすればいいのかどこにも明記されていません。

ルールがなければ、ルールを作ればいいのですが、政務調査費は、現在政務活動費という制度に変更されて、政務調査費という制度が消滅しています。

消滅している制度に対して、ルールを作り直すのも出来ません。

出納閉鎖が終了している。政務調査費という制度が終了して、政務活動費に変更されているので、条例・規則のルールの変更が出来ないのです。

019ルールがないのに返金や新たに受給は出来ません。

それが通れば、「出納閉鎖が過ぎているけど、過去にこれこれこの分が、支払い過ぎているので、お金を請求したい」と言う極端な主張も認めるのか、そのような議論が出てきます。

財政課、税理士さんなどに相談しても答えが出ないのは、この点です。

しかし、不正に受け取ったお金は返金してもらわねばなりません。

政務調査費の不正請求について、しっかり反省して、今後も自家用車での視察は認められない(自家用車は認められていると言う主張や、今後も自家用車を利用するという発言がある)と認めることです。

この点を曖昧にしたまま、返金さえすれば、全て終わるという悪しき前例を作るべきではありません。

また、ルールがない以上、あくまで特例として取り扱わなければならないという考えです。

悪い事をすれば、いずれは明白になります。

午後から、文化会館小ホールで開催された交通安全協力会設立40周年記念大会に出かけてまいりました。

交通安全交通安全2

———————————————————————————————————————————————————————————————————-———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-————————————————-———————————————————————————————————-———————

下記の放映は、もうすぐ終わります。

伊賀市の稲森稔尚議員を巻き込んで、口裏合わせなどせず、最初から車で乗り合わせて出かけたと言っていれば、事態がここまで大きくならずに済んだのに、一つのウソが、次のウソをつかなければならず、自分たちで雪だるま式に事を大きくした事例です。

ウソを重ねる議員に議会改革など出来るはずがありません。

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

⑤山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03

懐の深さ (小浮副市長解職)

今朝の新聞にも掲載されていますが、昨日、市役所に出かけたところ、市長が副市長を首にした(解職)という話題で持ちきりでした。

市長と副市長との話し合いの結果でしょうが、副市長は朝早くから出勤してくる職員に対して、入口玄関の前で、副市長として最後の挨拶をしていたとも聞きました。

議会に対して、辞任された前副市長の代わりに「この人をぜひお願いしたい」と頭を下げたのに、首にする時は、何の音沙汰もありません。

「市長の器量が垣間見えた」と多くの職員が言っていましが、人を批判して、自分の存在感を示す石川ひであき市長に、懐の深さを期待していはイケマセンか。

懐の深さを期待すると言うか、まわりには懐刀のように的確な指示をして頂ける人もおらず、期待しても無駄でしょう。

来週初めには、27年度の予算説明会などがあります。今期最後となる3月定例月議会も、副市長不在という形になります。

今日は、議会運営委員会、議会だより編集委員会が開催されます。

———————————————————————————————————————————————————————————————————-—————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-——————————————————————————————————————————————-————————————————-———————————————————————————

一か月以上にわたって、放映されていた市政改革の会・かけはし・絆の5名議員の醜態、いよいよネット放映は終わります。

時間がある人は、お見逃しなくお願いします。

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

⑤山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03

市政会の会報を発行します

昨日は、夕方の通夜以外は、地元の挨拶回り、後援会活動の一日でした。

豊明市議会市政会は、この2月に会報を発行します。おおよそ市政会会長の執筆です。何が書いてあるかは、目を皿のようにして見ている●●がいるかも知れませんので、発行を持ってお知らせとします。

豊明市内全戸配布を予定していますが、市外や新聞を取っていない世帯の方には、発行後にお知らせします。

今日は、以前から依頼されていた畑での耕運機を動かしたのち、葬儀告別式に出かけます。
また、午後からは地元挨拶回りの一日となりそうです。

さて、児童の見守りの時間になりましたので、出かけてまいります。

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-————————————————-——————————————————————————————–—

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03

 

小浮まさふみ副市長 退職願届出

今朝は早朝から、中日新聞の副市長退職願の記事について☎が続きました。

ここ数日、一般質問通告書作成と地元などへの挨拶回りで、慌ただしい日々が続いていたところ、大きなニュースが飛びこんできました。

小浮のまさふみ副市長が、先月30日に、石川ひであき市長に対して辞表を提出したとの中日新聞愛知県内版の報道です。

それにもまして、小浮副市長によれば、「長は議会に否決されても構わない、と職員の前で発言しながら議案を作らせていた。職権乱用ともいえる行為を止め切れなかった」との発言が掲載されています。

公募で選ばれたしがらみのない副市長の発言です。

仮に本当だとしたら、というか本当でしょうが、市長の職権乱用および農地法違反の100条委員会は終結しましたが、あらたな職権乱用問題が浮上しました。

127小浮副市長になってからも、豊明市独自の支援給付金や大学入学給付金など、内部で意見統一されていないようなボロボロの議案が提案されて、議案審査した委員会などで思いつき、生煮え議案であることが露呈しました。

そして、否決されてもヘラヘラ笑ってる石川市長の態度は、どう考えても尋常ではないと私は感じていました。

市長と議会との対立だけに主眼を置いて、悪いのは議会の市政会だ」という手法と取っていた事が明らかになりました。

石川ひであき市長が誕生して、平野隆前副市長に続いて、二人目の副市長退職となります。その人望の無さは、豊明市職員全会一致と言っていいほど無残なモノです。——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-その石川市長を支えるのが、政務調査費を不正請求・不正受給して、刑事告発され警察から取り調べを受けている 下記の5人組です。

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

⑤山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03

 

ぶれない・逃げない・まじめにしっかり

今期はぶれない・にげない・まじめにしっかりをしてきた。山盛さちえ議員のチラシには目を疑いました。

まさにびっくり!! 政務調査費を不正請求・不正受給したにも関わらず、まさかこの言葉が出てくるとは————————————————、あ然!!とするばかりです。

世の中いろいろながいるもので、言葉が出てきません。

苦しい市民生活の思いに付け込んで、身を切る改革、豊明を変えるという心地良いフレーズで訴え当選してきた市長・議員達ですが、自分達が不正をしたにもかかわらず逆切れしていては話になりません。

また不正議員からは、市民サービス向上のための税収アップの政策を聞いた事がありません。

少子高齢化で増え続ける社会保障費増税の負担を和らげるには、支出を抑える事もさることながら、収入を増やすしかありません。

月収18万円(税・社会保障費含む)で社会に出たが、10年経っても、20年経過しても月収は18万円のままである。

結婚して、子どもも出来た。親の介護も必要となったが、収入が増えなければ、普通の生活に行き詰ります。

高度成長時代の分配から、分担へと変化しています。議員を削るから年金を大幅カットする、医療費の大幅増を我慢しろ、と言えません。

しかし、こんな議員はいらないと思っておられる人が多数おられますが、泥をかぶっても地を這いつくばって、まやかしの議論の負けず、市民生活向上のために進んでいきます。

昨日も、区内を廻っていたところ、市民の人からなるほどという要望を受けましたので、市役所にその生の声を届けました。

今日は交通事故ゼロの日です。昨日に引き続いて寒い寒い一日となりそうです。

CIMG4531

———————————————————————————————————————————————————————————————————-—————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-—————————————————————————————————————-————————————————-———————————————————————————

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

不正を事実ではない報告をした。

口裏合わせをしていないと言い切って逃げています。

ぶれない・逃げない・真面目にしっかりした証言だと思うでしょう

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

⑤山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03

左義長(さぎちょう)に仏壇

10数年放置されたままだった、阿野終末処理場の解体もほぼ終了しています。

CIMG4510CIMG4509

CIMG4502CIMG4501

この塊は、今のところ残したままだそうです。

CIMG4511

昨朝は、阿野神社において月次祭が開催され出席してまいりました。

左義長(さぎちょう)において、仏壇を出す人がおられるとの事でした。

豊明市には、政務調査費の不正請求・不正受給の詐欺容疑で、刑事告発が受理され、新聞に叩かれ、警察の取り調べを受けた5名の議員がいますし、左義長(さぎちょう)に仏壇ですか?

う~ん、ナカナカどうしてという所です。

先週末から挨拶まわりを始めています。個人の政治活動・後援会活動と事前運動の線引きがあいまいで、これだ、という手引きがありません。

どちらとも取れるグレーゾーンが多く、「それってダメなの?」というものも含まれます。

しかし、お金をかすめ取るために口裏合わせまでしている、5名議員の不正請求・不正受給は私は犯罪だと思います。

普段からコンプライアンスなどを叫んでいる5人組です。下記の言い分で、説明責任が果たせたと思えるでしょうか?

——————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————-————————————————-———————————————————————————

26年11月25日、政治倫理調査特別委員会での参考人証言

①近藤善人議員

②藤江真理子議員

③早川直彦議員

④近藤惠子議員

⑤山盛さちえ議員まで

http://www.city.toyoake.lg.jp/gikai_jimukyoku/kaigiroku/H26/iinkai/iinkaieizou_top03