26年度 政治資金収支報告書提出

昨日は、早朝から夜まであれやこれやのバタバタの一日でした。

午前中、愛知県庁にみうらけいじ後援会、自由民主党豊明市支部の二つの政治資金収支報告を提出してきました。事前準備をしたつもりでしたが、コピー取直し等で約一時間の時間を要しました。

桜が満開だったので、終了後名古屋城の周りをひと回りしてパチリ、パチリ。

CIMG4896CIMG4893

CIMG4894

桜の満開時期は、ほんの少しだけです。継続は力である。息の長い活動を続けたいと思います。

CIMG4897CIMG4895

ちなみに、政務調査費を不正請求・不正受給した早川議員が悪意を持ったかのように自分勝手な政治資金の解釈をしていますが、後援会会報というのは個人の政治活動の一環であれば、みうらけいじ後援会政治資金収支報告に掲載する必要はありませんので、あしからず。(愛知県選挙管理委員会の見解です)

 

後援会事務所開設準備

さすがに、この時期の週末はいっぱいいっぱいです。こっそり開ける予定の三浦桂司後援会事務所開設の準備に取りかかっています。

昨日は、午前中より雨が降り始めましたので、紅白幕の飾りはしませんでしたが、あとは幕を張るだけとなっています。

CIMG4886CIMG4887

CIMG4888

昨日も、豊明市の市議会議員への出馬予定が多い事が、話題の中心でした。

「供託金没収される人が多いんじゃないの」と言われる人まで現れて、どうなるかは不透明です。

中京競馬場の最大のイベントG1(高松宮杯)が開催されました。本来ですと、競馬場の隅っこで勝ち馬投票券(馬券)を握って、叫んでいるのですが、さすがにこの時期はそんな余裕はありません。ということでテレビ観戦ということになりましとた。

CIMG4890CIMG4891

今日は、朝一番から交通事故ゼロの日活動、その後に看板の件で豊明市選挙管理委員会(豊明市役所内)に行って、そののち車で愛知県選挙管理委員会(愛知県庁内)へ26年度の収支報告の個人分、自由民主党豊明市支部分の収支決算報告に行ってきます。

clip_image002

それにしても、収支報告書の記載は何時間もかかりややこしいものです。

後援会活動中

昨日は、防犯パトロール以外、後援会活動を続けました。日中は汗ばむほど気温が上がってきました。

豊明市の市会議員の立候補者数に対して、さすがに新聞記事の3面の影響は大きく、多くの人から「36人も出るの?」と聞かれました。

わたしも、だれがだれだか?よくわからないのが現状です。

さぁ~今日も、後援会活動の一日となりそうです。

道路使用許可申請更新

本日、中日新聞の3面記事に豊明市議会選挙の候補者数、また法定得票数に関して掲載がありました。投票率によりますが、400弱の得票が必要だとは全然知りませんでした。

群雄割拠と言うより、どんぐりの背比べと言われないよう活動を続けます。----------------------------------------------------------------------------------------------------————–

昨日は、農業委員会が開催されたので出席してまいりました。農業委員会では、個人情報が山盛ですので、内容は掲載出来ません。

また、農地バンクについての説明がありましたが、一般の農家(兼業農家)の人に、理解出来るような仕組みづくりが必要だと感じます。----------------------------------------------------------------------------------------------------————————

午後から、愛知警察署に自家用車の道路許可申請書の更新に出かけてまいりました。

CIMG4870

私の自家用車は、セキュリティポリス愛知での豊明市内自主防犯活動の車として愛知県警に登録してあります。もうすぐ継続期限が過ぎるため更新を済ませました。

青色防犯灯の登録について、市民の人から聞かれましたが、悪用される可能性があるので簡単には出来ません。

愛知県警(愛知署を通じて)に団体の活動実績等々を提出して、十分な審査を受けて、許可されます。申請から3カ月ほどは必要です。

また、青色防犯灯車で走行する場合は、申請してある区域しか走行できません。セキュリティポリス愛知(私)の場合は、豊明市内全域の登録です。他市町では基本的に青色防犯灯を回しての走行は出来ません。

また、車の両サイドに、どの団体かの(マグネット)表示をしなければなりません。

以上のように、青色防犯灯の更新手続きは、結構面倒なんですね。ちなみに、新たに登録する方がもっと大変ですが。

また、青色防犯灯と、道路許可申請は別物で、昨日はスピーカーで音声を出していいのかの申請でした。

この二つの条件が重なって、初めて音声を出しながらの青色防犯灯防犯活動が出来る仕組みとなっています。

下記が、今年4月3日までの許可書です。

道路使用許可26年

来年4月3日までの道路許可申請書を頂きました。

27年道路許可申請書

3年に一度パトロール実施者証というものも、更新しなければなりません。裏面に更新年月日が掲載されています。(以前は2年に一度でしたが延長されました)

パトロール実施

 

26年度、むつみ保育園卒園式

3月いっぱいで事務作業にメドをつけたいと思い、昨日は防犯パトロール以外、一日自宅で事務作業をしていました。

—————————————————————————————————————————————————————————————————————-一昨日のむつみ保育園の卒園式の様子です。

CIMG4846

私からは、病児病後児保育が助走する旨、また地域の児童館であるコスモス児童館が140名の定員に対して、145名の利用者があり、現状いっぱいいっぱいである。

中央小学校の1年から3年までの児童数は400人弱、そのうち145名が児童クラブのコスモス児童館でお世話になります。

児童数が減っても、保護者の人の働く比率が増加すれば、児童館の需要は益々高まる構造です。

むつみ保育園の卒園式(終了式)では、31名の園児が全員無事卒園しました。みんな来月からランドセルを背負って元気に登校してくれる事でしょう。

CIMG4847CIMG4848CIMG4849CIMG4850

今日は、農業委員会が開催されますので出席してまいります。

中央小学校校舎増築 内覧会

CIMG4862

校舎増築

昨日午後から、中央小学校の校舎増築が完成したので、内覧会が催され、学校関係者、教育委員会と議会からは福祉文教委員、地元議員(私はここに当たります)が招待されました。

CIMG4855CIMG4857

校長の挨拶では、プレハブ3教室の代わりの4教室の増築のお礼とともに、少人数学級、特別支援学級等々を実施するにはまだまだ教室数が足りない言われていました。㎡数から見ても6教室も建設可能の広さです。

議会の一般質問でも、6教室を望んでいると強く主張しましたが、教育委員会はそれで良いと言っているの一点張りで、4教室建設を押し通されてしまいました。

学校は、震災発生時の地域の防災拠点でもあります。何度も地域や学校は6教室必要だと主張したのですが、わたしの力不足もあって却下されました。

教育委員会は4教室で良いと言ってるじゃないの」と言っていた議員がいました。その議員は招待されても、昨日の内覧会には出席しませんでした。

その議員はだれかって? 今は名前を伏せておこう。

CIMG4859

床材以外は、豊根村の無垢材をふんだんに使用していて、校舎内には新築特有の香りが漂っていました。

豊根村と豊明市は友好自治体です。村長さん、議長さんが何度も豊明市に対して、豊根村産の木材を使って頂けませんかとトップセールスに訪れていました。

首長の仕事の一つは、地元産の商品などのPRやトップセールスです。

CIMG4861

校舎東側の側面には、緑のカーテン?が出来るような工夫が凝らされていました。

CIMG4863

市議会議員候補に35名の予定者(新人候補者全員男性)

昨日、豊明市長及び豊明市議会議員一般選挙立候補予定者説明会が、文化会館小ホールで開催され市長候補は現職を含め3名、市議会議員候補は現職16名を含め35名の候補者が説明会会場に訪れました。

たぶん35名です。顔を名前が一致していません。定数20名なので、15名が弾き飛ばされる事となります。

新たに立候補される予定者は、全員男性でした。

金太郎あめのように議会改革(定数削減)は叫んでいますが、女性議員の比率向上(維持)はだれ一人主張しておられません。

政府が社会的目標として掲げている、女性議員比率を30%向上(豊明市は20名中7名で35%で達成中)から後退することは間違いありません。(共産党の女性議員が勇退するため)

CIMG4837豊明市の女性議員比率は、全国レベルで見ても(町議会・区議会除く)①東京都小金井市②滋賀県湖南市③東京都多摩市・東京都狛江市⑤福岡県古賀市⑥千葉県浦安市⑦埼玉県本庄市⑧神奈川県茅ケ崎市⑨大阪府交野市⑩埼玉県和光市⑪大阪府柏原市に次いで、全国上位にあります。

また、費用の無駄だと議員定数削減を叫んでいた候補者(現職を含む)は、自分が15番目以降に当選したとしたらどういう態度を示すのでしょうか? 次回減らせば良いとなどと、言うのでしょうか?

昨日は、愛知署と愛知県庁にも出かけなければならなかったのです、お通夜も入って、早朝からいっぱい一杯の一日を送りました。

苦労したのは、自民党豊明市支部の政治資金収支報告書の作成です。これが実にややこしい。

一年に一度ですので何とかなりますが、細かなお金の管理は、秘書がいないととても政治活動には集中できないのが現実です。

今日は、豊明市内保育園の卒園式です。わたしは地域のむつみ保育園に伺います。

地域安全ステーションさかえ オープン記念

昨日より、小学校6年生が卒業したので、登校する児童の分団の雰囲気が違っていました。あと二週間ほどで、新一年生が入ってきて、これもまた楽しみです。

この4月から落合区に新たに安全ステーションさかえが開設するので、昨日午後から記念式典がありました。

CIMG4829

CIMG4828

CIMG4830CIMG4831

3月定例月議会で、議案13号として上程され、市政会を代表して賛成討論を致しました。

豊明市地域安全ステーション設置等に関する条例の制定について賛成の立場で討論したします。

私の住む地域では、深夜、帰宅途中の若い女性が、暴漢に襲われ、3カ月の大けがを負いました。

栄町にあった新栄交番が廃止となり、すでに建物も取り壊されています。

アンテナを高くして、国の情報を察知して、愛知県と連絡を密にしていれば、新栄交番の撤退は防げたかのかも知れません。

また、市長が、自らのマニフェストで掲げていた、市費で交番設置というのは、制度上出来ません。

本来であれば、豊明市民の安心・安全という観点から新栄交番が撤退されず、パトカーなどで常時見守ってほしかったのですが、残念でなりません。

今回、地域ステーションが設置される落合区を含めて、南部地域の方々は、普段から、熱心に児童生徒の登下校の見守りをしておられる地域で、地域の安心安全は、地域で守ると言う防犯意識が高い地域です。

今回の地域ステーション新設において、地域監視員さんが、一日三時間程度滞在して頂けるようですが、人数や予算が限られているので、常駐とまではいきません。

緊急事態、事故、事件などが発生した場合、すぐに警察に連絡が取れるように、十分工夫をして、また、市民の人達のいこいの場としても活用して頂けるよう、お願いして、賛成討論とます。

その後、自家用車で防犯パトロールに出かけていたところ、不具合が生じて知り合いの修理屋に見て頂きました。

CIMG4835CIMG4834

 

阿野ゆうゆう会(老人クラブ)総会&猟友会総会

昨日は、平成26年度阿野ゆうゆう会の総会のお招き預かったので、出かけてまいりました。

ゆうゆう会や阿野区会、月次祭の折には挨拶をさせて頂く時間を頂いておりますので、この4月から値上げされる介護保険料の話をさせていただきました。

豊明市では、この4月から第6期介護保険料が改正され、年間の基準額が年額54,300円から65,700円になります。(所得階層で、支払金額に違いがあります)

他市町においても、保険を利用される人が多く値上げされますが、豊明市ほどの大幅な値上げにはなっていません。

これは、3年前に市長マニフェストにおいて、介護保険料10%値下げのため、積立基金3億5千万の中から、2億5千万以上を取り崩して、世帯当たり500円の値下げに踏み切ったためです。

3年後の現在、基金が枯渇して、値上げ率が増えると言う指摘をしたのですが、チームひであきはもろ手を挙げて賛成して、また指摘するわたし達に対して「市民負担の軽減に反対するのか」という態度を貫きました。

前回500円を我慢して頂ければ、今回500円程度の値上げで済んだのですが、一時的なモルヒネが切れ、値下げを続ける財源が無い、という結果、大き幅の値上げとなりました。

これが、市民負担の軽減、という言葉の裏側のからくりです。

収支バランス、受益者負担というものを無視して政策を強行しても、しょせん一時的なモノとなります。

持続可能な政策を打つ、のが基本です。

その後、阿野公会堂で開催された豊明市猟友会総会に出席してまいりました。

総会には石川市長、坂田県会、鈴木代議士も出席されていて、前副市長の小浮氏もお見えになられていました。

イノシシのほかに、○○も豊明市猟友会様には、駆除して頂けないかの要望をしておきました。

豊明猟友会

 

後援会活動

起きるのが少し辛い朝を迎えました。

昨日は、後援会活動の一日でしたが、へばり、疲労が、遅れて現れる年代になっているので、明日以降に疲れが出るでしょう。

友人の写真屋さんで撮ってもらった写真の切り抜きが終わりました。ナカナカどうして、ムズカシイものです。

ひとつずつ、こなしていきましょう。

CIMG4810

CIMG4811

①、当選回数を重ねるとしがらみが生じて、動きが鈍くなると思うのはなぜか

②、末席の地方議員は地域の代表であって、どうして悪いのか、

③、財政健全化を優先して、自分の庭先を綺麗にすることの優先順位が下がっても良いか

④、増え続ける扶助費(年金・医療・介護・教育・子育て)に対応する財源をどのように捻出するのか

市民の人に直接一つずつ説明していきます。

政治は理屈(頭でっかち)だけではなく、情の部分が大きいのが現実です。

社会的弱者の人を救う事が出来なければ、政治・行政は必要ない。これが、わたしの信条です。