6月本会議終了

昨日で2015、6月定例月議会は閉会しました。

議会運営委員長の陳情6件(議員定数15名にするという陳情1件は陳情者が取り下げ)の賛否、3常任委員会内容の委員長報告についての討論採決で、すべての議案が可決され、その後小規模企業振興基本条例の議案について、附帯決議が提案されましたが、賛成少数で否決。

マイナンバー制度に対しての注意を喚起する意見書の提出は、全会一致で提出する事となりました。

わたしは、会派代表として一般会計補正予算書について、賛成討論を致しました。今回の一般会計補正予算書は、27年度新年度予算は4月の統一地方選挙のため前市長が、骨格予算としたため新市長の色合いが出た補正予算となっていました。

7月になれば、上松町への視察(新人議員が主体の議員半分の10名参加)、豊根村への視察(実費負担で議員18名参加予定)、会派行政視察などが続き、中旬からは各地域の夏まつりが始まります。

日々の生活の通じて、理屈ではない市民相談や、困り事の手助けのための一般質問などを通じて行政への提案を続けていきます。

さて、交通事故ゼロの日です。阿野区では7時15分から区の役員・婦人会・老人クラブ役員さん達が危険箇所に立っていますので、出かけてきます。

2015 6月議会最終日

本日は、2015定例月議会最終日です。淡々と進むのか否かはわかりませんが、準備だけは進めておきます。

反緊縮のムズカシさは、瀬戸際に追い込まれてもなお緊縮は嫌だと言うギリシャの債務不履行(デフォルト)問題でもわかります。理屈では削減しなければ国家が破綻すると分かっていても、人は自分自身に負担がかかると反発します。

当市においても、緊縮政策(アセットマネジメント)が打ち出された時、並大抵の反発ではない事が起こりうる事が想像に難くありません。一丁目一番地は、何度も繰り返しますが、学校の統廃合です。

いざ議案が出た時、陳情・請願・苦情が押し寄せたら、将来のためだからと跳ね返すだけの気持ちを持てるのか、議員各位の覚悟が見えるでしょう。

原発問題、沖縄基地問題、安保法制、この地で生活していると今は対岸の火事としか捉えきれないかも知れません。

昨日は、子ども会の廃品回収の時に、資源ごみ置き場にハチが飛びまわっていて蜂の巣を作り出しているので駆除の依頼を受けました。冬物を着ての完全装備での駆除でしたが、幸いなことにハズレでした。

CIMG5801

CIMG5799

いつものように、軽トラックがフル回転しました。

CIMG5800CIMG5802

汗をかきながら、廃品回収を手伝っている子ども達を見るとパフォーマンスだけで終わっていいものか、将来負担だけを押し付けていいものか、本当に苦しむ所です。

自由民主党第7選挙区総会

昨日午後から豊明市商工会館において、自由民主党第7選挙区支部総会が開催されました。CIMG5798

CIMG5778大府市、豊明市、東郷町、日進市、尾張旭市、長久手市、瀬戸市、衆議院議員第7選挙区の持ち回りとして、今年は豊明市が担当でした。

集団的自衛権、個別的自衛権、憲法解釈での安保改正は釈然としない部分は残りますが、近隣国の安全に対して、何をすれば有効なのか、難しい問題です。

ただ、再び戦争を起こさないための安保改正であるという、一般市民に分かるような何かスコンと落ちる発言なり、説明が欲しいと思います。

鈴木じゅんじ第7選挙区支部長、坂田けんじ豊明市支部長

CIMG5783CIMG5787

藤川政人愛知県連会長

CIMG5788

大府~瀬戸市までの、市長さん、議長さん達も来賓としてお越しいただきました。

CIMG5789

酒井やすゆき、太田ふさえ参議院議員の挨拶

CIMG5792CIMG5793

公明党から新妻ひでき参議院議員の挨拶

CIMG5795

多くの市長・町長・議長の挨拶は、開催市である豊明市の小浮まさふみ豊明市長が挨拶をしました。

CIMG5797

CIMG5791

同時刻に、中央小学校においてはネットワーク会議が開催されていて、終了後急いで駆けつけましたが、ちょうど終了していました。

 

議会改革推進協議会

夜中に朝まで生テレビを見ていたところ、急にスイッチが切れました。二階のベランダからあたりを見回した所、近所も真っ暗となっていました。

数分後に復元しましたが、電気が絶え間なく通じているありがたみは、停電になったときに感じるものです。

原発廃止とCO2削減問題、人が経済発展を求め、便利さを追求するごとに、この二つの課題がぶつかり合います。―———————————————————————————————————————————————

議会だより編集委員会で、この6月定例月議会の一般質問の原稿(質問・回答)を自分自身で書く事となりました。

普段ですと、自身の会報制作に取り掛かっているのですが、今回は再質問での回答など議事録のデータが整い次第取りかかります。

会報で掲載している内容を縮小させるだけですが、内容が重複してしまう点に留意します。

今議会で議会改革推進協議会が立ち上がりましたが、内容的にいずれ特別委員会へ昇格されると思います。

この6月定例月議会で、仮称)議員定数対策特別委員会設立動議を提出して、特別委員会を立ちあげを検討していましたが、議会改革に対する?7件の陳情が出され、陳情の審査などに追われました。

議会改革は協議会で話し合ってから特別委員会へ移行したら、という意見があり、それもありだなぁ~と思いました。

協議会の委員構成は、さまざま意見はありましたが、議員全員でとの主張しました。

それは議会改革の最終的な議題は

①議員定数②議員報酬の2つに集約されると思われるからです。

議員定数などは、現職議員の既得権だと言う人がいますが、将来にわたり議員に立候補しようと思う人の権利でもあります。

また、財政が厳しいので経費削減だという主張をする人もいますが、議員報酬を半額にすれば、それ以上の経費削減になります。

人数削減か、報酬削減か、削減だけでいいのかは議員各位意見が違ってくる所です。

私は以前より主張しているように、学校統廃合議論が始まると同時に人員削減、報酬削減などの議論を進めるべきだという意見です。

2015 豊明市水難救助訓練

昨朝、豊明市消防本部主催で水難救助訓練が琵琶ヶケ池で開催されました。

水難事故が発生したと仮定での訓練です。

CIMG5742CIMG5747

CIMG5751CIMG5753

CIMG5754

CIMG5756CIMG5760

CIMG5767

CIMG5770

CIMG5773CIMG5776

訓練を終えた所員たちに、区長さんから激励の講評がありました。

CIMG5777

難しい市民相談もあって、朝からテンヤワンヤです。

コンパクトシティへ

昨日午後より、日進市でのJA総代会に出席予定でしたが、急な打ち合わせが入り、出席出来ませんでした。ここのところ、予定が噛み合わず集中する日とぽっかり空く日となっています。——————————————————————————————————————————————————

豊明市も公共施設の老朽化問題は深刻です。第5次総合計画に力を入れていますが、とどのつまりがコンパクトシティにしなければ、財政が持たないという事です。

都市再生特別措置法に基づく「立地適正化計画」に国から補助金が交付される事となりました。

他市の立地適正化計画です。立派な計画で見いってしまいました。

http://www.city.minoh.lg.jp/machidukuri/documents/150508publicc_shiryo1.pdf

伊勢湾岸道路を支えるジョイント部分から、大きな音がするため修理をしています。まだまだ新しい道路だと思っていましたが、人が作ったハコモノなどはいずれ寿命がきて修理・解体しなければなりません。

CIMG5740

今日は5の日、若い頃大阪・京都に住んでいた時は、五十払い(ごとばらい)でしたが、最近はPTAの人達や区の役員の人達のゼロの日の立ち番という感覚です。

役割分担

市長が交代して、県や国との連携が強化されています。

残念ながら、豊明市の収入だけでは、現状の市民サービスを補う事は出来ません。

この6月定例月議会でも、藤田保健衛生大学病院が、国の補助金交付要綱を満たしているとの事でしたので、豊明市は市長、担当部長、坂田けんじ県会議員、鈴木じゅんじ国会議員とともに、公的病院補助金確保のため、総務省へ陳情に出かけました。

ご存知のように、豊明市には市立の病院が無く、救急医療や小児科も少なくて周産期医療、産婦人科もありません。この部分を藤田保健衛生大学病院に頼りきっています。

市民は藤田学園との提携で、病気になっても、たらい回しにされずに、治療入院できるというのは、市民にとって心強いものです。

県を通じて国に陳情に行くという事に対して違和感がある人がいるかもしれませんが、黙っていればこのような補助金などは、他市町が確保してしまいます。

CIMG5727CIMG5726

市長はトップセールスをする。政治は方向性を示す。細かい事務作業は職員が担当する。市民サービスの向上のため役割分担をしっかり確立して、成長への、飛躍への道を切り開かねばなりません。

時代の波に飲み込まれないよう主張すべきは、主張します。

6月議会も最終日のみとなっていますが、結構忙しくて、あれもこれもの調整&作業の日々です。

一家勢ぞろい

昨日、建設消防委員会、議会改革推進協議会を終え自宅に帰ると、休日だったのか数カ月ぶりに娘が自宅にいました。

次男坊は一家全員が揃うのが嬉しいのか、はしゃぎまわっていました。

思えば、逢うのは選挙前になるので4カ月ぶりとなります。夕食を嫁さんとスーパーまで購入に行っていて、久しぶりに一家全員勢ぞろいしたひと時となりました。

仕事がら少し丸くなった感じが見受けられ、また一人暮らしで身の回りは自ら行わなければならないので、金銭面や人のありがたみを理解してきたようです。

連絡が少ないのは、元気な証と思っても親の立場としては少し寂しいものです。

一生懸命頑張って、年金などを払い続けている娘たち世代に、今の社会補償制度が維持出来ているのか?予算書などを見ると、う~んと思わざるを得ません。

嫁さんに送られてマンションへ帰っていく娘を二階の窓から見送りました。

高齢化時代は、経済を成長させてパイを大きくしなければ、現状維持すら出来ません。

 

2015 青少年主催:グラウンドゴルフ大会終了

昨日午前中、子ども会の廃品回収が雨のため延期となるという放送が入りました。

準備を始めていた青少年健全育成推進委員会のグラウンドゴルフ大会もどうなることやらと、ハラハラどきどきの午前中でした。

外の行事のムズカシさです。

CIMG5698CIMG5699

CIMG5701CIMG5719

しかし、午後になるとカラッと晴れ渡り、例年と違って暑くも無く、さわやかな天気の下で、阿野区青少年健全育成推進委員会主催の三世代合同のGゴルフ大会を開催する事が出来ました。

CIMG5703

沓掛中学校校長、中央小学校校長先生にもお越しいただき、挨拶をして頂きました。

CIMG5708CIMG5710

阿野区長、小学校長、中学校長の始打式から始まりました。

CIMG5711

小学校低学年は、直線コースだけのホールインワンです。

CIMG5714

小学校5・6年、中学生、大人(Gゴルフ同好会)を3~4名混合チームとして、会話をしながら交流を図ると言うのが主旨で、すでに15回目となります。

CIMG5716

借りていたクラブ、旗を返却に福祉体育館へ

CIMG5721

議会の方は、今日は建設消防委員会が開催されます。

外のイベント

ウチの市街化区域内畑(農地)の横にマンションが建てられて、昨日内覧会が開催されていました。

生産緑地法が施行されて20数年、生産緑地に指定せず農業を続けています。今となってはあとの祭りですが、生産緑地に指定しておけばよかったと悔やまれます。

豊明市も財政が苦しいので、一反(300坪)で年間27万円を正しい納税者として毎年納めています。トホホ————————————

草刈機の刃がすぐボロボロになるので、ここ数年は安価な刃を購入して、何度も替えています。

昨日も、2枚980円の刃を購入に出かけました。今年に入って4枚目の交換です。豊明市内にも大型ホームセンターが欲しいとの要望を、多くの市民の人から聞いています。

CIMG5692CIMG5691

畑では、多種にわたる芋も育ち始めています。

CIMG5695CIMG5696

今日は、午前8時半から、子ども会の廃品回収、その後青少年健全育成推進委員会主催のGゴルフ大会です。午前7時現在パラパラしてますが、どうかな?

CIMG5693

CIMG5694

外でのイベント行事は天気も心配しなければなりません。