安かろう、悪かろうではいけない

昨日、地域の一斉清掃(家並役)が実施されて、かなり汗をかきました。区内ダンプ6台、区民総出での一斉清掃でした。わたしが担当している?阿野ふれあい広場では、草刈り機3台がフル稼働して、かなりの草が取れました。 10月18日には、同場所において阿野区防災運動会が開催されますので、今一度の整備が必要です。 反省会において、今年度阿野上石田地区の草刈業者が丁寧に草刈りをしてくれたので来年度以降も同じ業者の人に草刈をしてほしいとの評価、要望を頂きました。 しかし、入札において業者選定をおこなうので、来年度も同じ業者の人が担当して頂くという確定は出来ません。という回答をしたところ、「安かろう、悪かろうでは駄目だ」というお叱りを受けました。 入札改革という目先きの利益にこだわって入札を続けた結果が、豊明市内にダンプ・重機が次々と減少しています。大災害が発生した時のことを想定すれば、豊明市内に重機などが無いという現実は好ましいものではありません。一時的な安さを求めて、豊明市外の業者に発注するのは、国の地方創生計画とも相反します。

また昨日は、阿野区内において区外の職員4名が国勢調査をしていました。 玄関先でチャイムを鳴らしても、見知らぬ人では、なかなか出てきてくれませんし協力を頂くのが難しい時代となっています。 だからこそ、地域の人が集まり情報交換の場となる一斉清掃などが必要だと思います。 ――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 9月議会の総務委員会に関わる議案につい少し書きます。 公共は民間契約とは違って、インフレになれば、上昇率が値段に上乗せされるというのは、国の指導であるので、致し方ない部分です。阿野終末処理場解体工事の時も同様でしたが、めくって見たらアスベストが利用されていて除去工事などは、当然行わなければなりません 豊明市からの発注で、雇用や納税などを考えたら、市内の業者が請け負うこうことが理想で、せめて下請け業者として市内業者を利用して頂きたいと思います。

豊明市個人情報保護条例の一部改正について マイナンバー制度に伴う条例の一部改正ですが、従来と異なる点では言葉の定義、審議会へ図る、開示訂正は良いのですが、先般 自主防犯連合会の人たちとの懇談会では、自主防の人たちが強く言われていたように特定個人情報の目的外利用禁止が、災害発生時に必要である、援護者名簿の策定に大きな壁になっているとの事で、わたしも全く同感です。

条例で個人情報漏えいに対してここまで縛っておいて、一方で区や町内会に対して災害発生時に備えて、災害時要援護者の災害弱者名簿を策定してくださいというのは、矛盾しているのではないかとは思います。 規定にかかわらず、実施機関は、人の生命、身体又は保護のために必要がある場合であって、本人同意があり(うんぬん)保有特定個人情報を自ら利用することが出来る。 と唄われていますが、 具体的にどういう場合に、利用することが出来るのかが曖昧でわかりづらく、援護者名簿を策定するのに、この条例が壁になっているという認識があります。

来年度から始まるマイナンバー制度についての議論をするつもりはありませんが、マイナンバー制度は、事務の簡素化や徴収漏れ防止という良い点もあれば、情報漏れの心配もあります。通知カード500円、再発行800円というのは全国標準という事です。

個人情報保護条例の一部改正については、この条例が、地域の人たちに策定をお願いしている災害時要援護者名簿策定の障害になっていて、前に進みにくいという指摘も受けています。個人情報と、市民の生命財産保護、その両面を見て進行しなければなりません。

栄にある地域安全ステーションのAEDの屋外設置は、かつて老人いこいの家にAEDが設置されるとき、盗難の恐れがあるという理由で室内に設置されましたが、安全ステーションには防犯カメラがあるという事でした。

地方創生事務事業は、豊明市の発展のための事業です。私たちが取り組んだインター周辺開発は、豊明市サイドの積極性が欠如しているという指摘もあり前に進みませんでしたが、、人口増と雇用創出、これが成就しないとオーバーではなく、豊明の将来は描けません。 扶助費の増大で投資的経費が少ないという財政事情もありますが、集中と選択をしっかりしていただいて、ここだという所に決めて頂きたいと思います。優秀な人材確保には頭を悩ましますが、これこそが肝となる提案でした。

いつ、どこで、何時に発生するか分からない大災害に対して分析・シュミレーションしたとき、今のままでは市民の生命・財産を守ることはできません。 南海トラフ大地震などの大災害が発生した場合、広域での発生が指摘されていて、発生時に自衛隊や他市からの応援を仰ぐことは困難だと思います。

豊明市の入札や応札には不正や無駄があるかのような議論を持ち出す人がいますが、自ら低コスト・ハイクオリテイ等々の積算等を示しながら業者を提案すべきだと思います。 現場に行って、現場で触り、現場で会話する三現主義によって選定されるべきだと考えます。これだけ急速な少子高齢化社会は、世界でも経験が無く、正解を見つけ出す事が容易ではありません。一時的な値段に惑わされず、大所高所から見て判断すべきだと思います。

 

いきいき登校プラン

本会議、小学校運動会終了

 

CIMG6164

今日は、何とか市内7小学校での運動会が開催されました。夜中まで降り続いた雨で心配していましたが、関係各位の努力により開催する事が出来ました。双峰・唐竹小学校は5月に開催しています。朝から子どもの見守りののち、中央小学校の運動会に出かけました。 途中、地域の方の告別式に出かけましたが、舞い戻って 最後の競技まで見学しました。

議会最終日の昨日、会派ひまわりを代表して、26年度予算の賛成討論をいたしました。 過去の経緯を知らない新人議員が8名おり、阿野終末処理場解体と中央小学校の校舎増築に至る経過を重目に述べさせていただきました。 また、本会議場(9月議会、12月議会は、庁舎の耐震工事中で本会議を委員会室で開催しています)では、日進市の議員さんが傍聴に来られていたので、財政力指数の時、日進の名前を出すのは控えました。(日進市は今年度、財政力指数が1となり、国からの交付金が不交付不団体となり、嬉しくないという声も聞いていますので) 下記の倍ほどの資料を作成していたのですが、決算特別委員長報告、他会派2名の議員が先に討論した事は端折りました。

以下参照――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

豊明市を含むわが国では、世界でも経験したことが無い、少子超高齢化時代を迎え、毎年、毎年、扶助費が増え続けています。 そして、昭和40年代後半から建てられたハコミノ施設の改修時期も重なって、その傾向が顕著に表れている決算となり、この傾向は今後数十年続く事となります。 今年度の決算委員会においては、初めて取り組んだ、一括説明、総括的質疑については、款別質疑などと重複する部分が往々にありましたので、時間がかかりすぎた感は否めませんでした。これは、来年度以降の課題となりました。

平成26年度決算においては、円安、株高、原油安が大企業や、個人投資家の懐を潤して、一部景気回復の兆しが見えた年でした。その結果、個人・法人市民税も2億円強の増収となりましたが、トリクルダウンが中小零細企業を占める当市まで及んでいません。 逆に、地方交付税、各交付金が削減され減額分をアップされた消費税の交付金が補う構造となっています。(個人・法人市民税が増えても、105億1千5百万円弱)

歳入で、前年対比5,6%増の211億6,185万円、歳出では7,4%増の198憶1,372万円となり、その拡大要因としては、国からの臨時福祉給付金があったのと、 老朽化対策のための耐震工事のメイン工事、文化会館空調費建設などが、26年度に集中したためで、 それでも公債費比率が4,5%から2,1ポイント下がり2,5%に下がったのは、文化会館の建設費用の支払い償還が終わったためであり、自主財源比率が向上したのは、税収が大幅にアップしたのではなく、基金を繰り入れて膨らませているだけの数字的効果であり、実態の決算とは乖離していて、決して好ましい姿ではありません。 財政力指数も0,01%アップして0,9%となり、交付金不交付団体となる指数1に近づきました。(日進市のように)不交付団体になる事が、良いのか、悪いかは、意見が割れるところです。 不足する財源確保のための、市債発行の市内の金融機関への借入利率は、入札の結果、10年物で0,35%、15年物で0,6%というという低金利での借り入れなどの工夫は評価する点です。

増え続ける社会保障費に充当されるための消費税の3%アップ分(豊明市1,2%)は社会保障費に充当されているとの答弁には安心した部分もあります。 ふるさと応援寄付金においては、豊明市への寄付金は9万円ほどに対して、他市町への寄付金は概算500万円とのことで、いま進めている、豊明市ふるさと応援チョイスに期待がかかるところです。 ―--――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ・10数年にわたっての解体を見送っていた、阿野墓苑横に建っていた、豊明終末処理場を解体事業は、豊明市の議員として、また地域の議員としても、大変ありがたい事業でした。 十数年にわたり、各議員が取り壊しの要望質問をしても昨年度まで、取り壊さず放置しておいたために、度重なる放火や心霊スポットとしてインターネット上でアクセスできるなど、全国的に風評被害が絶えない廃墟施設となって、わがまち豊明市として、悪名高い建物でした。 金額的に、地下にある浄化槽や境川につながるパイプの撤去まで及びませんでしたが、 今後、愛知県が境川改修や汚泥処理の時は、撤去して頂けるよう県の方にも強く、要請を続けてください。 また、施設の取り壊しだけに留まらず、跡地利用として、民間の太陽光発電パネルが設置され、20年間にわたり、賃貸料が入ってくるとことは、財政面から見ても当市にとっても好ましい事だと思います。

・児童館の遊戯室へのエアコン設置は、ここ数年、温暖化による異常な暑さが続いています。夏場は、児童館内全体が蒸しぶろ状態に陥っています。 児童館全室に設置して頂きたいのですが、子どもたちが休憩やお弁当などを食べる遊戯室に設置して頂いた事はありがたいことですが、今後財源も考慮しつつ、エアコン設置を進めて頂くよう要望しておきます。

・第5次総合計画、公共施設マネジメント計画は、高度成長時代の幻想を追いかけるのではなく、集中と選択の目標値を定め、まちのゆるやかな成長と、多すぎる施設の統廃合を同時に行う、非常に難しい舵取りとなっています。 何かと財政力が高い近隣市町の一部分と比較する人もいますが、豊明市は豊明市として 確個たる方針を定め、施設統廃合に対しては、反対ありきの意見に惑わされず、ぶれずに進めて頂きたいと思います。

・福祉体育館を指定管理制度にしたための事業費の削減効果は、前年度は耐震工事で利用できない期間があって、比較しづらいのですが、それ以前の数年と比較すると、年間940万円程度削減出来たとのことです。ただ、指定管理者制度そのものが、金額削減ありきとなってはいけません。 指定管理者制度への移行が、そこで働く人たちの人件費削減から成り立つようでは本末転倒です。その点は指定管理者の担当の人にも、十分配慮するよう申し入れておいて下さい。

・中央小学校の校舎増築建設では、中央小学校の児童数減少数を見誤って、教育委員会としては、当初プレハブ校舎の期間延長で良いという話を聞いたため、当時の会派としては、小学校サイド・地元区長さんや保護者、自主防災組織等々の意見を聞きました。 その結果、プレハブ校舎の継続では、教育面の均等、子どもの教育面から見て、好ましくないという判断を下しました。 個人的にも、一般質問においてプレハブ教室の期間延長ではなく、普通校舎6教室の増築を強く要望しました。 これは、過去に沓掛中学校のプレハブ校舎期間延長において、当局が緊急議会を開催して、プレハブ校舎建設の議案撤回、鉄骨構造での校舎建築提案という、(長期的視野を鑑み)、過去の経験から普通教室建設を要望した経緯があります。

沓掛中学校のプレハブ教室延長の撤回とは、私たちの調査において、プレハブ教室のリース延長料金と鉄骨校舎新設金額と、金額的に差が無いという試算がはじき出されたためでした。そのため、議案には賛成したものの、豊明市議会として初めての附帯決議である、鉄コツ校舎新設工事の附帯決議を提出しました。 市長部局も附帯決議に考慮して頂いた結果、緊急議会開催、プレハブ教室の期間延長ではなく、鉄骨校舎新設という運びとなりました。 あれから、5年以上が経過していますが、いま鉄コツ校舎は新築同様で建っていますが、もしあの時、プレハブ校舎リース契約で中途半端に納得していたなら、いまの沓掛中学校には、鉄コツ校舎は存在していない事となります。 (附帯決議は、パフォーマンスで、なんでも良いから出せばいいというわけではありません。) これは、附帯決議 (議員辞職勧告) には、強制力はありませんが、大きな効果を発揮した事例です。 中央小学校の校舎増築では、わたしは一般質問などの要望として、最低でも6教室と主張しましたが、教育委員会では、4教室で十分対応できると議論は平行線を辿り、結果として4教室になったという経緯があります。

・26年度は、市税滞納者が、2,518人あり、徴収方法として催告や文書で発送したり、財産調査ののち差し押さえなど、さまざま努力を試みているようですが、大変悩ましい問題です。 払いたくても、払えないとい社会的弱者の人、生活困窮世帯には、滞納処分の停止の措置を取っているとのことは、評価できますが、支払い能力があっても支払わない人へは、徴収強化をお願いしておきます。・コンビニ収納制度においては、市民の人たちも、かなり定着していて多くの市民に利用して頂いております。今後も周知を徹底して、より分かりやすい方法での収納方法を提案してください

特別会計においては、おおむね適正に処理されているものの、毎年・毎年増え続ける社会保障費、介護保険、国民健康保険などの伸びを、どのように抑えていくかが、豊明市の課題です。

最後に、グローバル経済の中 中国経済の影響が、我が国にも悪影響を及ぼす可能性があります。中国当局も認めているように株価バブルの崩壊、在庫過剰感が鮮明となって、リーマンショック後の世界経済をけん引していた中国経済の景気減速が世界経済の不安要因となっています。

今回は見送られましたが、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が利上げは、 新興国から資金が流出することが懸念され、その影響が、しいては我がまち豊明市に及ぼすという事も、頭の片隅に置いて考えておかねばなりません。 そんな中でも、建物老朽化に伴う、本庁舎耐震工事や前後駅前耐震補強工事を無事に完了させ、桜ケ丘沓掛線の内山地区の早期開通を目指してください。

補助金・交付金や臨時財政対策債に頼らない財政運営が好ましいわけですが、 現実問題として豊明の自主財源だけでは、運営できないのが現状ですので、来年度予算は、さまざまな組み合わせの中で、市民の安心安全が確保できるよう、住み続けたいまち、この町に住みたいと思うような予算を組んでくただくよう要望して、平成26年度決算 認定議案第1号から認定議案第9号までの賛成討論といたします。ーー

夜、集中防犯パトロールを致しました。秋祭りが近付いているのか、中島区・吉池区・大久伝区の集会場では、地域の会合やお囃子の練習をしていました。

さて、明日は朝から地域の一斉清掃です。ちょっと腰の調子が思わしくありませんので、ぼちぼちお手伝いする事となります。

写真は、ご存知の我が家の次男坊バロンです。育ての親である私たち一家に対して、従順な次男坊です。

 

提案型の議会へ改革(反問権を認める)

今日は、9月定例月議会最終日です。現在進行中 の議会改革推進協議会において、一般質問、委員会質疑などにおいて、市長・部課・長の反問権を認めることとなりました。

一般質問や委員会質疑においては、財源豊かな近隣市町などと比較して、「なぜ豊明市は出来ないのか」と責め立てる質疑がありました。

予算さえあれば、あれもします。これもします。と言えますが、増え続ける社会保障費(扶助費)の対応に目いっぱいで、多額の財源をが必要な新規事業に対して、簡単に回答は出来ない質問は、検討しますの回答でした。

今まで、市長や部・課長は、議員からの質問・提案に対しては、質問内容に対して、聞き返すのみで、その財源は、どう考えるかなどの反問は出来ませんでした。

どんな小さな事業を行うにしても、必ず財源というものが必要となります。反問権を認めるとわたしたち議員サイドも、入札に疑問や、無駄があると思う場合は、費用対効果や財源の根拠、代替を示しながら、議論する事となります。議員にとって今以上に事前に調査研究が必要となり、一般質問・委員会質疑の形が大きく変わる転換となります。丁々発止の議論を重ね、市民生活向上のための提案を続けます。———————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————–

「蜚鳥尽きて良弓蔵せられ、狡兎死して走狗煮らる」と予測した。
「飛んでいる鳥を射尽くしてしまうといい弓も蔵にしまわれ、獲物であるすばしこい兎が死んでしまうと猟犬は用がなくなり煮て食べられる」。
事が成ってしまうとそれまで役に立っていたものは必要なくなる。9月議会が、終了すれば、12月議会へのステージが始まります。

ぼ・ち・ぼ・ち

気怠い疲労感が残った朝となっています。昨日は、阿野区敬老文化芸能祭りが開催され、準備に本番に東奔西走、終了後には日進夢まつりに出かけました。

9月に入り、18名の議員による3日間の一般質問、2日間の決算特別委員会、3日にわたる各常任委員会が終了して、9月定例月議会も最終日を残すのみとなっていて、決算の討論や議会だよりへの原稿作りをします。

先週開催された中学校の体育大会(運動会に行くよ、と言ったら、違う体育祭です。と言われました)も雨で一日延期になったものの、翌日無事に開催できました。

昨日、一昨日と阿野公会堂において、ボーイスカウトの人たちが、子供たち(主として中央小学校児童)と一緒に宿泊を伴う防災訓練を開催しました。親と離れて子供たちが宿泊訓練というのは、豊明市では初めての試みです。

寝袋にくるまって、緊急食を温めて食べていました。一般質問でも問いましたが、災害はどの時間帯で発生するかわかりませんし、地域地域で災害頻度は違ってきますので、各地域ごとのハザードマップ・災害時要援護者名簿策定が必要です。

一般質問でおいて、大震災・ゲリラ豪雨に備えてという質問をした直後に、関東・東北で豪雨災害が発生しました。

一般質問登壇では下記の発言から始めました。

小浮市長におかれては、この暑い中、先週末の日本ど真ん中まつりでの、演舞の参加大変ご苦労様でした。これで、少しは市長の体重減の手助けに繋がったのではないかな、と思います。

いま、暑すぎる夏が過ぎようとしています。昔は、こんなに暑くはありませんでした。ヒートアイランド現象という言葉はなく、気温が37度、38度まで上がったという記憶がありません。

さて、毎年、9月には忘れてはならないことがあります。2004年99日、沓掛町で発生した母子放火殺人事件、未だに未解決のままです。

また15年前の2000912日には、当時100年に一度と言われた東海豪雨で豊明市、私の住む地域も河川の氾濫などで床下浸水、床上浸水という被害をこうむりました。

この事件、災害はわたしの政治原点であり、決して風化させてはならない、決して忘れてはならない、事件・課題です。このような事件、犯罪、災害に対応するには、町内会の加入率というものも影響してきます。加入率の低下は、しいては地域力の低下につながり、防災力、防犯力の低下にもつながる事になります。

 先般、新聞記事で、近隣の自治会(町内会)加入率が掲載されていました。瀬戸、長久手、尾張旭、日進、豊明で比較して、豊明市の自治会加入率がトップでした。

町内会というものは地域住民の自主的な活動ですが、犯罪対策や防犯対策には欠かすことができない組織です。一部の市民から見たら、地域活動は煩わしいと思うかも知れませんが、安心安全な街というものは地域全体で構築していくものだと思います。

 このまちの成長や人口を増やす政策とともに、町内会などに加入するような対策も講じなければ、大災害などが発生した時に、被害が拡大します。そこで、大災害やゲリラ豪雨に備えてについて を伺います。--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------————

ガラスマから、ガラケイとタブレットに変えて3週間、悪戦苦闘の日々が続いています。ブログ早再しろという声を頂いておりますが、ナカナカどおして、気ままな事を、好きな時に書くということが、いかに楽かということを実感しているこの頃です。しかし、貧乏性は治りませんので、来週あたりにパソコン購入する予定です。

すでに後援会会報の表面は出来上がりました。裏面は愛知県への予算要望書や阿野区防災運動会、本会議・委員会での市長・部課長からの反問権を掲載する予定ですので、10月末から11月初旬の発行となります。

 

 

注意!!豊明駅構内の屋根が一部崩落

休刊中の三浦桂司です。

台風がこの地方を直撃しています。今朝方,夜が空けてから阿野川の水位や皆瀬川の水位を見に行きました。実際の水位は土木課の水位計よりも水位が高く感じます。百聞は一見にしかずではありませんが、水位計では、水の流れの勢いが感じられません。

また、豊明駅の構内の屋根が雨漏りによる例年劣化において、一部崩れ落ちていますので、豊明駅をご利用の方は、ご注意願います。