避難所運営訓練(HUG)リハーサル

交通事故ゼロの日活動、また新たなパソコンで視察報告書を書いていると、さまざま用事が入り、また次男坊がまとわりついた一日を過ごしました。

昨晩、阿野ふれあい会館において、とよあけ防災ボラネットの人たちの指導のもと、2時間以上にわたり区の役員各位に対して11月18(日曜)に行われる阿野区自主防災訓練の避難所運営訓練(HUG)リハーサルが行われました。
阿野区では、今年の自主防災訓練に避難所運営訓練(HUG)を取り入れました。当区では自主防災組織や災害時要援護者名簿が策定されていますが、全く策定が進んでいない区や町内会などもあり、豊明市内でもかなり温度差が生じています。

全体的な底上げを図りたいのですが、よそ様の区や町内会に、ああだこうだと口出しするのはできませんので、私の住む区の自主防災組織や訓練方法、また大災害が発生した時の援護を必要とする人の災害時要援護者名簿の策定方法を発信していきたいと思います。

災害発生時には、お互いの役割をしっかり理解して協力関係がなければ乗り切ることはできません。机上の空論、空疎な美辞麗句に終わらせないための訓練を粘り強く、こつこつと進めていくしかありません。
下記参照

1 避難所HUG(地震版)の概要
日本は、世界有数の地震国であり、いつどこで大地震が発生しても不思議ではありません。大地震が発生した場合、家屋の倒壊や津波、火災、山・がけ崩れなどにより、被災した多くの人々が避難所での生活を強いられることになります。
もし、あなたが避難所の運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いのでしょうか。
避難所HUGは、大地震発生時の避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして平成19年に開発したもので、避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。
このゲームは、会議机3脚で1グループ分のスペースを作り、7人1組程度のグループを何組か作って行います。1人がカードの読み上げ係、残りの6人がプレイヤーとなります。
カードの他に必要な図面は、取扱説明書からコピーして準備します。付属のCDに入っているパワーポイントを使って30分ほどゲームの説明をした後、アイスブレイキングを行い、その後ゲームを1時間ほどかけて行い、その後30分程度まとめを行います。
プレイヤーは、このゲームを通して災害時要援護者への配慮をしながら部屋割りを考え、また炊き出し場や仮設トイレの配置などの生活空間の確保、視察や取材対応といった出来事に対して、思いのままに意見を出しあったり、話し合ったりしながらゲーム感覚で避難所の運営を学ぶことができます。
HUGは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味で、避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けました。
現在、静岡県作業所連合会が手作りで製作・販売しており、おかげさまで全国の自主防災組織、ボランティア、学生、行政職員、教員等に普及しつつあります。なお、静岡県では、新規採用職員研修や静岡県防災士養成講座の教材としても取り入れられています。

後援会便り発行へ

3日間にわたる行政視察を終えて、昨日子ども見守り隊の交通当番に立っていたところ、何か違和感がありました。朝は6年生が修学旅行で遅い登校日で分団にいませんでした。
その後、視察の準備や一般質問への聞き取りなどをこなし自宅に届いた会報8千部のうち4千部だけ新聞店に届けたところ午前中が過ぎて、午後からは議会報告会のリハ、セキュリティの防犯パトロールのあと、待望のパソコンが我が家に届きました。

このブログも、以前のようにもっと頻繁に書き込みや、写真を張り付けないと臨場感がないという指摘を受けていますが、当分はこのスタイルでいきたいと思います。

パソコンの調子が悪くなってから、携帯電話もガラケーとアイパッドに切り替えて、パソコン機能も様々な機能がついて、このスピードには私のようなアナログ人間にはとても使いこなせません。

残りの会報も明日の朝、新聞店に届ける予定です。後援会だよりには10月号と書きましたが、実際に発行するのは、11月2日月曜日です。

総務委員会行政視察中

昨日から、関東方面に総務委員会の行政視察に出かけています。
昨日は、飯能市でシティプロモーションについて、今日は稲敷市で人口減少対策についての勉強に伺います。
少しでも豊明市のために参考に出来るように勉強してまいります。

ほっと

旭化成建材がデータ改ざんしたマンション問題が全国的に広がっています。
豊明市においても、今年2月末に完成した中央小学校の校舎増築が、旭化成建材がくい打ちをしていたということを一昨日の議員全員協議会で知り「えっ」と一時戦慄が走りました。
教育部長の説明においては、「データ改ざんした工法ではなく、おそらく安心だ」、保護者へは念のため手紙を送ったとのことで、教育委員会が国土交通省や旭化成建材に問い合わせても詳しい内容を教えてくれない、情報がもらえず手詰まりの状態になっている。との説明でした。
その後、新聞にも書かれていたように、その後データ改善された物件ではないということでホットしました。
お隣の国の耐震の事を対岸の火事であると捉えていては、いけません。
公共施設は、震災などが発生した場合緊急避難場所に指定されています。そのような場所に手抜き工事が発生していては、笑い話になりません。
しかし、一般のわれわれから見れば、手抜き工事か否か外観からは見抜く事は出来ません。
金額を絞れば絞るほど、業者の人は利益を上げるために手を抜く可能性が出てきます。
安かろう、悪かろうではいけない、必要な所に必要なお金を投資しなければなりません。

人口減少社会、超高齢化時代を迎えて、格差社会、貧富の格差と嘆いていてるだけでは、前に進みません。女性の働きかた、障害を持った人への雇用の場の提供について、12月定例月議会一般質問を考えています。

今日は、市役所第2駐車場において軽トラ市が開催されます。

阿野区防災運動会開催

昨日は、議員6名で鈴木淳司経済産業副大臣就任のあいさつに経済産業省を訪れました。
鈴木副大臣と副大臣室において会話の後、昼食を共にして、酒井やすゆき参議院議員、藤川政人参議院議員室にも挨拶に伺いました。

本日は、10月18日に開催された阿野区防災運動会の模様がCCNETにおいて放映されています。運動会に防災を取り入れて6回目の運動会です。とよあけ防災ボラネット、藤田学園ボランティアの人も協力いただいて、さまざま思考をこらしての運動会です、CCNETに接続されておられる方は8回放映されていますので、是非ご覧ください。

生誕日

昨日は、58度目のハッピーバースday迎えました。親父が亡くなったのが、57歳10カ月なので、親父を追い抜く事が出来ました。
朝から交通事故ゼロの日の立ち番、子ども見守り隊の立ち番、愛知署への手続き、セキュリテイポリス愛知の防犯パトールといつもの生活でした。
また、三浦桂司後援会だよりの両面カラー印刷にかかります。何部印刷しようかと迷うわけですが、今回は主として福岡新聞、小島新聞店に7千部とあと手配りの1千部の8千部とします。

最近立て続けに、枯れ草火災、車両火災などが続いています。お気を付けください。


後援会だよりから(抜粋)
大災害やゲリラ豪雨に備えて、
Q、地震やゲリラ豪雨が発生するメカニズムは解明されつつあるが、どの時間帯で発生するかわからない。
夕方や夜間の防犯訓練を実施する予定はあるか

A、今年から平成33年まで防災訓練を策定しているが、昼間、夜間を決めていない。阿野区とボーイスカウトが小学生を対象に宿泊訓練をするので、参考にしたい。

Q、豊明市はベットタウンで、日中は男手が少なくなる。中学生との連携を深めて、災害発生時など、協力体制を整える検討をすべきではないか。

A、中学生にもお願いする必要がある。三崎小学校での防災訓練では、豊明中学の生徒がボランティアで手伝った。協力体制をどう構築するか、今後協議していきたい。

Q、広域災害が発生したときは、重機やダンプが必要である。市内の民間業者の所有数を把握しているか。

A、豊明市内にあるダンプ数や重機の、数などは把握していない。

Q、入札改革という名において金額だけを見て業者選定をした結果、豊明市内にはダンプ、重機が大幅に減少しているのが現状である。南海トラフ大地震など広域災害発生時に、ダンプや重機が少ないという事を、豊明市はどう捉えているのか。

A、建設業界とは防災協定を結んだが、リースやレンタルが増えて、重機等の所有数が減少している事は承知していて、確保を考えなくてはいけないと思っている

Q、職員や地域の消防団員、消防職員など自分の地域や家族が被災すれば、現場に駆けつけることが出来ない。
自分たちの地域は、自分たちで守るという基本を市民の人にいかに理解してもらうのか、また救助が来るまではどうすべきか。

A、発生直後は、基本的に自助、共助で、区や自主防災組織で対応していただく事と
なる

Q、それには、地域の防災リーダの育成が必要となる。育成方法をどのように考えているのか。

A、社会福祉協議会が、災害ボランテイアコーディネーテー養成講座を行っているので、そのような事を考えている。
学校統廃合について
Q、小学生の人数が、昭和56年の6,700人から、平成26年は3,700人に減少している。財政面と教育面から見て、適正だと考えているのか。

A、 (財政面)市長の方から、資産価値に見合った配置かどうか、総合教育会議で教育委員会に統廃合の是非を考えてほしいと提案があった。子どもの教育面という視点からも考えていく。
(教育面)文科省が新たに示した適正の規模は、12クラスから18クラスで、一学年2~3クラスが適正だと示された。いま唐竹小学校を中心に検討している。

Q、3校だった小学校が児童数増加とともに9校に増えた。民間なら児童数減少に伴い削減するが、学校は税金で賄われている。一方、社会保障費が毎年増加して財政を圧迫している。「当面学校統廃合はしない」という学校規模適正化委員会の結論を棚上げして議論するのか、批判を受けても施設統廃合をやりぬくという覚悟はあるのか。

A、学校規模適正化委員会で議論された当時と大きく変化している。そういう意味で今回は検討して
いる。
(市長)学校の教育内容を今以上に充実させたい30%の公共施設削減は絶対やりぬかねばならないし、生まれたばかりの子どもに、この豊明を継がせねばならない。トップがきちんと市民に説明して、トップの責任として、施設統廃合を進めていきたい。

この地方に甚大な被害をもたらした東海豪雨から15年が経過しました。また南海トラフ大震災は、いつ発生してもおかしくないと言われています。
そしてこの夏は、関東・東北地方で、何十年に一度と言われる集中豪雨に襲われて、大きな被害が発生しました。
教訓を減災として生かすには、地域での助け合いが必要となり、町内会の加入が影響してきます。
町内会は昔でいう里川や里山で、災害発生直後には、公助(行政)は期待できず、隣近所で助け合わねばなりません。

時間や手間がかかりますが、いざという事態に備えて各区・各町内でのハザードマップ作成や自主防災組織の強化、災害時要援護者名簿の策定をお願いします。

阿野区防災運動会開催

地域の運動会に、防災訓練や防災ゲームを取り入れるようになって6年目となりました。昨日 阿野ふれあい広場において、災害ボランティアの人たちの協力を得て、阿野区防災運動会が開催されました。
運動会に地域の中学生が実行委員として参加するようになって、14年が経過します。今年も準備段階から会議などに参加して、競技参加だけでなく、器具係、審判員など防災運動会を盛りあげてくれました。
また、CCNETも終日取材にして頂き、10月23日、阿野区防災運動会の模様は放映されます。
阿野区では、簡易担架救急搬送、土のう作り、煙体験、コロコロ大作戦、水消火器による消火訓練等々、本来防災訓練などで開催することを運動会に取り入れています。
運動会終了後には、グラウンドゴルフ同好会の人たちの協力により、ホールインワンコンテストと婦人会・青少年健全育成委員会・区役員等の人たちがトン汁炊き出し、非常食の五目御飯を会場にいる人たちで頬張りました。

以下、中学生の選手宣誓です。
9月に起きた台風18号による大雨の影響で、茨城県、宮城県などで、大規模な水害に見舞われました。このことを教訓に、区民全体で防災意識を高めることが大切です。
区民の方と触れ合う中で、思いやりの心、自立した心、社会的マナーを少しでも向上したいと考えています。
本日は正々堂々と戦うとともに、今後も区の行事や防災運動会に積極的に参加することを誓います。

運動会終了後、他地区の神社例大祭(餅投げ等)にお招きを頂いていたので出かけようと思ったのですが、二日間の疲れとともに阿野区だよりと三浦桂司後援会だよりの最終編成に取り掛かからないといけないので、丁寧にお断りをすることになりました

自家用車買い換え

昨日は、9年間寄りそってくれた愛車に掲載されている青色防犯パトロール登録(セキュリティポリス愛知)を車検証から外すために、愛知陸運局に出かけました。

 愛知署を通じて、愛知県警への青色防犯灯廃止手続き書が、2週間ほどののち一昨日届いたので、認定登録を外す手続きのためです。認定登録を外さないと所有権の移転や、廃車手続きが出来ません。

この手続きに、たっぷり2時間の時間を要し、往復を含め3時間半の時間を要しました。 この9年間の間に、3度の選挙があり、4月末の選挙も最後まで本当に頑張ってくれた愛車です。 もう一度くらい車検を受けようか迷ったのですが、エンジンの調子がおかしく、ノッキングや時にエンジンストップを起こすときもあって断念しました。

週明けの19日には、新しい車が納車されます。 その後に、セキュリティポリス愛知の青色回転灯装着の登録をやり直します。それには、制限外貨物積載設備の許可申請(スピーカー申請)のために愛知署交通課での登録のやり直し、同時に愛知署生活安全課において、青色防犯灯登録申請を愛知署を通じて、愛知県警に新規登録をする提出する手続きが待っています。その後に再び、愛知陸運局に出かけて車検証に青色防犯灯パトロールカーの登録をいたします。

スピーカーでの音だしのほうは、さほど時間がかかりませんが、青色防犯パトの登録に時間がかかります。その間青色防犯灯を廻さずにパトロールをいたします。

さて、今日は、明日開催される「阿野区防災運動会」の準備のために一日を費やしました。 夜は青少年健全育成推進委員会に出席してまいります。週末も、来週も何だかんだで結構忙しい日々が続きます。

 

愛知県への予算要望書

昨日、坂田けんじ県会議員を通じて、保守系議員8名で、愛知県に豊明市の予算要望を伝えにいってまいりました。この模様と、週末に開催される阿野区防災運動会の写真を、後援会だよりに貼り付けます。

 

伝統継承

一昨日は、中部保育園の運動会を早めに切り上げて、地域のお祭りでのお囃子の練り歩きを待機ののち、同年との飲み会でした。
スツチャンチャラスカチャラスカチャン、秋祭りに町内をにぎわすお囃子も年々参加する児童・生徒が減少しているのが気かがりですが、お祭りに祭囃子や山車が回らないと、やはり、祭りらしさを演出できません。


咋朝は、阿野八劒神社での秋の例大祭のため神社お払いに出かけました。例年ですと、早朝7時過ぎから、60歳の還暦、42歳の本厄年、25歳の厄年の人たちが、軽トラック等々に、奉納する餅や景品を積んで町内を練り歩いているのですが、あいにくの雨のため2時間ほどずらしての練り歩きとなったので、神社の例大祭(お払い)に出かけた後に、我が家に立ち寄ってくれたと家族が申していました。


午後から、阿野八劒神社での奉納餅投げに出かけました。朝方までの雨で、下がぬかるんでいましたので、汚れても良いジャージ姿での臨戦態勢で臨みましたが、取れたお餅は7個、そのうち子どもに5個取られたので、残りは2個という結果でした。
わたしも何やかんやで、あと2年後に還暦として阿野八劒神社に作る櫓の上で餅投げをする予定です。


神社での奉納餅投げ終了後に、知りあいの高校生が寄って来て「戦後の勉強をしている。阿野の戦没者慰霊碑の事を教えてほしい」と尋ねられました。その後、慰霊碑の前で「第2次世界大戦だけでなく、それ以外の戦争でご逝去された人たちの御霊が祭られているんだよ」と薄学ながら知っていることを教えました。
「どうして私に聞くの?」という問いに「ブログを見て、阿野の神社に慰霊碑があると書かれていたから」と言われ、ハッとしました。


日が暮れてから、大脇神社に出かけましたが、打ち上げに誘われていましたので、とんぼ返りで、二日続けての暴飲暴食で、腹回りは太くなるばかりです。
10月14日に出かける愛知県への予算要望書の作成、三浦桂司後援会だよりの作成、また地域に全戸配布する阿野区だよりの打ち合わせなど、ほぼ終わりました。
今日は、久しぶりに畑のイモ掘りと、耕運機を動かしてきます。
さて、表題ですが、正確な歴史や良い伝統は、苦しくとも未来に継承しなければなりません。