総論と各論に対して

昨日早朝より地域の防犯パトロールをしてから、大脇曹源寺の大根祭り、また大脇区の防災訓練を通り過ぎて、桜丘公園での軽トラ市、その後、大高で開催されている東海合戦ワールドに出かけてきました。

う~ん。写真が上手く張り付かないのが残念です。----------------------------------------------------------------------------------------------------------——————————————。

笑福亭鶴瓶氏は、先回の大阪府議選挙において自民もダメ、民主もダメ、と色がついていない候補を応援しようと、あの号泣議員に投票したとテレビで言っていました。

しかし、色のついていない候補だと思ったのが、一番変な色がついていたと懺悔の言葉を述べていました。

政治家として一番市民に接する機会の多い私たち市議会(町村議会)でさえも、地域によっては、市会議員って何してるの?別にいなくてもいいじゃん」という声が聞こえてきます。

全国市議会議長会の震災復興のパネルディスカッションにおいて、陸前高田市の予算についての報告がありました。東日本大震災が発生する前の陸前高田市の一般会計は、113億円でしたが、27年度当初予算では、国庫補助も加わって1195億円と10倍近くの予算となっています。

いきなり予算を10倍に増やしても、震災復興の地域住民との対応に目いっぱいで、予算補助に伴う人材も増やさねば、どこに何を、どうやって有効的に使えば良いのかわかりません。

豊明市議会も4階だけでの議論(議会内)だけでは、多くの市民には見えません。「そこを説明するのが議員の役目」と言われますが、初めから自分の意見が正しいと考えている人には、正論が通用しない時があります。

しかし、総論で正論を述べられる人も、自分の住む地域の施設などが廃止されたりすれば、費用対効果を考えずに反対意見を主張されるのが現実です。少子高齢化という現実と理想の狭間で考え、苦しむのが現状です。

この部分に対して今後、大変な時間労力が必要となりますが、粘り強く続けねばならない重要な課題です。

信号機すらも

老朽化、財源不足による信号機制御機の老朽化の記事を目にしました。いま高度成長期以降に作られたモノの更新時期を迎えています。

高度成長時代を知っている世代は、縮小・削減政策を打ち出すと、最近は夢がない、私の時代は、という声をよく耳にします。

戦後の高齢者が少ない一億総中流と言われた高度成長時代と、社会保障費用を支えるために汲々としている今の時代では、同じ発想では日本や豊明市は生き残ってはいけません。

議会報告会において豊明市はお金がないとばかり言われる。という意見がありましたが、豊明市はお金がないのではなく、一般会計・特別会計を合わせて年間330億円を使っています。しかし、社会保障費(医療費・介護費)や40年前に作った施設の維持費用にお金が必要で、自由に使えるお金が少ないというのが、正しい表現です。

小さな事業をするにも財源(お金)が必要となります。どこの事業を廃止して、どの部分に事業を集中させるのか、集中と選択をしなければならない時代です。

選択を行えば、既得権益の得ている人からは、猛烈な反発が来ることでしょう。

と同時に、まちを活性化して成長率を上げ、少しでも税収を上げる政策を打つ。ゆるやかな成長。これしかないと思います。

以下参照

信号の色を変える「制御機」の約2割にあたる4万基超が更新時期を過ぎていることが、警察庁への取材でわかった。このままのペースで更新すると10年以内に3割を超える見通し。警察庁は、故障すると事故につながる恐れがあるとして、2020年度までに重点的に更新するよう都道府県警に指示した

2015、12月定例月議会開催

本日より、12月定例月議会が開催されます。

議員は政策の細かな部分において、数字的・理論的に長年職員で経験を積んでいる部課長に対して、劣っている部分があります。

しかし、スター選手が揃っているプロ野球選手に対して、高校野球が感動を生むのは、愚直に、まっすぐに挑む姿だと思います。

理想論だけでは、現実に困っている社会的弱者の人を救うことはできません。それには財源が必要となります。毎年増え続ける社会保障費と悪戦苦闘しながらも、少子化対策、教育対策の財源の捻出も同時に進めねばなりません。

 華やかでもなくても、泥臭く日々見守り活動を続けています。本日は中央小学校において、児童と見守り隊の人との一年に一回の給食会食、ふれあい給食が開催されますが、残念ながら出席できません。

日常の心得

議員は恥をかいて、批判されるものである。というのが私の中の基本です。

選挙を含めて、恥ずかしい思いをしたくなかったら、理不尽な事で攻撃・批判される事が嫌な人は、議員には向いていません。

人間には、時間的不整合性(時間が経過することで価値観が変わってしまい、行動との整合性がなくなること)と言うものを持ち合わせている生きものです。

当初はそう感じていても、時間が経過するごとに徐々に価値観が違ってくる現象です。

子ども見守り隊が終わって,一旦自宅に帰ってきた時間帯に、ふとその様なことを感じました。

明日から12月定例月議会が始まります。まずは一般質問の準備に追われています。

反問権の行使は

日本創成会議が、昨年度打ち出した25年後に、現在の都市が大幅に減少するというショッキングなデータを示しました。
来年3月末までに、5年間の人口減対策の数値目標を盛り込む『地方総合戦略』の策定を10月末までに前倒しした自治体には交付金を上乗せするニンジンをぶら下げました。視察においても東京近郊都市ですら消滅都市となる可能性があるとの試算が示されています。 

日本全体の人口減が進む中、東京圏に一極集中する構図は簡単に収まりません。 個性を打ち出して、勝ち抜ける自治体がある一方、多くは消滅自治体となるということなのか?
わがまちが、衰退の一路をたどらないために、何をすべきか試行錯誤です。手をこまねいて何もせずにいれば、座して死を待つ結果になります。
しかし、護送船団方式の限界は理解していても、自分の地域の施設が無くなると反発が起きて舵取りが難しい現実が待ち構えています。

12月議会では、一般質問等々で市役所サイドから反問権を認めることとしました。丁々発止の議論となるのか、事業予算をどのように捻出するかで逆に突っ込まれてたじろいでしまうのか、は反問権の行使の行方はわかりません。質問事項も一問一問、反問されてもいいように組み立てなければなりません。

 

 

 

阿野区自主防災訓練開催

本日、阿野ふれあい会館において、午前中阿野区自主防災訓練が開催されました。

3連休の中日の日曜日の午前9時という時間帯にも関わらず、役員さん(区役員・婦人会・豊明市防災ボラネット)の努力の元、総勢150名の参加者により開催しました。

今年度はHUG(避難所運営ゲーム)を取り入れて、参加してくださった皆さんは災害発生時に避難所に来た人に対しての場所割り、食事配分、乳幼児の対策、災害尺者の人へのケアなど、縷々発生するであろうという課題に対して、喧々諤々の議論をされました。

ゲリラ豪雨や東南海地震は、いつ、どのタイミングで発生するかわかりませんし、広域災害の場合、発生直後は行政(国・県・市)は情報が錯綜して混乱に陥いることが、福島の全国市議会議長会でも発表されていました。

人間、自分は大丈夫だろうという。という考えになりがちですが、ひとりでも多くの区民の人に自然の驚異に対する備えを身に着け、考える機会を提案していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015、12月一般質問通告書提出

昨晩視察から帰ってきました。報告書が出来たらまたアップ致します。

今朝は交通事故ゼロの日です。立ち番活動に行ってまいります。

①障がい者の雇用支援について

障害者雇用促進法改正によって、企業に課せられている法定雇用率が18%から2%に引き上げられている。今年4月から雇用数の不足に応じて納付金支払い義務が生じる企業の規模が、常時雇用している労働者数が100人を超え200人以下の中小企業事業者となり、範囲が拡大された。当市には、50人以上の雇用のある企業は限られるが、近隣市町には自動車産業などがあり障がい者雇用に苦慮している。

また、ハローワークを通じた障がい者の就職件数が4年連続で過去最高を更新して、精神障がい者の就職件数が、身体障害者の就職件数を初めて上回った。

 一方、障がい者雇用が逼迫している部分があるので、何か手かがりにならないか、農園で障がい者雇用の手助けをしている千葉県市原市の障がい者就職塾エスプールプラスに視察に出かけた。市の障がい者雇用の現状、また新たな障がい者雇用についての支援制度について伺う。

 

障がい者の法定雇用率

  従来 254月以降
民間企業 1,8% 2,0%
地方公共団体 2,1% 2,3%
教育委員会 2,0% 2,2%

 ②医療費・介護費抑制対策、認知症徘徊対策について

2013年度には、全国的医療費が40兆円を超えた。人口形態からも、今後数十年は前期高齢者、後期高齢者が増え続け当市においても毎年国民健康保険などが増え続け財政を圧迫している。

人は年を重ねるごとに医療機関にお世話になり、高齢化社会では認知症患者も増加することとなり、その結果医療費等が伸び続けることとなる。

1、国民健康保険と後期高齢者加入者の一人当たりの医療費は。(本人負担分、保険負担分合算の若年層、一般、65歳以上)

2、医療機関に頼らない健康促進対策について。 

3、認知症対策について

③ 女性管理職推進について                           国は少子高齢化による労働力不足、適材適所という観点から、女性活躍推進法を828日に成立させた。近隣では、長久手市では、女性職員が組織の横断的な女性メンバーで「女性職員活躍促進プロジェクト」を立ち上げ、女性職員の定着と活躍、すべての職員の職場環境の改善につながるとの考えのもと、やりがいをもって楽しく働くことができる環境や意識向上のための施策を提言した。

1、男女の採用比率、勤続年数の比、時間外の状況、管理職比率は。 

2、女性管理職の比率を上げる考えは 

3、豊明市のワークライフバランスの考えは

行政視察(千葉県市原、障がい者を農園で雇用)

今朝は、千葉県市原市で朝を迎えました。昨日は、会派視察において、障害者を農園で雇用する手助けをしているエスプールプラスで、座がくと農園の現地視察をしました。様々な壁はありますが、豊明市でも可能かどうか?一般質問を致します。

http://support.spool.co.jp/

今日は、福島で全国議長会フォーラムに参加してきます。

イベント重複

週末土曜日は、依頼のあった防犯パトロール、夜には文化会館において第3回豊明市議会主催で議会報告会が開催されました。

藤田学園ビックバンド、トワイライトスターズ、ジョイントイズ、ワナビーズの定期演奏会と重なり駐車場が一杯で、開催には、その会場などで同時開催されているイベントも考えなければならないなと反省点です。

内容については、HPや議会だより2月号において掲載する予定です。また、多くの市民の方に参加いただき活発な意見交換ができました。

昨日は、午後より文化会館において防災講演会、同時刻にギャラリーにおいて国際交流協会のイベントが開催されました。

議会報告会

防災講演会

国際交流協会

本日は午後より、豊ヶ丘学園生徒のスポーツ交流があります。

 

 

 

 

第3回 豊明市議会 議会報告会

昨日は、議会運営委員会ののち、豊明市議会改革推進協議会の分科会で、政務活動費についての改正・使途について議論しました。

過去の政策を悪しき慣行と言い切るのは簡単ですが、対案なき議論は机上の空論となります。何のための議会改革か、少子高齢化社会において、税収を上げるための政策を打つ。社会的弱い立場の人を守るための政策の攻めと守りのバランスが重要です。

今日は、ある事情で朝からパトロールの依頼があり、相当時間走りました。

夜は、第3回豊明市議会 議会報告会が文化会館ギャラリーにおいて開催されます。あいにくの天候ですが、お時間のある方は是非とも会場まで足をお運びください。