困らなければ知恵など出ない。その気がなければ変わらない。

平成28年度予算は、小浮市長なって、はじめての本格予算で、小浮色が出た予算編成である。

選挙で選ばれてきた私たちは、評論家、市の追認機関になってはいけない。特別会計を含め、豊明市民の生活に必要不可欠な343億強という予算を、市長を初め職員から提案され、それを審議する作業が重要な役割。
行政は、市民の人たちから、広く、薄く、税という形でお金をお預かりして、そのお金を医療・介護・教育・子育てなど、自分の努力だけでは、どうしようも出来ない人に対して、より手厚く、再分配することが仕事。
豊明市が行う事業や施設には、それを利用する市民がいて、費用対効果だけでは図れない部分も含まれる。
一方、老朽化して非効率な施設を廃止して、生産性のある施設・行政機関に置き換えなければ、財政が維持できず、豊明市の将来に未来はない。
しかし、
縮小をどうすべきかという議論は、今までだれも経験したことがない領域となり、利用している市民の人からは、時として不満の声が出るだろう。

少子高齢化に伴う、毎年増え続ける扶助費の対応は、全国どこの自治体も苦慮、しかしお金がないと嘆いてばかりではいけない。
まちへの希望を高め、持続可能なまちを構築しなければならない。

豊明や日本は、私たちの世代で終わるわけではない。
私たちは今の時代を一時期借りているだけで、資源を使い切ってもいけないし、環境を悪化させてもいけない。その上で、人口増加策、地域産業活性化という攻めの政策

・豊明市というまちをどういう方向に導いていくのか、公共施設の統廃合についての考え(方向性も含め)

・ふるさと応援寄付金で、市内の農産物など、とよあけブランドを全国アピールしいる。ふるさとチョイスの現状、また28年度見通し。

・7月の参議院選挙より、選挙権が18歳以上に引き下げられた。18歳への選挙啓発活動について、市としてどのように考えているのか。

・高齢者世帯への一人で暮らす人への安心確保のため、地域での見守り活動の充実をどのように進めていくのか。各区・各町内で進んでいない、災害時要援護者名簿、今は、手上げ方式だが、手を上げていない人に対する啓発、災害発生時に、援護を必要とする人への対応をどうすべきか

 ・桜丘・沓掛線の工事が進んでいる。進ちょく状況、開通後の交通網は、ひまわりバスの路線見直しか、デマンド交通への移行か、また前後駅を核とした実行委員会方式によるイベントを今年度どのように開催していくのか。

・昨年、小規模企業振興基本条例が、全国トップの速さで制定された。条例を生かして、市内の小規模企業者を活性化していくのか。

・空家対策、同居リフォーム、親との近居を後押しと予算化されたが、その具現策について

・AEDのコンビニ設置は、26年6月議会で、コンビニに設置していただけないか」と質問、当時の小浮副市長から当事者であるコンビニの了解や打ち合わせがあり、コンビ二サイドとの協議を始め設置したい」との回答27年度に予算化されると思ったが、今年度、設置の予算が計上された。対象となるコンビニは。

・大学入学支援制度の給付型については、一昨年、多くの時間を費やして議論を重ねた。インターン制度の強要など、先回との違い、どのような人に対して給付するのかを含めて、その違い。

・スクールソーシャルワーカーの増員が予算化されている。どこに配置するのか、今後も増員する予定か

・どのように地域在宅医療、地域包括ケアを進めていく予定か。

 

日曜議会開催

今日は初めての日曜議会で2番手で質問に立ちます。

理詰めに理路整然と、と思うのですが、どうしても、感情に流されるのが、わたしの特徴です。

学生時代は、予習復習など一切しなかったのですが、社会に出て、仕事をするようになってからは、「その場の感情」だけでは通用しないという事が痛切にわかりました。準備万端と行きたいところですが、ナカナカどうして、追い込まれないと進みません。

代表質問に先立つて、議場コンサートが開催されます。わたしは二番手として質問いたします。午前中か、午後一番か、微妙なところです。質問内容は、施政方針、28年度予算から

・施設統廃合を含めて豊明市をどのようなまちにしたいか

・ふるさと応援寄付金の見通し

18歳以上の高校生への選挙啓発をどうすべきか

・一人暮らしの人への地域での見守り活動の充実は

・市内の災害時要援護者名簿の策定状況は

・桜丘沓掛線開通後は

・前後駅を核とした実行委員会方式によるイベントについて

・小規模企業基本条例制定に伴うニーズ調査は

AEDを市内コンビニに配置

・大学入学支援制度(給付型、貸付型)の選定方法

・スクールソーシャルワーカーの増員配置はどこに

・地域在宅医療、地域包括ケアを進めるにあたり

むつみ保育園生活発表会へ

今朝は、友人と約束していたので久しぶりにモーニングに出かけてきました。

昨日は、明日の日曜議会の代表質問、あさっての個人一般質問への対応に追われていました。質問前の午前9時より4階議場において、はじめての議場コンサートを執り行います。
時間がある方はぜひお越しください。

ちなみに、私が住む阿野区では、明日と来週の日曜日、立ち上がり消火栓の訓練を東・西・南町内会で第4消防団・消防署の協力を得て、時間を移動しながら順番に開催します。実際に水出しをして、地域の方に立ち上がり消火栓の使用方法を学んでいただくのが趣旨です。AEDも同様ですが、ハコモノがあるのは知っていても、利用方法を知らないと、宝の持ち腐れとなります。

代表質問は、調査すればするほど、60分という時間が足りなくなります。
答弁によっては、端折らないといけない質問事項も出てきます。
う~ん。時間配分が難しいと見ろですが、グダグダになつてもいけませんので、今日も調整します。

今日は、むつみ保育園の生活発表会のお招きを頂いておりますので、出かけてまいります。

坪野経済建設部長 副市長への賛成討論

昨日から、3月定例月議会が始まりました。まだ2月25日ですが3月議会です。議案第10号「副市長の選任について」現在軽座主建設部長を務めておられる坪野順司氏が副市長になることへの賛成討論をしました。
坪野順司氏は、経歴にありますように、市役所入庁以来、ほぼ建設畑を歩んでこられました。その間、前後駅前再開発の完成に寄与したことや、桜丘沓掛線の開通に向けて、全力で進めておられます。
ほかにも多くの実績があり、このたびの副市長の選任は、今までの実績などを鑑みれば、自然の流れだったのだと思います。

副市長というのは、市長と議会のパイプ役という役割も担っています。
副市長不在のこの一年は、市長自ら議会へ出向き説明責任を果たしていました。

これからは市長はトップセールスに徹していただき、副市長が事務方をまとめるという本来の姿で、調整役として任務を遂行して頂きたいと思います。

やれない理由を探すのではなく、どうしたら我が町豊明が住みやすく発展できるかを考えましょう。
また、万が一にも、市長が間違った方向へ進もうとしたら、体を張ってでも、止めるのも、副市長の役割です。

建設畑出身で、財政や福祉など不慣れな仕事もあろうかと思いますが、今までの経験を生かして、今以上に多くの職員から信頼を得て、
豊明市発展のため、全力を尽くして頂けると思い、賛成討論といたします。

命日

親父が死んで25年という月日が経過しました。その後に娘が生まれ、娘と親父との接点は、生前の写真に語り掛ける程度しかありません。

当時、何時一才だつた息子や、まだ生まれていなかった娘も何とか成人して働いています。

わたし自身は、親父が亡くなった年より長生きしています。今日は命日です。お墓に行って、掃除をして、花を新しくしてきます。

25年、遅いようであっという間の出来事です。

はや、3月定例月議会へ

12月議会が過ぎて、年末年始の暴飲暴食が過ぎたと思ったら、はや3月定例月議会が目前に迫っています。

昨晩、前豊明市消防団長の稲垣信彦氏の叙勲祝賀会が盛大に開催され、お招きをいただきましたので、出かけてきました。

37年間の消防団活動に対しての受章ですが、個人での受賞ではない。豊明市消防団全員への受章であるとの挨拶されたのが印象に残りました。還暦を過ぎたばかりで、まだまだお若い。今後も消防活動などに対して、ご指導いただけると思います。

市長、県会、国会議員を初め、地元区長さん、消防団員各位元職員OBさんなど多く参加され、話が盛り上がりました。

25日から2月定例月議会が開催されます。まずは代表質問、一般質問に向けての準備を進めています。

 

ダイバーシティマネジメント

28日の日曜議会への代表質問への通告書は提出しましたが、一つずつの課題に対してかみ砕いている最中です。
どの質問事項も、これだ。という回答をもらえるか遠いものがあります。言いっぱなしではなく、セカンドベストの回答をしてしまうような問いかけをしなければなりません。

反問権に関しても、今後は明確に答えることとします。先回は女性管理職をどうしたいかという反問がありました。腹の中では「副市長、教育長を女性活用する。しかも国や県から優秀な人をお願いする」と回答しようと思ったのですが、一瞬、まずいかなぁ~」と感じてグダグダの回答をしていました。

反問について、ととどのつまりは財源に行き着きます。今後、財源についての反問があれば、単純明確に自分の考えを主張します。
縮小だけでは夢のないまちになります。ダイバーシティマネジメント、壁のないまち豊明へ、全力で取り組む3月になります。

今日は、前豊明市消防団長の稲垣氏の叙勲祝賀会が開催されお招きをいただきましたので、出かけてまいります。

国や県への陳情

今日は雨の一日となりそうです。この3月議会は、代表質問、一般質問、予算委員会といつにもまして、頭が混乱しそうな議会となりそうです。出来ることから、まずは、28日の代表質問、29日の個人一般質問に向けての質問の集中となります。

国や県は、陳情に行かなければ、「その市町は事足りたいる」と判断して予算を付けることは、まずありません。

豊明市議会としても、昨年の10月に、私たちの保守系会派ひまわり、みどりの風、創生のメンバー8名で、愛知県まで出向いて、坂田県議、自民党県議団の原幹事長を通じて、愛知県に対して縷々補助金などの陳情に出向いてきました。

豊明市の予算は、特別会計を合わせて340億円ありますが、ほとんどが行く先が決定している固定費(義務的経費)です。豊明市独自の政策を打ち出すための新たな費用(投資的経費)は340億のうち、数億しかありません。

豊明市は全国的に見て、けっして貧乏と言われる自治体ではありませんが、近隣市町に全国トップレベルのお金持ちの自治体と比較されると見劣りするのは否めません。

貧乏でないから今のままで良いなどと思っていません。今後、政策や新たな形の企業誘致を打ち出していきます。

補助金を頂きに頭を下げに行くことや交付金などを確保に行くことが、恥ずかしいと思い人は議員や職員の幹部になってはいけません。市民生活向上のために、お願いに伺うわけで何ら恥ずかしい行為ではなく、これからも堂々と陳情に出かける予定です。

 

あれも、これも

次男坊の朝の散歩、普段はは嫁さんと出かけるのですが、今週は体調がすぐれないようで、朝の見守り前後に私が出かけています。玄関の入り口に待ち構えています。

代表質問通告書を提出しましたが、あれも、これも、と書いていると時間配分をどうしたらいいか、精査しなければなりません。

下記事項も質問に加えたかったのですが、回答だけで終わってしまうので、今回は省きました。

・放課後児童健全育成事業、業務委託

・保育事業、東部保育園での特別支援クラスの保育事業

・病後児保育事業

・空家対策、同居リフォーム、親との近居を後押し