政治の基本(2017,3月一般質問壇上にて)

政治の基本は、社会的弱者の人の救済です。

臨時財政対策債と財政調整基金、地方交付税、将来への財政負担率などについて、豊明市の考えを質問しました。-----------------------------------------------------------------------------------------------------

豊明市議会では臨時財政対策債や財政調整基金について、赤字債だ、積み立てすぎだという議論があるので、議員勉強会でのテンプレートに豊明市の数字を当て込んでパネルを作成して、一般質問をしました。

自動代替テキストはありません。

臨時財政対策債などの発行を懸念している質疑が、最近多く見受けられます。最もらしく、財政指摘をしていますが、論理が矛盾しているんではないかと、私は感じています。

臨財債は一番有利な起債だと思っています。当市においても税収が伸び悩むなか、扶助費が増大して、ほかに財源を見つけられないのに、「市の借金が増えている、将来世代への負担の先送りだ」などと不安を煽るだけではいけません。

赤字国債、建設国債などを含めて、借金は少ないことだけが正しいという理論は、間違っていると考えています。借金は無いにこしたことはありませんが、借金には良い借金と、そうでない借金があります。

無理のない住宅ローンを組んで住宅を建てる。自家用車を購入するという借金は、多くの波及効果を及ぼして、経済が活性化、しいては経済成長に繋がります。一方、生活が崩壊するようなギャンブルや遊興費(ゆうきょうひ)のために使う借金は、悪い借金です。

1750兆円以上の家計資産残高があるという国が、借金をして数字上の財政が悪化するのは、収支バランスが悪いという話でしかなく、デメリットの部分を、深く議論しなければなりません。

確かに2025年には、団塊の世代が75歳の後期高齢者となり、医療費などの増大で、数字的には更に悪化します。現在の社会保障制度の維持しようとすると財政健全化は遠のきます。

「財政悪化すること、そのものが問題だ」「借金があること自体が問題であるとの」感情論は、ロジックのない思い込みでしかないと思っています。問題は、一部の高齢者に資産が集まりすぎていて、お金、金融資産(財産)が有っても将来不安から貯蓄に回っている構造です。

片や地方財政は、従来の箱モノの修繕、少子超高齢化社会のため社会保障費・扶助費の増大で、新規事業にまわすお金が限られています

一方、地方債などの債権は、家庭の借金とは違うということ

上限である予算と事業執行の結果である決算の分別(ぶんべつ)無く節約することだけが、最優先するのは、政治の基本ではありません。

政治が上手く機能せずに、市税だけで予算組みをしてほしいと指示すれば、行政サイドは起債を起こしてまで予算を組みませんしかし、それでは、間違いなく市民サービスが低下して、その結果切り捨てられてしまうのは、一番弱いところ、つまり社会的弱者の人にしわ寄せが行くのは間違いありません。

政治というものは理屈だけでは進むものではありません時に浪花節、時に世論情勢に左右されながら行っていくのが、政治です。

財政健全化、プライマリーバランスの黒字化目標にしている政府は会保障費の抑制に手いっぱいで、地方交付税を増やすことが困難になっています。

国債発行抑制のため発行しているのが、臨時財政対策債です。結果として、財政と言う国家の基軸が、懸念を示す材料なってしまっています。

市の財政健全化というのは、国の財政健全化なしでは進みません。しかし、国家予算の大部分は、地方で執行している市民の生活に充てるためのコストとなっています。

では、国の財政健全化のために、国から、財政力の弱い地方・地域へ地方交付税や補助金を抑えられて良いのかという問題があります。かつて、豊明市に対して、数字マジックで財政力指数を1,0に引き上げられ、地方交付税が交付されない時がありました。勝手な、財政判断をしていれば良いというわけにはいきません。

だれのための予算なのか、それは国民・市民のための政府、市政でなければなりません。豊明市だけの保護主義を唱えていては、豊明市の発展はありません。

少子・高齢化時代を迎えて、扶助費の増大を乗り切るには、デフレ経済では絶対乗り切れないということが、バブル崩壊後、身にしみてわかりました。

今の時代を乗り切るには、ゆるやかな経済成長、これしかないと思っています。

本日の質問事項は

臨時財政対策債についての豊明市として定義、位置づけについてお伺いします。また、財政調整基金についても、特定積立基金の少ない豊明市では大災害などの非常事態に備えて、また、施設統廃合をしていくうえで、資金が必要となります財調は、より多く備えなければならないと、私は考えています。

万一の事態に備えて財政調整基金の積み立ては30億程度で良いのか、また、地方交付税と臨時財政対策債の関連について、将来負担比率について、当局の見解を伺います。

南海トラフ大地震に備えて(阿野区災害時等要援護者救出会議を終えて)から伺います。

今年1月15日に、わたしの地元阿野区では、大災害発生時に地域の人の力で、災害弱者の人を、誰がどのように救助に行くのか、という訓練やAEDの講習も兼ねた災害時等要援護者救出支援会議を開催しました。

今まで●南海トラフ地震が来る前に、木造住宅の耐震化を進めなければならない。セカンドベストとして、耐震ベットや耐震シェルターがあれば、Is値が、一以下の耐震性が弱い住宅でも、命を救うことが出来る可能性が広がる。

●南海トラフ沖地震が来たら、どの地域でも、何軒か、家屋が倒れる・家屋火災などを覚悟しなければなりません。

●そんな中でも、倒壊家屋などから人を救い出さないといけない。

地震は東京から九州まで広域に被害を受けると想定されるで、ライフラインや、自衛隊などの救助は当分復旧できないと覚悟して、水や食料など、自分で自分の身を守らないといけません。今まで、この部分について、様々な角度から質問を続けてきました。

視察で訪れた、熊本県益城町議長さんも、近隣との付き合いが希薄になってきている、地域では災害から身を守ることは難しいですと、言われていました。だからこそ、地域防災が、とても大切ですとも言っておられました。

阪神淡路大震災の統計では、救助の主体の77%が近隣住民で、生き埋めや閉じ込められた際の救助主体の95,5%が、自力35%、家族が32%、友人隣人が28%となっていて、通行人が、2,6%、救助隊が1,7%、その他が0,9%と、家族・地域の人の力が圧倒的でした。

いつ、どの時間帯に、どこで、発生するか、分からない大災害に対して、地域としてどのように対処しなければならないか、お聞きします。

・総論で理解しても災害時援護者救出名簿・支援会議が進まない理由

・自助・共助の市民の災害への意識向上に向けて、地域防災に対してどのような対策を講じているのか

・一時避難所、広域避難所福祉避難所への誘導看板設置について

・区長制度を引いている当市において、議員と区長(町内会長)などの役割分担について、どのように考えているか

・今後も、他府県市との防災協定などを進めていくのか、また各地域との連携をどう深めていくのか

・豊明市民の食糧備蓄率を把握しているか

本日、個人一般質問です。

昨日、日曜議会を開催したので、今日は火曜日のような感覚です。

今日は個人一般質問を致します。時間は午後3時前後かな??

臨時財政対策債について、A1パネルを用意しました。財政用語が出てきますので、なるべく理解して頂くよう心がけますが。

自動代替テキストはありません。

本日、日曜議会

昨日、地元むつみ保育園4歳5歳児の生活発表会にお招きいただきました。
市長・議長も来てくださり挨拶して頂きました。

5歳児ピーターパンの劇は何と一時間、私の頭では到底覚えきれないセリフを、園児たちは堂々と演じていました。記憶力・成長力は驚かされます。

画像に含まれている可能性があるもの:10人、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:2人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:5人、靴、室内

午後から、明日からはじまる代表質問、一般質問の最終精査のため、2時間半ほど勉強。

その後、文化会館へ出かけました。小ホール・大ホールでそれぞれイベントをしていました。

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

微動だにせず

10年前の選挙時のリーフレットに書いた言葉です。

みうらけいじは、民間の感覚でこの街を変えていきたいと思います。

今の豊明には主だった基幹産業がなく財源不足が生じています。NPOボランティ活動など多額のお金をかけずとも出来ることがあります。それには皆さんで協力し合う「地域力」「互助」「共助」が必要となります。「困った時はお互い様」という気持ちが希薄になっている現在、互いに助け合う気持ちこそが重要だと、みうらは考え、行動しています。

最近の豊明ニュースでは暗い事件、汚職・犯罪が目立ち、市民の中からも「豊明は怖い街になった」という声も聞かれます。コツコツと頑張っている人が報われる、社会的、身体的立場の弱い人が虐げられないような街にするために立ち上がりました。

子ども達の声が聞こえる街、人情のキビある街づくりをします

みうらけいじ後援会事務所 豊明市阿野町出口18-3 

エスプールプラス第二期工事へ

昨日から3月定例月議会が始まりました。市長の施政方針説明から始まり一般会計や特別会計の説明のあと、建設消防委員会が開催されました。

建設消防委員会では、若王子に浮かぶ水上太陽光発電の設計に大きな瑕疵があったため工事の変更を余儀なくされ、工事を変更するための議案が提出されました。

変更内容での機械類などの説明では、何がどうなって、アンペアがどう、何とかスケがどう、説明を聞いても専門家しか分からない言葉が続きました。

結局、設計ミスで3450万円の追加工事となった。当初の見積内で収まったので影響は少ないとのことでしたが、特別会計へ市民の税金がつぎ込まれるので、腑に落ちない画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、水部分は残りました。

 

—————————————————————————————–

勅使の知的障がい者雇用のハウス農園「エスプールプラスあいち豊明ファーム」第2期工事に入りました。

完成すれば新たに30名、知的障がいを持つ人が企業の従業員として働くことが出来ます。(愛知県最低賃金が保障・約11万+障がい者年金)

画像に含まれている可能性があるもの:空、家、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、空、橋、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外

平成29年3月定例月議会&行政視察報告、鹿児島

久々の雨の見守りとなりました。大蔵池公園の水位を見て、そういえば最近 雨が降っていないよなと思いました。

水道をひねれば水が出てくるので、渇水と無縁と感じるようになってはいけません。

本日より、3月定例月議会が始まります。

———————————————————————————-

行政視察報告(誤字脱字あり、厚生施設のだぶり)

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

 

 

 

視察報告書、長崎編

今朝の見守りの時に、晴天にもかかわらず雪がチラホラしだしました。さて、23日から開催される3月議会モードです。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト、室内少し遅れましたが、行政視察報告書が完成しました。まずは、長崎編です。

 

 

ゼロの日でしたが。

今朝は地域の交通事故ゼロの日活動だと思いきや、違っていました。カレンダーをよく見ないといけません。

土曜日の夜は、地域の青少年健全育成推進委員会で、3月に開催する「餅つき大会」の打合せ。自宅に帰ったら、通販で購入したアルミブリッジが届いていました。

耕運機やチェンソー、草刈り機などの機械類は、修理が必要なので地元の農機具屋さんで購入しましたが、アルミブリッジはネット購入でした。
耕運機も春先に向けて、ちょっとずつ動かしました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
画像に含まれている可能性があるもの:バイク、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:屋外
点検のあと大蔵池公園へお散歩に。ここは、一時間以上散歩しても帰ろうとしないぐらい次男坊のお気に入りのコースです。
しかし、以前から水位が気にかかります。
画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、屋外、自然、水
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外

行政視察報告書作成(長崎・益城町・鹿児島)

昨日は、禁酒という事でパソコンの前に8時間ほど座っていました。

1月末に視察研修に訪れた、長崎市 長崎市役所内・地域おこし協力隊について・熊本県益城町災害時における議員役割&現地視察、鹿児島市すこやか子育て交流館りぼんかんの行政視察報告書をまとめました。

視察は遊びだと言われる人が居ますが、熊本地震の震源地の熊本県益城町などの対応などは、実際に体験した人しかわからない経験談を聞かせて頂くのも大切です。

被災地から離れて住んでいる人から見ると、現状・課題は見にくいものです。

画像に含まれている可能性があるもの:画面
自動代替テキストはありません。

A4 8ページありますが、写真も入っているので、実質5ページ程度ですか。益城町での視察は3月の一般質問にも活用いたします。誤字脱字の精査をした後に、アップします。

通販で購入したアルミブリッジが届きましたので、早速試してみます。