少しつらい朝

夜中に強く雨が降りました。今朝は少しつらい朝を迎えましたが、やっとこさ起きると町内をぐるっとひと回り。

今朝は、715分から交通事故ゼロ活動。雨も最初は小康状態でしたが、途中から本降りになって、傘を持たずに来られた役員さんは雨にたたられました

昨日は、午前中畑の草刈りに汗を流しました。午後から白黒防犯パトカーで防犯パトロールの途中、エスプールプラスあいち豊明ファームに立ち寄りました。

3棟目も完成して、障がい者の方も84名まで受け入れ態勢が整っています。

みなさん元気に働いておられ、各野菜なども順調に育っていました。お隣の町の社会福祉協議会の人たちが説明会に来られていました。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、屋外画像に含まれている可能性があるもの:空、植物、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:植物、草、屋外画像に含まれている可能性があるもの:植物、花、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、花、屋外、自然

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

 

 

解決策が

昨日、6月議会が終わり、子どもの見守りが終わり‘’後援会だよりの作成に入るぞ‘’と思ったところ

区の役員さんから阿野区だよりⅡの作成の依頼。また、別の役員さんから、9月の敬老文化芸能まつりの資料作成依頼

そして、学校へ積極的に行きたがらない児童への対応も解決策が見つかりません。

7月9日に開催する豊明市議会議会広聴会で使用するポールを立てる注水スタンドを洗っていたら、市民相談があって話し込みました。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

会派視察

6月本会議も終わり、7月下旬には、小・中学生の学力が全国トップレベルにある秋田県へ視察に出かけます。潟上市では、学力向上の取り組みについて、秋田市では食品ロス(もったいないアクション)について調査・研究のために一泊二日の日程で出かけてきます。

——————————————————————————————–

潟上市(かたがみし)においての視察内容

愛知県の全国学力学習力調査の特徴は、小学生は低いが、中学生になると中位に上がる。豊明市では2年前、市長が交代して、まなびのまち豊明をスローガンに、学力向上を目指している。
協働の学びアクティブラーニング、教師からの一方的な教育指導ではなく、子ども同士の話し合いを取り入れた学習指導を取組んでいる
貧困対策ではなく、学習塾に通っていない基礎学習の向上を目的とした土曜塾を開催 (中1~中3の85人が登録)
イングリッシュキャンプの実施
中学生を対象に友好自治体の豊根村へ、今年から小学生も対象とした市内でのキャンプも実施

学力調査日本一・秋田県にある潟上市の. 学力向上・教育行政全般についての取り組みについてを伺いたい。
●都道府県の取り組みについて(HP参照)秋田県では下記が1位である
①授業で、課題に対して、自ら考え、自ら取り組む
②授業で、自分の考えを発表する機会では、工夫して発表

また、10年間の児童生徒の回答状況の変化では
①小学校午前11時、中学校午前0時に寝ている
②家で、家庭授業の復習をしている
③人が困っているときは、進んで助ける
潟上市では、上記について、どのような指導・教育をしているか、また

●家庭学習への独自の取り組み
●学習塾が少ない理由は
●学力上位にあるのは、どのように分析しているか

———————————————————————————————-

秋田市においての視察内容

もったいないアクション、食品ロスの取り組みについて

豊明市の取り組みについて
市内のイベント時(まちかど運動教室、豊明なつまつり、豊明あきまつり、桶狭間古戦場まつり等々)に啓発品配布、削減のPR

秋田市の取り組みについて。

●食品ロス以外のごみ減量はどのようにしているか
●可燃ごみの中に食品ロスはどれだけ含まれているか
●スーパー、飲食店への食品ロスへのPRは
●子どもたち(市民)への環境学習は

————————————————————————————-

視察は観光や遊びだという人がいますが、80名以上の知的障がい者の人を雇用して頂ける農園、エスプールプラスあいち豊明ファームも会派視察が無ければ、豊明市に誘致出来ませんでした。視察項目をしっかり選定して先進的取り組みをしている地域へ出かけ、学んできます。

 

補正予算2号撤回、出し直し。

昨日、日程2において、豊明市サイドから提案されていた補正予算2号の撤回がありました。

議案62号 豊明市一般会計補正予算(2)の取り下げについて建設消防委員会において、4款民生費、2清掃費(せいそうひ)、2塵芥(じんかい)処理費、有機循環推進処理費 生ごみ堆肥化 促進容器等購入補助費80万円の部分が、問題となり、建設消防委員会 所管部分の補正予算 第2号が否決されました。この本会議場で、補正予算第2号が否決されると、有機循環処理費だけでなく、補正2号の、全ての内容が否決され、その他の議案執行が滞ることになります(当局としては取り下げざるを得なかったのだと思います。)

 本会議質疑、委員会への、当初の説明では、ごみ堆肥化処理器の購入補助については、ゴミの減量を総合的に進めるのが主たる目的だつたはず。(一般家庭が購入する生ごみ処理機に対して、一基当たり2万円を上限に、40基分の補助費用を復活させるとのとの事でした。)

しかし、建設消防委員会質疑では、生ゴミの減量を目指すのか、または、有機循環させて、堆肥化するのが目的なのか、答弁が迷走した部分がありました。

今後は議案上程する場合、内部で十分議論を深めて頂いたうえで議案上程して頂く事ことを要望します。

———————————————————-

 二元代表制において、市長には、議案提案権があります。一方議員には、議案の修正権がありますが、議案を否決する場合、ただ否決するのではなく、修正案を持って否決するのが議員の役割です。

本来であれば、建設消防委員会の中で、修正案が提案されれば、議員提出の修正案が可決された可能性がありましたが、委員会の中では、生ごみ処理機の否決だけに終わってしまい補正予算2号すべてが否決された形となりました。

そもそも、平成18年から始まった生ごみ堆肥センターへの収集・運搬は、市内8千世帯しか実施しておらず、それ以外の世帯は、自らの家庭から出る生ごみを排出抑制する努力をするか、燃えるゴミに出していました。

豊明市は、自前の焼却施設を持っておらず、東部知多衛クリーンセンターにおいて、処理をお願いしている立場です。クリーンセンターに持ち込むゴミが減れば、必然的に焼却に必要な燃料費の削減やCO2の削減効果も出てきます。

燃えるゴミの4割が、食べることが出来る食べ残し、いわゆる食品ロスです。

豊明市においても、ゴミの減量は、喫緊の課題です。

質疑に置いて、この議論と、ゴミ処理機の補助費用の議論が錯そうした部分は十分反省してもらわねばなりません。

ごみ減量と堆肥化の、双方同時に出来れば、それに越したことはありませんが、今回の生ごみ堆肥化容器の補助の目的は、広報にも掲載されているように、もったいない「食品ロスの無いまち豊明」に重きを置いていたはずです。

私達もどうすれば、この、「もったいない」の意識が豊明市に浸透するのか、どのようにゴミ減量を進めるべきかと、このたび「もったいない」を原点に食品ロスを進めている先進地へ調査・研究のために視察に出かけてまいります。

目的・趣旨をしっかり説明して委員会質疑に臨んで頂ければ、議案の取り下げまでには至らず、このような時間を費やす必要はありませんでした。

 食べ残しのないまち、食品ロスのない豊明」を目指します。

本日、6月議会最終日

西尾市では、問題視されていた200億近い事業のPFIを批判に、30代の若い首長さんが誕生しました。抵抗はあると思いますが、初心を貫き通して頑張り抜いて頂きたいと思います。自動代替テキストはありません。今日は、6月定例月議会最終日です。会派会議において補正予算2号の修正案、
議会運営委員会において撤回などが提案され、若干時間を費やすこととなりそうです。

議論が迷走しないように、今日の討論原稿や、流れを作りました。
さて、今日も児童・生徒の見守りから始まります。

十把ひとからげは。

昨日は一日かけて、芋を植えてある畑の整備でした。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、草、木、橋、空、屋外、自然

夜中に降っていた雨が一時的に上がって、次男坊と散歩に出かけてました。新聞に目を通していたところ、麻生副総理が、秘書への暴行で自民党を離党した女性議員を評して「あれ女性ですよ」との事です。

それに比べて、乳がんでご逝去された小林麻央さんのような女性もいます。

これも新聞に書かれていましたが、同じ民族でも、財布が落ちていたと喜ぶ人と、警察に届ける人がいます。ひとくくりで、○○というくくりで、評価してはいけません。

豊明市議会議員は———————–。それぞれ選挙を戦ってきた人たちで、30代から70代まで、女性議員もいれば、男性議員もいて、さまざまです。

明日は、6月議会最終日ですので、今日はアルコールは控えるつもりです。

久々の汗

今日は朝から、久々に畑に行きました。

久々と言っても、一週間見ないと、草が茫々に生えてきます。

久々に大量の汗をかき、午後から静養がてら月曜日の本会議最終日の討論の精査をします。。夕方は市民相談が一つあって、その後は軽い水分補給となりそうです。。

さわやかday

今日は、さわやかdayでした。昨朝とうって変わった快晴の下、元気に子ども達が登校していきました。

少し強い雨が降ると、上流から流れてくる阿野川の水は琵琶池は入り、調整池の役割を果たすようになっています。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外、水

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外

市役所内に置いて、メイツが運営する自動販売機には、傘(レンタルアンブレラ)が置いてあります。自動代替テキストはありません。

 

 

久々の雨

梅雨入りしたにもかかわらず雨が降らず、久々の雨の朝となりました。

6月議会も最終日を残すのみとなっています。今日も討論原稿、議会だより原稿等々作成の一日です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:空、植物、木、屋外

自動代替テキストはありません。