大村知事個人演説会in豊明市文化会館

昨朝は、地域の交通事故ゼロの日と思いきや、腰に負担がかからぬようにと新たに購入した電動自転車を初めて動かしました。

午前7時に豊明駅交差点につきましたが、普段は早く来られる役員さんもいるのに、アレッ誰もいない。年末年始の防犯パトロールが続いたので、1月は休みだったか?と思いつつそのまま引き上げるのもと思い、30分ほど一人で交通当番をしていました。

途中地域の中学生たちが自転車を連ねて、駅に向かっていきました。「何かあるの?」との問いかけに「私立高校の入試です」とのことで、もうそんな時期かと、季節の移ろいの速さを感じるこの頃です。

日中は、横になりながらゴロゴロして本を読んでいました。読むだけではナカナカ頭に入りません。読んだ文字を何度も書きこむ作業をしないとすぐに忘れてしまいます。そんな年齢にもなりました。(もともとのみこみは遅いですが)

夜は大村知事が文化会館で個人演説会をするので、お手伝いを含めて早めに文化会館に出向きました。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人

豊明の保守系議員はもちろんのこと、大府市、東郷町からも多くの議員さんにお越し頂きました。また日進・東郷の県会議員の近藤議員、大府市の深谷県会議員と次期県会議員立候補予定の日高市議会議員もお越し頂きました。日高議員には、最後のガンバローコールもして頂きました。

鈴木代議士、酒井参議院議員、大府市長、豊明市長、東郷町議長の挨拶もあり、2市1町の錚々たるメンバーが壇上に勢ぞろいしました。

しかし選挙は無記名です。ふたを開けて見るまでは分からない怖さがあります。楽勝だ、結果は分かっている、などの風評でに流されては、入る票も入らないのが選挙です。

楽勝の声に流されずに、最後の最後まで気を引き締めて全力で闘うのが選挙です。

 

安心安全フェスタ2019 開催

今朝、腰に痛みが無いか確認してゆっくり起き上がりました。新聞を取りに行って読んでいたら環境課の職員の記事が掲載されていました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル

豊明高校イラストレーション部にに作成依頼した、食品ロスの紙芝居も彼たちが園児や小学校低学年に説明しているそうです。

写真の説明はありません。

こういう記事が、多く掲載されるようなまちにならねばなりません。

昨日は、時折パソコンの前にいる以外は、ほぼ静養 していました。十日も経過していますが、1月20日(日曜日)、文化会館ギャラリーや駐車場で安心安全フェスタが開催されましたので、その模様を掲載します。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、靴、バスケットボールコート、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、バスケットボールコート、靴、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、靴、バスケットボールコート、室内

今日は、交通事故ゼロの日、夜18時30分から大村知事の個人演説会が文化会館小ホールで開催されますので皆さんも現職知事が何を言うのか、その意見に耳を傾て頂くようお願いします。

また、ちょっと期間は短いですが、議会基本条例改正のパブコメを始めています。内容について、市民の人にどれだけ伝わっているかはわかりません。

写真の説明はありません。

午前7時から豊明駅前で交通事故ゼロの日活動日です。一応出かけてまいります。

 

2019年1月緊急議会 終了

昨朝、市役所に出向く前の自宅洗面所で、腰に電気が走りました。ここのところ重いものを持っていたせいか?

徐々に痛みが強くなり、ぎっくり腰ほどではありませんが一歩手前という所です。今朝は朝風呂で体を温めてから、自転車で児童生徒の見守りに出かけましたが、立っていると違和感があったので、ヘルニアが動いてぎっくり腰になる前にと思い帰ってきました。----------------------------------------------------

昨日は、1月緊急議会が開催され2つの議案が提案されました。1号議案として小学校のキュービクルの請負契約者と契約金額が確定したので了承して欲しいという議案でした。

この工事請負契約の議案というのは、12月議会においての補正予算(5号)の案件で、小学校へのキュービクルおよび配線工事の費用でした。

写真の説明はありません。

当初は考えていなかった、キュービクルの交換が必要となって、予算が大幅に膨らみ私たちも審議時間が一日しかなく、市民への説明に大変苦慮した案件です。

2019三浦桂司後援会だより正月号にも1面を使って掲載した、結果として附帯決議まで付けて賛成した議案です。予算要求時点の概算金額と、このたびの契約金額との1億近い内容については他の議員や委員会質疑で今後の課題などが質問されていましたが、財政規律の観点から1点だけ確認の意味を含めて本会議質疑をしました。

議会としては昨年、3億5千万円程の予算を認めました。入札の結果、幸いにも2億6千万弱で入札されて9200万ほどの差額が生じています。この差額・すき間をどうするのか。3月補正で減額補正するのかという質問でした。それは今後、室外機に屋根やヒサシをつけるとか、厚めのカーテンを付けるとかの流・充用は考えていないのかの確認でした。

部長の答弁は、入札残の1~2割は考えている。残りは3月議会で減額補正として提案するというものでした。

物事は、当初考えていた数字とは思うように行かないものです。例えば車を買おうと200万の予算を組んでいたとしても、カーナビなどさまざまあるサービスを付けると、いつのまにか250万円になったりするものです。

もちろん税金で購入したり、修繕するものに対して要らないものまで付ける必要はありませんが、あとから付けたり購入したりした方が割高になる場合、同時に工事したほうが、結果として割安になったり、市民サービスの向上につながります。市役所サイドにも、その点は十分考慮するよう常々申しております。

安物買いの銭失い」とならないよう。4年前に購入した電動自転車の買い替えで、身に染みています。

画像に含まれている可能性があるもの:靴

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

市役所では、県知事選挙の事前投票と確定申告の準備が始まっています。

 

 

本日、2019年1月緊急議会

尾張旭、安城、小牧で市長選挙が告示されました。2月3日には愛知県知事選挙と同日に投開票が行われます。

昨朝は、子ども会の廃品回収の放送で目覚めました。午後からとある要件で出かけましたが、すぐ片付いたので今日の議案を見直していました。

https://www.city.toyoake.lg.jp/4628.htm

今日は議案説明ののち本会議質疑、総務委員会、建設教育委員会が開催され、討論・採決され本会議採決の運びとなります。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

2030年に東海地方でも37万人の労働力不足に陥るとの統計があります。
40年には82万人、50年には130万人の労働力が不足するとも言われています。

これは、経済成長率を年率1,4%と見込み、高齢化が進んで従前の生活レベルを維持しようとするという前提で、生活レベルを下げるとか、AIなどをフル活用するというところまでは至っていないと思われます。

だから女性や高齢者、外国人の活用が必要となるとの事ですが、本当にそうなのか個人的に何かうまいやり方はないものかと思います。

9年前、豊明も労働力不足 (当時は単純労働が主)、人材不足の影響で、今後プラスエデュケート(外国の児童生徒の日本語教育教室)のような施設の必要性を何度も強く訴えましたが、今ほど緊張感がなく多くの人に響きませんでした。

全国では30年に620万人、40年に1220万人、50年には1900万人の労働力が不足すると見込んでいます。

大阪なおみ選手の大活躍もあり励まされ.る日々です。今こそ皆で知恵を絞りながら、少子高齢化時代を乗り切る時です。

画像に含まれている可能性があるもの:自転車、屋外

平日はシルバーの人が整理や無料駐輪場への誘導をしてくださっているので、一台も置かれいていませんが、土・日の豊明駅前の光景です。

2度に渡って一般質問をかけて、駐輪できないようにロープを張ってもらっていますが、まさに倫理観の問題です。

 

 

 

 

冬の勅使池

昨日は寒い一日となりました。

久しぶりに何もすることが無い土曜日で、ゴロゴロしているだけでは運動不足で腹回りが膨らむので、次男坊に「散歩に行くか」と聞いたところ「行くいく!!」と尻尾を振りながらの態度だったので、久々に勅使水辺公園へ行きました。

手前のエスプールプラスまでは、よく行くのですが、もう一歩奥の勅使水辺公園へは、足を運ぶことが多くありません。

風が強く気温も低かったので、一周で帰ってきました

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、屋外、水

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然、水

画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、雲、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然、水

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然、水

さて、3月定例月議会では、新年度平成31年度予算審議があります。予算審査にあたり立場的に発言は控えますが、過去の研修を読み直しています。

自治体の環境変化と予算審議

ストック・サイクル

人口減少と高齢化が進んで、2050年の人口推計が1億人を下回る。ある基礎自治体を例(4市町が合併)に挙げると、全国的に人口が半減する地域が66%に及び、2割が無居住化する。国が最大公約数を示すが、2014年5月、日本創生会議が消滅可能都市を示した。人口増加策、30年間人口減少することが顕在化した。各自治体は人口増加策を講じても、その効果が表れるのが30年後となる。

ある基礎自治体の例

人口減少の中、公共施設の延床面積は大きく、今後40年間で、1,060億円の更新費用が必要となる。(年間26,5億)平成17年~21年まで、公共施設関係普通事業費が年間19,9億円だった。

全国的に見ても、建設後50年以上経過する社会資本の割合は、平成18年度を基準にすると道路が8%から47%へ、河川管理施設が10%から46%へ、下水道管渠2%から14%へ、港湾岸壁5%から42%へ

建物の老朽化、余剰化。平成の大合併において合併特例債を利用してハコモノを建設。公共施設は総合管理計画を作り30年間の人口推計をして、議会もマイナスを含む計画を議決した。市民から反対が起きるのを覚悟して、決算審査に向けた行政シートを策定。ベットタウンの町で個人住民税が主たる税収で、上下水道、小中学校、保育所の更新時期となっている。

更新、投資が出来なくとも道路を廃止できず。となると、施設を統廃合するしかない。長寿命化策では橋の補強代金が無ければ、近くに同じような橋があれば橋を撤去するという考えもある。反対は起きるが、そこまで行って、財源をどうすべきかという意識が出る。

議会は、当局の提案権に対して議決権を発揮してストップできるが、全ての公共施設の更新は出来ないため、老朽化・余剰化に対して選別が必要となる。公共施設の統廃合、再編予定している自治体は、全国で1/4しか考えていないのが現状である。28年までに総合管理計画策定を実施。

予算と決算

財政民主主義、予算・決算を連結させるべきである。租税や公債など市民に貨幣的負担を負わせている自治体。前提となる経費支出について、市民どのような負担を市民に追ってもらえるのか議会の議決を通じて、承認を得る。

歳入歳出の結果は、決算書という形式文書にして議会の承認を得る。決算は終わったことと捉えず、次年度以降の予算に生かすことが重要で、決算の結果を見て、予算を審議することが大切である。決算統計、出納で一般会計、決算から予算へ連続性で考える。

決算の流れは会計管理者による決算調整、監査委員による審査・意見、議会による審査・認定、市民に公表する。議会は、歳入歳出決算書、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書、主要施策の報告書から審議する。

予算書は、1月の市長査定を経て、2月初旬には、すでに執行部で決着がついている。議会が予算修正するには、新しい事業の増額修正権は首長の予算提案権に抵触する可能性が大きく、減額修正権しかない。

9月の決算審議で、課題を見つけ出し、政策提案を考える。重要だと思えば、動議も考え12月の時点で提案しないと、時間的に間に合わない。

予算審査のポイント

補正後の平成27年度予算と、28年度予算案との歳出規模・伸び率を総額で比較する。目的別に、前年度との伸び率(減少率)を比較する。款別比較、民生費は伸び続けるので、枝ぶりを小さくする努力。項の中での伸び率を比較する。

市長マニフェストは言いっぱなしではないか、マニフェストと議会の相違が違う場合の検証。個別計画の実行はどうなっているのか、行動計画(シート)と総合計画が一致しているかを毎年評価しながら、後期計画を立てているか、また個別計画と総合計画の整合性があるか

事業別予算を採用している自治体は、行動評価シートと人件費、高齢者福祉で言えば、介護保険、福祉、民生費の繰出金、特別会計内で完結するのか、システムは総務、施設は民生費・土木にかかわってくる。

事業別予算は、政策課題として重要性の高い事業・施策について、各部に散らばっている時があるので全体像を把握すること。

大規模予算ほど、審議が簡単になっていないか。長期計画に則って実施している整備事業は、金額が大きいわりに、時間がかけられない傾向にないか、委託料、補助金、負担金については、積算についても確認する。

性質別経費予算審議のポイント(目的別で見がちだが、節別でみる)

人件費、退職金見込み額などの、財源手当てが計画的に行われているか、給与はデフレ時期にある給与水準かどうか、昇給制度を取っているので、昇給期間の短縮はないか、高齢職員の昇給の在り方が妥当か。各種手当、福利厚生は税で賄うものかどうかの選別。

職員研修は人で仕事をしている。当市は後々現れるもので成果が表れにくい部分がある。研修費が削減されていないか。

公債費、扶助費、又は福祉費として少子高齢化の進展から見直しが進んでいるか。

地域福祉計画、老人福祉計画、障がい者計画、次世代支援計画等、個別福祉計画が自治体の基本構想・基本計画との整合性が図られて、年度予算が策定されているか、また個別計画の見直しに基づいた施策の選択・重点化が図られているかどうか。

公共施設の維持管理計画は、施設が老朽化して、人口構造が変化している現状で、耐用年数を把握したうえで、施設の廃止・縮小、複合化への進展を考え、民間施設への代替え、市民・地域への自主管理運営などの改革は進んでいるか。

特別会計への繰出金は、受益者負担の原則による繰出額かどうか。委託・補助金は従業員への賃金、サービス水準が適正かどうか、各種団体への補助金は地方自治法232条2の「公益上必要がある場合」かどうか。財調への積み増し、退職組合へ払うお金が十分か。将来負担比率算入額は出ているか。

人件費を含む義務的経費の検証と人に投資するという観点から、中途採用など、人に投資するのを投資的経費と考える。

決算統計の分析

歳入として、どのようにお金を集めるか、市として市税など自分で集めて自由に使えるのが地方税、国からもらって自由に使えるのが地方交付税、国からもらって自由に使えない国庫支出金

自主財源、一般財源、依存財源、特定財源、歳出として、どのようにお金を使うのか

目的別: 総務費、民生費~教育費、公債費(借金返済)

・1番は民生費→土木費→総務費→公債費の順

性質別: 人件費、扶助費、公債費、普通建設事業費

・1番は普通事業費→人件費→公債費→物件費

財政分析 形式収入=歳入決算額-歳出決算額

当該年度中に収入された現金と支出された現金(前年度からの繰越金を含み、繰上充用金を除く)の差額。字の場合は繰上充用。国庫支出金が年度内に収入できなかった時や予定額を下回った時、地方債が予定額だけ借り入れできなかった時や年度内に借り入れができなかった時地方税が景気変動になどにより、予定通り収入できなかった時

量出制入と量入制出

経済活動の貨幣的な表現である予算は、量出制入を原則としている。量出制入とは、「出るを量って入るを制す」こと、つまり、支出に応じて収入が確定されることを意味している。財政とは公的な需要、社会のニーズを充足するための存在であるから、まず、財政民主主義の原則のもとでこれらのニーズを確定する必要がある。

収入の範囲内で支出をまかなう「量入制出」原則と異なり、行政は強制力と高い信用力を持っている。議会で決定された公的ニーズを租税の強制徴収と公債による低利の資金調達によって充足するのである。

財務省の財政健全化は伝統的に「量入制出」原則で行われている。

実質収支=形式収支-翌年度に繰り越すべき財源(事業執行・繰越明許)発生主義の要素を加味、

実質収支が黒字の考えは後年度の財政調整に必要な範囲内にとどめ、地方債の繰上げ償還に活用、年度間の財政調整を図る。

形式収支が黒字で実質収支が赤字の場合⇒事故繰越(予算成立後の事情により年度内に完了しなくなった場合に翌年度に予算を繰越す制度)の理由

実質収支が黒字の場合、標準財政規模に対して実質収支比率3%~5%が妥当である。

単年度収支=当該年度の実質収支-前年度の実質収支

歳計余剰金の処分として基金繰り入れ額を除いた額は繰越金として当該年度に歳入されて、当該年度の実質収支を増加させる。

実質単年度収支=単年度収支プラス実質的な黒字要素-実質的な赤字要素

実質的な黒字要素: 財政調整基金積立額、地方債繰上げ償還額

実質的な赤字要素: 財政調整基金取り崩し額

経常収支比率、数字が低いほど弾力性があり、高いほど膠着状況が進んでいる。

臨時財政対策債は、地方交付税が不足する場合に、国だけが借金をして対応するのではなく、その不足分の半分を地方が借金として負わされるものという事です。地方交付税として帰ってくるという考えもあり借金を続けても、国の財政が厳しいので、交付税として帰ってこない可能性もあります。総合計画にあっても、やるものと、やらないもの、計画は実行するものだが、予算を考える。

歳入状況の比較では、地方税、地方譲与税、利子割交付金、配当割交付金、地方消費税交付金、自動車所得税交付金、地方交付税等々と決算額、類似団体比較、決算額構成比で対比する。

歳出状況比較では、人件費、物件費、維持補修費、扶助費、公債費、元利償還費、投資的経費、普通建設事業費、等々と決算額、類似団体比較、決算額構成比で対比する。類似団体比較カードは財政課、決算カードはダウンロードできる。

財政健全化法と予算審議

旧法と新法の違い

自主的な改善努力による財政健全化を促す「早期健全化団体」を設置。公営企業にも早期健全化の措置、一般会計の収支の指標「実質赤字比率」に加えて、公営事業会計の収支を連結させた「実質赤字比率」一部事務組合を加えた公債費の状況を判断する「実質公債費比率」を加えた。

また、一般会計、公営事業会計、一部事務組合、独立行政法人、第3セクターなどの負債ストックを判断する指標の「将来負担比率」を加えた。

実質赤字比率

繰上げ充用額+(支払い繰延額+事業繰越額)

標準財政規模

★早期健全化基準: 都道府県3,75%、政令市500億以上11,25%

標準財政規模500~200億の市12,5%、200億未満の市町村15%

★再生基準 財政健全化施行令と同じ基準 県5%、市町村20%

連結赤字比率

(A+B)-(C+D)

標準財政規模

A:一般会計及び公営企業以外の特別会計のうち、実質赤字を生じた合計

B:公営企業の特別会計のうち、資金の不足を生じた不足額の合計

C: 一般会計及び以外の特別会計のうち、実質黒字を生じた黒字の合計

D:公営企業の特別会計のうち、余剰額を生じた資金の合計

実質公債費比率 3か年平均

(元利償還金+準元利償還金)-(特定財源+元利償還金・財政需要額算入額

標準財政規模-元利償還金・に係る基準財政需要額算入額

一般会計が負担する元利償還金・準元利償還金の標準財政規模の対比

準元利償還金とは(1~5の合計額)
1. 満期一括償還地方債について、償還期間を30年とする元金均等した場合、1年当たりの元金償還相当額
2. 一般会計などから一般会計等以外の特別会計への繰出金のうち公営事業債の償還に充てたと認められるもの
3.組合や地方開発団体への負担金・補助金のうち、組合等が起こした地方債の償還の財源に充てられたもの
4.債務負担行為に基づく支出のうち公債費に準ずるもの
5.一時借入金の利子

地方債発行についての規定

・18%未満: 地方債発行について、総務大臣と県知事の合意で原則自由に発行

・18%以上25%未満: 地方債発行について許可制となり「公債費負担適正化計画」の提出義務

・25%以上35%未満: 一般単独事業債と公共用地方先行取得事業債の制限

・35%以上: 一般公共事業債にも制限

自治体財政健全化法における早期健全化基準は

早期健全化基準: 県・政令市 400%

再生基準 : 市町村   350%

貯金は多いが借金も多いより、貯金は少ないが借金も少ないほうが、弾力性がなく、危険であり、財調もある程度必要である。

財政健全化法で求められる議員の役割

健全化団体: 4指標の整備の徹底、算定について、監査委員の審査に付し

議会に対して公表。

健全化団体: 財政健全化計画の策定と議会の議決、外部監査の義務付け

実施状況を毎年度議会報告・公表、早期健全化が困難の場合、

総務大臣・知事が勧告

再生団体: 財政健全化計画の策定と議会の議決、外部監査の義務付け、

財政再生計画は、総務大臣と協議同意、同意なき場合、災害

復旧事業を除き地方債の起債制限。同意の場合収支不足額を

振り返るため特例債の起債が認められるが、財政運営が計画

に適合しない場合、予算変更を勧告

夕張市の場合、国が介入、グリーンカードを切られて、6学校か1校へ、市民税アップの要求され実施した。

議員には財政分析を求められていて、議会と監査委員を強調している。

一般会計、特別会計は、予算・決算の認定、議会の議決が必要

普通会計は、議会に参考資料

財政健全化における自治体経営

実質赤字比率、連結赤字比率では、普通会計から公営事業会計への繰出しを抑制(国保が赤字で繰り入れしないと、国保税を上げるしかない)

新地方公会計と予算審議

資産・債務の実態把握、管理体制強化の総点検とともに具体施策の点検。

基準モデル、ストック情報・フロー情報を公正価格で把握。

総務省改正モデル、売却可能資産を始め固定資産情報について、公正価格で把握して、普通会計の決算統計をもとに作成。

東京モデル、複式簿記・発生主義による記録を行い、固定資産台帳に基づき開始賃貸借表を作る。

財務書類の理解は、作成・提出が決算議会なので、予算審議中は、前年度の財務書類を参考にする。決算見込みによる影響と次年度予算に予算への影響を考慮する。

有形固定資産は、仮に売却できる学校などがあれば売却する。バランスシート(会計)売却処分予定では、効果が表れない場合があり、有効性と妥当性を考える。

10年で返すお金を20年で返せば、単年度の返済が減少して、実質赤字比率は下がるが、将来負担比率が上がる。

繰り入れ予算を組んでもお金が入らなければ意味をなさない、多治見市のように、財政健全化条例において、中期の財政健全化計画に臨んでいる自治体もある。

需要(必要性)⇒投入(効率性)⇒活動・結果(有効性)⇒成果(有効性)⇒施策の目的をしっかりする

後援会加入用紙 作成へ

後援会加入用紙(通称リーフレット)は昨年末には、おおよその枠組みが出来上がっていたのですが、年が変わり事実関係を関係各位に確認しながら作成し直しました。

22日(火曜日)に発注しましたが、知事選挙終了までは後援会活動はやらないほうが無難なので、公表は控えておきます。

公職選挙法では、どこまでが許されるのか、どこが選挙違反なのか、政治活動と後援会活動の違いなど、政治資金規正法や公職選挙法という法律ほど、解釈次第でどうとでもとれる難解な法律はないと思います。

会費制でない食事の割り勘、お中元、お歳暮、老人クラブなどへの差し入れ、年賀状など一般常識では良いだろうと思っても、思わぬ落とし穴があります。

まさに前門の虎で、抵触しないように気を付けます。

写真の説明はありません。

昨朝見守りの後、建て替えてから3度目の愛知警察署に行ってきました。ここで取り調べられることが無いよう努めます。

東郷町では食事するところがあったのですが、豊明に帰って39ラーメンで担々麺を注文しました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

ランチタイムでは、単品でも700円、ここに大好きなホイコー飯や麻婆飯、チャーハンなどを付けても700円です。割高になりますけどいいですか?」と店員さんが心配してくださいましたが、食べきれず食品ロスになるので、グッと我慢して大丈夫です」と注文しました。

本音は、貧乏性なのでホイコー飯も頼みたいなぁ~と思っていました。ハイ

 

 

電動サイクル再購入

昨日は、午前は片付け、午後より定例監査等々で市役所に詰めていました。

4年前、4万円台でmade in  chinaの電動自転車を購入しましたが、1年後に前輪のタイヤがパンクしたので自転車屋さんに持っていったら、前輪はバラサないとパンク修理できないと言われました。

う~ん、どうしようか」と迷ったまま3年近くが経過して、思い切って坂部の矢野サイクルでYAMAHAの電動自転車を買い換えました。これで家族で4台の自転車となりました。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、自転車、テキスト

昨朝で、自宅駐車場の片づけはおおよそ終わりました。ボチボチ事務所内の整理にかかります。

重いものを持っていたら、やはり腰に来ました。週末は子ども会の廃品回収がありますが、気を付けることとします。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、バスケットボールコート、屋外

愛知県知事選挙の真っただ中ですが、市議会議員選挙と違って候補者は県内各地をくまなく回っているので、ナカナカ顔を見る機会が少ないのが現状ですが、選挙にはぜひ足をお運びください。

昨晩、19時半ころ次男坊とともに散歩がてら豊明市役所まで歩いていました。市役所駐車場に一台の車が止まり、作業着を着た若者が下りてきました。東館の期日前投票所に向かっていきました。仕事帰りで疲れるいるだろうに」と思わず拍手をしていました。

 

 

2019セキュリティポリス愛知 感謝状授与

先ほど児童生徒の見守りから帰ってきました。いつものように最後の分団の最後尾に付き添い南門まで行きました。今朝の風はとても冷たく、厚着をしての見守りとなりました。 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、歩いてる(複数の人)、屋外

セキュリティポリス愛知の新年会が開催されました。

1月10日東郷町の町民会館で開催された愛知警察署感謝状贈呈式で、今年も感謝状を頂きました。 この感謝状は、愛知署管内で防犯、交通安全活動をしている団体・個人各位に対して毎年贈られます。豊明市からはセキュリティポリス愛知と二村台4区・7区などが日頃の防犯活動などに対して感謝状が贈られました。 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人) 写真の説明はありません。

前隊長がご逝去されて3年が経過しますが、コツコツと活動を継続しています。

 

 

愛知県知事選挙 大村ひであき知事来豊

昨朝、大村ひであき知事(候補者)が、豊明市役所前で立会演説会を開催しました。

市長、議長、県会の激励に続いて大村ひであき候補者本人が、マイクを握り熱弁をふるいました。時間的には短かかったのですが、さすがに豊明市の長所、問題点を要点をまとめる能力は長けています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)、空、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外

今後4年間の県政を託す人の選挙です。期日前投票も始まっています。是非とも選挙に出かけてください。

今日は、全員協議会、議改革推進協議会と続きます。

 

 

豊明・日進・東郷合同研修会

7昨日、午前に開催された議会運営委員会において、市役所サイドから1月28日に緊急議会開催の提案があり開催されることが決定、議案が提案されました。

おもな議案は、小学校へのエアコン本体とキュービクルの入札金額です。議会運営委員会終了後に議案内容の説明を聞きました。

午後より、東郷町民会館において豊明・日進・東郷合同研修会が開催されましたので、議員全員で東郷町民会館へ向かいました。

まず開催地である東郷町の箕浦議長、井俣町長からあいさつがありました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

講演は関西学院大学教授の松藤保孝氏で「住民の夢をかなえる議員活動」という項目で2時間ほど講演を聞きました。

何で地域(豊明)で働きたいのか、何で東京へ働きに出てしまうのか、何で地域で働きたい企業がないのか等々

忖度ではなく、歯に衣着せぬ物事の本質をズバり言われる教授で、「なるほどと」頷く場面が多々ありました。

帰ってから、後援会活動等々で自宅に帰ったのが21時30分を廻っていましたので、健康的にアルコールも飲まず寝ました。

今日は、午前10時から豊明市役所向かいで、大村秀章知事(候補)の街頭演説会)があります。お時間のある方は是非足をお運びください。