庭木の剪定

早い所ではゴールデンウィークは入っているにもかかわらず、各家庭に宅配される新聞において、広告が極端に少なくなっています。こんなところにも自粛の影響が出ています。

今朝の新聞には、豊明市内の業者が解体の許可を得ずに車の解体工事をしていて、外国籍の人が、逮捕されたという記事が掲載されています。何のために無許可で解体工事をしていたのか? 背後に何があるかも、公表して欲しいと思います。---------------------------------------

我が家の庭の木々が大きくなり、とても素人には手がおえなくなり、同級生の造園屋に剪定をしてもらいました。

(剪定前)

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:家、屋外画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、家、花、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、家、空、屋外、自然

(剪定あと’)ちょっと、サッパリしすぎなくらいになりました。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外

本日、明日の臨時議会開催しても良いかの、議会運営委員会が開催されます。

 

 

 

5月1日 臨時議会の日程調整 & あなたにマスクを届け隊

昨日は、さまざま調整の一日となりました。

社会福祉課のスペースが狭くなり、受付横に民生児童委員さんなどの担当場所を移動しました。また市役所に登庁する人が少ない一日でした。

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:バスケットボールコート、屋外

国の政策が見えてきたので、明日4月30日に、翌日の5月1日に臨時議会(緊急議会)を開催しても良いか」と議会運営委員会を開催してもらいます。

「議会招集は、緊急を要する場合の招集は、法定日数(7日前)に告示する必要はないが、少なくとも、議員が招集に応ずる日時の余裕がなければ有効な招集行為とはいえない、一般的には、招集日の前日までとして運用すべきである。全員協議会中に招集告示行い、その日のうちに引き続き臨時会を開会することなどは、到底有効な招集行為とはいえない。」

とされていますが、国の通達で緊急事態なので、各自治体にまかせる。こだわらないという通知が来ていますので、前日に議会運営委員会を開催することとなりました。

10万円の一律交付金をいかに迅速に市民の人に届けるのか、簡単に計算しても6万9千人の市民へ10万円を交付金を渡すとなると、予算だけでも70億近くの金額となります。

70億の金額を市議会で審議せずに、まだ正式に確定していない予算に対して、先行して渡している(渡す)自治体もあるとの報道ですが、原資は国の予算であり、国の審議がまだ終わっていません。衆議院・参議院を通過するのが4月30日です。

本来は、まだ手渡すことが出来ないのが筋です。しかし早く市民の人に手渡すには、ギリギリの選択でした。

国の予算が決定したらすぐさま議会を開催、議会を通してしっかり審議して市民の人にいかに迅速かつ正確に手渡すことが出来るか、ここ数日市長サイドと鈴木淳司事務所を通じて国の動向、スケジュールを確認しながら、議会開催の準備を進めていました。

先決処分(議会を通さずに先に決定する)という手法もありましたが、豊明市議会としては正々堂々と議会を開催して、審議したのち議決して、一刻も早く事務手続きに入ってもらう予定です。

市民の人が困っているのに議会が動かなければ、存在意義がなく議員は必要ありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

昨日、ボランティアなどの人から市役所に対して、大量の(何枚か聞き忘れてしまいました)マスクの提供がありました。市役所としては社会福祉協議会などを通じて、介護施設などに寄付いたします。

ご寄付を頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

一律10万円支給の議案上程(国)

昨日、国がコロナウィルス関連の補正予算案が計上されました。4月30日をめどに衆議院・参議院を通過すれば、豊明市も市民の人に一律10万円を支給する手続きに入ります。

国は予算と配布方法を支持するだけで、市民の人への事務作業は豊明市役所の仕事です。

二転三転しましたが、名称と金額も確定しました。下記3つは国の全額補助です。(補助と言っても元々は税金、また日銀が赤字国債を無制限に買い取ると発表しました)

⓵持続加給付金、売上高が半減した中小企業に最大200万円、個人事業主に100万円

⓶特別定額給付金、市民の人に一律に10万円を給付する。

⓷臨時地方交付金、都道府県が休業協力金に活用できる。

--------------------------------------

豊明市独自の、お米券の支給、休業・時間単収営業に協力頂いている50万円の協力金とは別です。

--------------------------------------

議会としても国に対して、休業要請に伴う家賃保証などの補償、アルバイトに頼っている学生への授業料納付の猶予、減免などこれから手を打たないといけない政策は山ほどあります。速やかに対応をしてくれるよう要望致します。

マイナンバーカードがあれば、10万円が速やかに交付されます。市役所受付横では臨時にマイナンバーコーナーが設置されました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

子どもたちのために、頻繁に校長会議が開催されています。

画像に含まれている可能性があるもの:室内

写真の説明はありません。

疲れると甘いものを体が欲すると言いますが、わたしの場合辛い物を欲します。coco一番カレー200㌘5辛です。これでも控えている方で8辛程度が普通です。

画像に含まれている可能性があるもの:デザート、食べ物、室内

 

 

 

続 畑作業

緊急事態宣言が発生された週末は、自宅&周辺にいました。

とりあえず、人間社会が混乱していても伸び続ける草の対応をした週末でした。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、草、空、橋、木、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:植物、草、木、空、橋、屋外、自然

夕方は、学区内の防犯パトロール、児童。生徒がマスクをせずに集団で遊ぶ姿が見られました。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、草、空、靴、屋外、自然

夜ご飯は、よく行く中華店(サンキューラーメン)でテイクアウトの回鍋肉を注文しました。

早い所では今週半ばからゴールデンウィークが始まります。ゴミ収集や市役所関連は、(年間)カレンダー通りです。

コロナウィルス関連は、あまりにも情報が多く、また国の政策も変わるので、協力金50万円、国の一律10万円支給方法など、細かい部分、個々の商店などが該当するのか、しっかり情報収集してお知らせします。

企業、事業所、商店などあと何か月で収束しないと、資金繰りがおぼつかず倒産してしまうというニュースを見ています。綺麗な言葉を並べる総論ではなく、個別案件、各論での対応。今現在困っている人への対応を講じるよう努めてまいります。

今週もバタバタしそうです。

 

 

 

 

 

畑作業の一日

昨日は、何も考えずに畑作業の一日でした。

先週から既に境川水系から水が流れてきています。こちらの畑の草は刈りましたが、4年間サツマイモを作り続けているので、その部分は手入れはしますが、2年度は休耕します。 画像に含まれている可能性があるもの:草、植物、木、屋外、自然

豊明市独自のコロナウィルスの支援、愛知県との合同での50万円を休業している・時間短縮している店舗・事業者などへの支援方法を聞かれていますが、中途半端なまま回答すると失礼なので、具体例は月曜日朝一番に市役所サイドに聞いて、どのように手続きをすればいいのか、すぐ回答するとお伝えしました。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、室内

お昼は、大量の汗をかいたためか、無性に辛いラーメンが食べたくなったので、お隣の刈谷市のラーメン店にいきました。 混雑しているならテイクアクトの生めん持ち帰りにしようと思ったのですが、さほど混雑していませんでしたので、ひとりカウンター席で辛口マー担々麺を食べました。

久々の辛口に、唇と胃が痺れましたが、この感覚が好きなんです。

今日は、畑、読書、勉強、テレビ観戦、次男坊と散歩、何をしようか決めていません。いずれにせよ自宅待機、周辺での休日です。

 

令和2年 豊明市議会 第1回緊急議会終了

昨日、午前9時から議会運営委員会が開催され、前日夕方にふじえ議員から、コロナウィルスに対する議長に提出された緊急質問の取り扱いについて協議がなされ、ふじえ議員の質問は緊急性が無いという事で、議会運営委員会で否決されました。わたしは議会を公平に運営する立場ですので、自分の意見は控えます。

午前10時から緊急議会が開催されました。豊明市独自策として、すでに報道があるように

①お米10㌔チケットを提供する。②豊明市独自で企業への休業協力金が提案され、全会一致で可決されました。経過としては

本会議場での質疑の後、建設文教委員会に議案を付託しました。建設文教委員会が開催され、委員会で質疑・討論・採決は全会一致で賛成となりました。

コロナウィルス関連での豊明市への決議案は否決され、国に提出する意見書案は全会一致で採択され、意見書を豊明市議会として議長名で提出することとなりました。

その後、ごとう議員からコロナウィルスに対する緊急質問がありました。終了したのが13時を回り、そこで暫時休憩としました。

愛知県からの午前中の情報では、愛知県の支援金が議案が可決されるのは、早くて2時半ぐらいとの情報でしたので、余裕を持って休憩に入ったところ、13時過ぎに愛知県議会で協力金の議案が可決されたの情報が入ったので、市役所サイドから新たに追加議案として、提案したい旨の連絡がありました。

市議会としては、休憩中に急遽14時から緊急に議会運営委員会を開催して、追加上程となる愛知県25万円、豊明市25万円の追加議案を認めるか否かの議論の結果、全会一致で追加議案を認めるとの結論に至りました。

14時20分から豊明市議会を再開。本会議質疑の後、休憩をとって建設文教委員に付託、審議したところ、委員会では全会一致で事業所への50万円の協力金が認められました。

休憩を解いて、本会議を再開して、討論・採決の結果、全議員が賛成して現在休業している豊明市内の事業者への休業協力金50万円が支払われることとなりました。

豊明市役所では、支払い該当する事業所を概算でつかんでいるようですが、昨日24までに休業・時間帯を縮小している事業所に対して50万円が支給されます。

これで終わりではなく、まずは第一歩です。

 

 

 

 

 

本日4月24日、豊明市議会 緊急議会開催

日々刻々と政策が変わっていく中、豊明市議会は本日コロナウィルスのため、生活に困っている市民を支援する一助の緊急議会を開催します。

昨日は、午前8時半過ぎから17時半まで、ぶっ続けで会議が続きました。細かい内容についてはあまりに多すぎで、後日にいたします。

⓵国への意見書提出は、「出す、出さない、文言はどうすべきか」等々さまざまな意見がありましたが、豊明市議会として1本化できましたので、本日提案されます。本会議では、おそらく全会一致で可決される事だと思います。

⓶豊明市への決議案に関しては、意見が一本化できていませんでしたので、どうなるかわかりません。

⓷また、コロナウィルス対策、職員の懲戒処分についての緊急質問が議長あてに提案されました。議会運営委員会の結果は、コロナウィルスに関しては緊急性があるが、職員の懲戒処分については緊急性が無いという結論になりました。この2つについては、昨日の全員協議会(第2部)において、市長以下部長に同席頂いて、時間無制限で質疑応答をしました。会議録は後日ホームページに掲載します。

⓸準要保護世帯(生活保護ではないが、所得が低いため支援を受けてい鋳る児童生徒がいる世帯)などに、10㌔お米券を配布と中小零細企業への手当の部分が議案として提案されました。

需要は様々で、全てが網羅できるものではないことは承知しています。まずは出来る事の第1歩です。

⓹豊明市議会コロナウィルスの対応についての申し合わせ事項を、あらたに提案させていただきました。その中で豊明市議会は、予算のめどが立てばコロナウィルス対策に関する緊急議会をいつでも受けるという文言を入れ込みました。

写真の説明はありません。

⓺本日愛知県議会で、事業所などへの50万円の支援金の議案が提案されて、議決され使途が確定する予定です。50万の支援金部分は、愛知県が25万円、市町村(豊明市)が25万円の合算で50万の支援金となりますので、愛知県の議案が可決されないと、豊明市としては動けません。

愛知県の案から漏れてしまう事業所や商店はどうするのか、またいかに迅速に事業所等へ届けることが出来るのか」厳格化しすぎて、普通に事務手続きを取れば困っている事業所などへ届けることが数か月の時間を要してしまいします。

マスコミやワイドショーのように、この部分の不備を言い完璧な制度にしてから配布をと言い出したら、黒字倒産や廃業になってしまします。今は緊急事態です。

一方議案として提案されるには「ただやります」との理想だけではは出来ません。財政的な裏付けが必要となり、国や県からの補助金を活用して事業を遂行するのか、コツコツと貯めた貯金(財政調整基金)を活用して議案とするのか、どちらかとなります。

財布は市役所サイドが握っていますので、今までこの部分の要望・協議を続けて来ました。議会サイドとしては「こうして欲しい」という要望しか出来ませんので、全会派がそれぞれの要望を市長へ提案提出しました。

市長サイドも議会も、困っている市民のためという目標は同じです。財政調整基金がふんだんにあれば、あれもこれも出来ますが、地方議会は少子高齢化対策に多額の費用が必要としていますし、いまこの時に大災害が発生したらも考えておかねばなりません。残念ながら、思うように自主的に使えるお金が少ないのが現状です。

何処に集中的に投資したらいいのか、まさに費用対効果が問われています。

⑦今日は、昨日17時にふじえ議員から追加の緊急質問が提出されましたので、議長として受け付けました。その対応についてどうすべきか、午前9時から議会運営委員会が開催され、午前10時から緊急議会が開催されます。

コロナウィルス対策のため、傍聴は自粛のお願いをしていますが、豊明市区所1階の受付横モニターでは、生中継をしています。また明日以降に、豊明市議会のホームページで公開されます。

 

全員協議会、議案説明、全員協議会(第2部)、会派会議、議会運営委員会へ

ゴールデンウィーク前なのに、思いのほか寒い朝となりました。

コロナウィルスに関連して、生活に困っている人たちへ、豊明市独自に何ができるのか市長サイドに提案・協議を続けていました。

その間、国や県の対応・政策が刻々と変わり、地方自治体、地方議会としては財源も含め右往左往、振り回され続けています。今月に入って、市長サイドと何度打ち合わせをしたか分かりません。

緊急議会の日程も、5月当初案から市役所サイドの頑張りによって、随分前倒しすることが出来ました。従前は本会議開催は1週間前に通知しなければなりませんが、今回はその要件が撤廃されたので、提案される議案説明も本会議の前日ギリギリとなりました。

今日は、例月の議員全員と市役所サイド部長クラス以上との全員協議会、明日の緊急議会の議案説明、全員協議会第2部と続き、全員協議会第2部では市役所サイドからコロナウィルス対策への質疑応答、職員不祥事の質疑応答の時間を十分取ってもらうことになりました。

新聞報道された案件の質疑応答を、全員協議会第2部にしたのは、全員協議会では会議録を取らず進めています。全員協議会第2部は、議員が会議録を取ってホームページに掲載しますので、記録として残るのでこちらのほうが相応しいと思い、全員協議会第2部にいたしました。

会派会議では、コロナウィルスの国への意見書の取り扱いについて、協議となります。

また今回の緊急議会、また委員会付託された常任委員会などにおいては、間隔をあけての開催とすることとして、出来るだけ間隔をあけるように従前の席とは一部変更することが、一昨日の議会運営委員会で決定しました。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、屋外

いま緊急事態宣言は全国に拡大しています。政治・行政は将来ビジョンや夢とともに、最悪の事態を想定しておかねばなりません。

明日の緊急議会を控えて、今日・明日が、令和元年度議長としての最後の大きな仕事となります。

 

 

 

 

4月24日、緊急議会開催へ

昨日の議会運営委員会で、4月24日(金曜日)緊急議会が開催されることが決定しました。議案については、すでにマスコミ報道されている部分がありますが順次掲載します。

昨日の中日新聞愛知県版で、JAあいち尾東農協の協力を得て、主に準要保護世帯などにお米券10㌔を配布する記事が掲載されました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

一方今日は、残念ながら職員の金銭不祥事の記事が掲載されました。金額は13万程ですが停職6か月の大変重い懲戒処分です。詳しい内容については、市長サイドから明日の全員協議会等で説明の時間をとって欲しいとのお願いがありましたので、了解しました。

また、市民派の会から緊急質問の申し入れがありましたので、受け付けました。

今日は明日の全員協議会、議案説明会、全員協議会第2部の進行、また明後日の緊急議会のシナリオ打ち合わせに没頭します。

昨日のお昼ご飯は、一人で川鉦の味噌カツ定食を頂きました。ガッツリあるように見えますが、量的にはさほど多くありません。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

 

 

 

 

本日議会運営委員会 臨時開催

本日10時から、臨時に議会運営委員会が開催されます。

市役所では定例会議や、コロナウィルスに関連する会議が開かれています。

写真の説明はありません。 写真の説明はありません。

国から国民全員に10万円を給付するという発表が安倍総理から提案されました。 10万円給付自体は発表されましたが、ワイドショーなどで先行議論されているだけで、市町村へは正式な連絡はなく、正式名称すら決定していなかった事業です。

(仮称)特別定額給付金」という名称と聞きました。

一方愛知県(名古屋市)が打ち出した、コロナウィルスでの休業補償的な50万円の協力金、豊明市で言えば愛知県が25万円、豊明市が25万円の負担で成り立つようです。(✖事業者数)。

愛知県のホームページには掲載されていますが、どのような事業所が対象になって、豊明市の総額負担はいくらになるのか県が指定する事業所からもれた事業所はどうなるのか、豊明市を含む市長村の対応が違っています。

24日、愛知県議会が臨時会議を開いて、愛知県の方針が決定します。