令和3年 愛知県競馬組合議会 3月定例会終了 

昨日、朝から張り切って草刈機を動かしていました。

法面で踏ん張っての作業で、急に腰にピリッと痛みが走り「マズイ」と思い、自宅へ帰って湿布を張り直して、すぐ静養に入りました。幸いにも痛みは広がらず一日が終わりました。

この3月は、長時間椅子に座っている時間が長かったのも、影響したかもしれませんが、今朝の状況からみて、重みが残っているの医療機関で見てもらいます。

草の画像のようです

午後から、令和2年度最後の愛知県競馬組合議会が、中川区の名古屋競馬場会館2階で開催されました。

管理者である大村知事のあいさつの後、令和2年度一般会計補正予算、令和3年度新年度予算について審議され、全会一致で可決されました。詳しくは後日掲載します。

終了後、近くで建設されている「エスプールプラス・わーくハピネス農園プラスワン」の見学へいきました。

この施設は屋内型で2階建てで、水耕栽培風での栽培で野菜などを育てます。外見からは倉庫に見えますね。 工事もかなり進んでいました。

車の画像のようです 室内の画像のようです

ここで、100名の知的・精神障害を持つ人が働くことになります。

管理者を含めれば120~130名が働きます。 嫁さんが日帰りで京都の実家へ出向いていて、帰りが遅くなりそうだったので、「はま寿司」で母親の晩ご飯を調達しました。

食品、室内の画像のようです

まぁ~母親の誕生日でしたので、大枚はたいて私の小遣いから購入しました。寿司が大好きで「食べていいのか?」と聞くや否や、食べ始めていました。

3月議会が始まり、文字と数字を追い続けていました。議会終了後も、議会だより原稿、個人会報原稿の作成で目がビクビクしています。

今日は湿布をもらいに病院へ、のんびり何も考えずに治療に専念します。

 

令和3年度予算について討論

昨日の、白黒防犯パトロールカーでの防犯パトロールは、春休みのため休止中でした。

核果の木、自然の画像のようです

令和3年度予算は、一般会計220億と、特別会計・企業会計を合わせ364億4200万強の最大の予算編成となりました。

コロナの影響もあり、市税全体で4億7千万円ほどの減や、地方譲与税、地方消費税交付金などの減少分を、地方交付税や、国庫支出金34億5千万弱、県支出金17億弱、市債20億以上の発行となり、昨年より8億7千万多く発行して、何とか凌いでいる、苦しい台所事情が、垣間見える予算編成となっています。

いつも話題になる、地方交付税の半額ほどを占める、臨時財政対策債は、昨年より7億8千万多く発行予定しています。
私どもの会派では、この臨時財政対策債は、一般財源の一部と捉えて、借りずに運営したほうが良いとは思っていません。
また、健全化判断比率の将来負担比率は、臨時財政対策債を利用せずに、財政調整基金の積み立てが出来なかったりすると、将来負担比率は大幅に悪化されるとの答弁がありました。
市債なのに資産形成されない、何も残らない市債ではないということ、「自転車操業」であるという考えはない、との考えをとっています。

花、木、空の画像のようです

令和3年度も、コロナが急速に収まり、経済が一気に上昇するとは思えません。
歳出においては、サービス事業所の増加・生活介護・グループホームなどの増加で毎年増え続けている心身障がい者児扶助事業、自立支援医療費・訓練等給付費・介護給付費2億円などは、例年予算では低めに見積もって、12月補正で数字を合わせていましたが、今回から決算の数字に近づけた予算書になっていて、決算との乖離が圧縮された予算となっています。

会計年度任用職員さんの期末手当の増額が各課に計上されました。今回は分類変更があって、数字上では扶助費は減額に見えますが、実情は増額になっていて、豊明市単独で行うことが出来る、目玉事業に活用できる「単独事業」は9億6千万もありません。

そんな中でも、攻めの事業として、この4月から開校する二村台小学校では、国に先だって35人学級の少人数学級を取り組んで不足分の教諭の給与を予算計上している点など、評価できる点は多々あります。

「みんなで繋ぐ幸せのまち豊明」の実現に向けて「交流・学び・遊び・子育て支援拠点」となる多世代交流施設事業は、多くの市民の方から喜ばれる新拠点の市民交流の場となることを期待しています。
二村台の中には集会場を持たない町内がいくつかあります。介護事業に力を入れている豊明市は、高齢化している今、高齢者の介護予防の一環として、口腔ケアも取り入れた体操教室などが各地域で行われています。健康長寿課の取り組みは、日本中でも高い評価をされています。

社会補償費に対し、国保、後期高齢者、介護、が大きく使われていますが、健康な高齢者を作るため、健康寿命を延ばすため、大金星体操を広めるためにも、高齢者が楽しく集える場所が必要と思います。
この多世代交流館でも、高齢の方が健康増進のために使用出来る場所の確保をお願いしたいと思います。

多額の予算が必要な、民生費では、児童福祉費で、児童虐待防止対策として、全国統一の情報共有ネットワークシステムの導入の説明がありました。日々、報道される悲しい児童虐待の発生予防、早期発見、早期対応が期待できます。

生活保護事業では、緊急生活支援事業を令和3年度も引き続き支援されるとのこと。
新型コロナウイルスの影響で生活に困窮されている方は、今まだ多くいらっしゃると思います。その方々のどんなに小さな声も拾って頂きたいと思います。

核果の木、自然、道路の画像のようです

新ごみ処理場の起債がはじまり、今年度の東部知多衛生組合負担金は4億5千万弱ですが、ごみの減量をすることで負担金が減少できると聞いていますので食品ロス削減などのPR活動の継続をお願いしておきます。

土地改良事業では、勅使池の耐震対策、大久伝の排水機場の建て替については、40年以上の経年劣化による排水機の能力低下に対し、たん水被害を軽減、解消させ農地を保全することにより、農業経営の安定化を図ることを目的として、県と連携し、進められるとの説明でした。
三崎町の急傾斜地崩壊防止事業など、自然災害防止のためにも、安全な豊明市である様、お願いいたします。

園児などの移動経路の交通安全対策につきましては、子どもの命を守るためにも、とても大切な事業ですので、よろしくお願いします。
道路新設改良舗装工事、1億4千万は管理者施工と、区長要望工事で各区、各町内から多くの要望が出ておりますので早期の改修をお願いいたします。

浸水被害対策では、千年に一度の降雨を想定し、最新データーを反映させた洪水ハザードマップの作成は、近年、気象変動でゲリラ豪雨、台風が増加しておりますので、市民に避難経路がわかりやすい様なマップ作成をお願いします。

市街地開発事業についての整備は、人口増加、雇用捻出、税収確保の観点から、豊明市にとって大変重要な事業です。住居系の開発となる間米南部の、区画整理事業は業務代行方式ですが、事業計画、実施計画が円滑に進むように、また、産業系開発の柿木工業団地は、地区外の測量や、設計と東部保育園跡地の産廃調査もしっかりお願いしておきます。

私の勉強不足もありますが、補助金については、複式簿記を読み解くことが難しく感じました。数多くの団体に充てられる補助金も、市民の皆様からの税金ですので、有意義な使われ方をすることを要望します。

日本語指導教室のプラスエデュケートへの委託については、今までは、国、市、企業様の寄付で行われていた事業ですが、国・県からの計算方法が変わり、県からの補助金、企業様からの寄付金の変動により、市が負担する割合は大きくなりました。
現在、二村台団地の1階と、双峰小学校で行われていますが、双峰小学校では、昨年9月までは午後のみでしたが、9月以降は補正予算において、午前も指導して頂けるようになりました。

アウトドア、木の画像のようです

日本語が理解できたないため、授業についていけない外国籍の子どもの減少のため、日本語を身に着けることは、最も大切なことだと思いますので、財政的支援をよろしくお願いします。
特別会計につきましては、適正な予算計上だと思います。

下水道事業会計は、令和3年度勅使台団地の接続が終われば、農排統合終了して、企業会計が本格的に始まることになると思われるので、今後も3条予算、4条予算とも健全に運営して頂く様に要望しておきます。

少子高齢化が進んで、すでに空き家問題が進んで施設の老朽化対策、アセツトマネジメントが控えています。団塊の世代が、後期高齢者になるので大変だと言われていますが、

より深刻な状況になるのは、団塊ジュニアの世代が高齢者となって、生産年齢人口が急激に減っていく2040年以降だと思います。
経済活動の縮小や税収の落ち込みとともに、高齢者数の高止まりや公共インフラの老朽化が平行する時代に突入していきます。

そうなると、今ある行政サービスは縮小せざるを得ない状況に陥ります。一方で市民福祉の向上は維持する必要があって、今さえ良ければいいのではなく、20年30年先を見据えて、市民が地域を支える街に転換していかないと、財政が持ちません。

健康寿命を延ばして、元気な高齢者を増やすことです。市民団体や区や町内会の力
を引き出す施策を打ち出してください。

職員が一生懸命働く姿は、必ず市民に伝わります。
市民福祉の充実、安心・安全の確保が私達の仕事です。私達も一般質問などで提案していきますし、物事を前向きにとらえて政策を進めて頂くことを要望して、
賛成討論といたします。

花、木、自然、空の画像のようです

そして、最後に3月末をもって退任、退職されます市職員の皆様におかれましては、長年にわたり豊明市の発展にご尽力頂きましたこと、心よりお礼申し上げ、討論を終わります。————————————————————————————————————————–

今日は、愛知県競馬組合議会が開催されまのすので、名古屋競馬場まで出かけてきます。

 

 

 

 

 

続・続 畑仕事と会報づくり

昨日は、夜中に雨が降っていましたが、午前中は曇りとの予報でしたので、耕運機を動かしました。

草、木の画像のようです アウトドアの画像のようです

草を取りつつ、約1時間半で100坪程度の軽い整備をしました。曇ってはいましたが、それでも汗が滴り落ちてきました。ポツポツ降りだしてきましたので退散。

さすがに食が細い私でも、体を動かすと腹が減ります。ラーメン小と餃子のランチを取りました。

ラーメンの画像のようです 食品、室内の画像のようです

午後から本格的に雨が降りだして、そこまで言って委員会、高松宮記念はテレビ観戦にしました。結果はいつも通りでした。(;´д`)トホホ

馬の画像のようです

3月議会の報告を含めた個人会報作りを進めました。

ほぼ出来上がりましたが、いつも誤字脱字があるので文章の数字などや、言い回しの確認をしてからの発注となります。

今日は、午後から白黒防犯パトロールカーでの市内防犯パトロールの日です。昨日の雨で、桜は散ってるかなぁ~。

 

続・会報作成へ

昨朝、乗用車のガソリンを入れて、セブンイレブンへパンを購入しに行ったところ、知り合いの人とバッタリ。

ここまでは、よくある話ですが、「今日から海外へ転勤になる」との話を伺いました。サラリーマン社会は、辞令一枚で移動するのが常です。無理に拒否をすれば昇進や、最悪退職しなければならないのが、サラリーマンの宿命です。—————————————————————————————————————-

内容自体は議会で説明があったので、知っていましたが、畑に近い中央小学校で開催された「市営駐輪時用再整備計画」の市民説明会に、どれだけ参加しているのかの確認にいきました。

(豊明駅の無料駐輪場と、昨日の豊明駅前の違法駐輪状況) 自転車、橋、道路の画像のようです 自転車、通りの画像のようです

前後駅南部の高架下無料駐輪場 自転車、橋の画像のようです

中京競馬場近くの無料駐輪場 自転車、通りの画像のようです

今日は雨模様です。中京競馬場で高松宮記念が開催されますので、出かけようと思ったのですが、天気次第です。

 

 

 

 

頭をかいて汗をかいて

昨日、頭と汗をかく作業が交互しました。朝一番に所用で長久手市へ出かけました。

道路、橋の画像のようです

アウトドアの画像のようです

帰りに愛知署に立ち寄り、午前中が終り

車、アウトドア、、「愛知県愛知警察署 防犯パトロール 実施中 セキュリティボリス愛知」というテキストの画像のようです

午後から畑で打合せ、そのまま柿の木の下の草を刈りました。この部分だけ腰まで伸びていて1時間半かかりました。剪定枝も軽トラック2台分ほどありますので、来週あたり東部知多クリーンセンターへ持ち込みます。

全身汗びっしょりになったので、シャワーを浴びで、夕方市民相談の件で市役所で相談をしました。

草、木、自然の画像のようです

自然、木の画像のようです

市役所には、ナンバーを外してある消防車両3台が置いてあります。この3台は消防団の消防車(第1分団、第2分団、第3分団)で、まだ利用できるのですが、今取得した普通免許では、乗ることが出来ない車輌です。

豊明市では、3年間に分けて、現在の普通免許でも乗ることが出来る消防車に買い換えます。令和2年は第1、第2、第3分団、令和3年度には第5分団、第7分団を買い替えて、わたしの管轄内の第4分団と第6分団は令和4年度に買い換えます。

何で分団順ではないのか? は、昨年の委員会で、車両の古い車から順次買い換えるとの、答弁がありました。

消防団に加入してもらうために、壁をより低くするため、新たな免許を取得しないでも済むため、一人でも多くの多くの若い人に豊明市の消防団加入を促進している所です。消防団員も定員ギリギリで活動されている所があります。

ちなみに、この消防車3台は、廃車されるのではなく海外に寄付されます。

アウトドアの画像のようです

夜は、チビチビやりながら会派の会報の作成に入りました。

朝まで生テレビを見ていて、今から就寝します。

 

 

 

 

 

 

 

国民健康保険税 課税限度額の変更の賛成討論

朝の見守りが無く、少しダラケタ生活になるかもしれません。

昨日は保育園の卒園式でした。自宅前を着飾った親子が、むつみ保育園に向かって歩いていきました。案内文が来ないので、親子が歩いていく姿を見て初めて、「あ~今日は卒園式か」という一般の人と同じ感覚ですね。

昨日、議会だよりに掲載する会派原稿を提出してきました。令和3年度予算に賛成という表題です。後日アップします。

、「UI お帰りの際、 第2駐車 場をご利用の方は信号 交差点の横断歩道をご 利用ください。」というテキストの画像のようです

国民健康保険税改正について、考え方の違いがいつも表面化するので、賛成討論をしました。

--------------------------————————-----

豊明市は、病床数日本一の大学病院や、多くのクリニック・診療所などがあるおかげで、急病や、大病を患っても、医療にかかることが出来る大変恵まれた立地にあり、愛知県内でも、医療費がトップクラスに高いのが現状です。

多くの人が医療に掛かれば、当然医療費に跳ね返ってきます。

そのため豊明市国保では、保険税だけでは足りずに、多額の一般財源を繰り入れて、高額な医療費の支払いに充ててきました。

しかし平成30年度の都道府県化以降、一般財源からの決算補填目的の繰り入れは赤字という扱いとなり、解消すべきものとされました。

国保の加入者の減少要因というのは、後期高齢者医療への移行、定年延長などで健康保険への継続や、国が社会保険への適用拡大などで、医療費自体が減少しているのでありません。

一方で、国民健康保険は「福祉政策なので一般財源で賄うべきだ」という意見がありますが、健康保険などに加入している所得が低い、若いサラリーマン世帯などにとって、健康保険税の負担と、国保への一般財源負担というダブル負担が生じる不公平感が生じています。

一般財源を繰り入れて公費負担で賄うことが出来れば、それにこしたことはありませんが、豊明市の財政状況を鑑みても、東部知多衛生組合への負担金増、建物老朽化に伴うアセットマネジメント、扶助費用の増加、コロナ禍において、地震や台風などの被害が生じることも考え、財政調整基金の積み立てや、高齢化や福祉に備え、福祉基金を確保するようになりました。

今の世代だけの軽減だけを考えて、一般財源の投入を続けていては地方財政が行き詰まるのを見越して、国が赤字と見なすことにしたのでしょう

日本には、世界に誇る国民皆保険制度があります。

小さなお子さんから高齢の人まで、全員が、いつでも、どこでも、どんなに高額であっても医療機関で、治療してもらえます。

また、治療金額が一定金額を超えれば医療費が還付される素晴らしい制度です。

この国民健康保険を将来にわたって維持させていくために、国保の財政健全化は必須です。

豊明市も一般財源からの赤字繰り入れを、段階的に削減していくという方向と聞いています。2年ほど前、10年をかけて赤字を解消していくと言われました。そのための税率改正を段階的に行っています。

新型コロナ感染症の、市民生活への影響を鑑みて、令和3年度は税率改正を行わないとの事ですが、課税限度額は、今までは国基準より低く抑えていました。

課税限度額については、国基準が段階的に引き上げられていることから、豊明市も順次引き上げを行い、国基準に合わせていくとのことです。

課税限度額を国基準より低く抑えるという事は、高額所層の人の保険料が抑制されることとなり、年間所得層以下の負担を増大させることになります。

改正しなければ、新型コロナの影響を、より強く受けているであろう国保加入者の、中間所得層以下の方への、負担を増大させることとなります。

このようなことから、国基準に合わせていくことには、妥当性があります。

今後も、国保制度が、健全に維持ができるように努めていただくようお願いして賛成といたします。

 

 

 

コロナワクチン接種の追加議案、議員全員賛成

終業式に向かった児童の見守りののち、市役所へ向かう途中、阿野ふれあい会館では「まちかど運動教室」の開催するために、役員さんが準備をしていました。

緊急事態宣言は解除されましたが、阿野区では蜜を避けるため、6つの町内を2つに分けて、午前9時半、午前10時半と2回に分けて開催しています。

市の協力も必要ですが、これからは、地域ボランティアの力を伸ばすことが大切となります。

、「運 ま 動 教 室 野ふれあい会館 ふれあい会館」というテキストの画像のようです

昨日で、令和3年度第1回定例月議会が閉会しました。新年度予算や議案のすべてが、可決されました。なんやかんやで終了したのは、19時を回っていました。

討論は、会派の3名で、3つの議案に対して打つ予定でしたが、討論書の提出方法に不備があって、急遽わたしが3つの議案について討論することとなりました。

討論内容については、長文になるので明日以降に掲載します。文字ばかり追っていて、目が疲れるので休憩時間に時々、御嶽山の方向を見つめています。

空、道路の画像のようです

請願、桶狭間古戦場に吉田松陰の像と看板の設置の要望について、賛成・反対・趣旨採択と真っ二つというか3つに別れましたが、賛成できる内容ではありませんでした。会派内でも随分話しましたが、わたしは、政治判断において趣旨採択としました。

全ての議案、請願が終了したのち、コロナワクチン接種方法の概略についての追加議案などがあり、総務委員会、わたしの所管する健康福祉委員会が開催されました。

コロナワクチン接種については、市民の方の関心も高く、緊急事態宣言が解除されたのち、じわじわ感染が増えつつあるので、不安に感じておられる市民も多くおられます、豊明市としても、早急に体制を整えておかねばなりません。

しかし、まだワクチンが十分届いていない情況ですので、不確定要素が多く、ワクチンが届いてから「あ~だ、こ~だ」と騒いで議論していては遅いので、豊明市にワクチンが届いたら、どのように対応すべきか、接種場所の確保、駐車場の確保の予算などが提示されました。

まずは、高齢者からワクチン接種がはじまります。特に接種会場まで、75歳以上の人の交通手段の確保として、タクシーチケットが提示されました。しかし初乗りだけにするのか、複数乗車した場合など、さまざま想定されるので、タクシー会社さんの協力も必要となりますので、詳しい内容まで十分詰め切れていない情況です。

とりあえず、昨日の段階での概算の予算が提示されましたので、議員全員がで賛成しました。

国は予算とワクチンは提供して頂けますが、あとは豊明市で対応しないといけません。各地域のクリニックさんの協力が無いと成り立たない事業です。

政府のやり方に対して、いろいろ意見があると思います。それはそれ、命を守る事が第一です。内容が変わる可能性があります。「前にそう言ったじゃないか」とおしかりをけるかもしれませんが、批判は受けさせて頂きます。

今日中に議会だよりの原稿を提出しないといけません。

 

 

3月定例月議会 最終日へ

地元の小中学校では、今日が終業式です。4月からは新1年生が加わっての登下校となります。

本日24日は、3月定例月議会最終日です。 予算委員会が開催されましたので,各委員長報告や追加議案審議もあって、そう簡単には終わりそうにありません。

 

 

 

 

防犯パトロールの後で、事業現場の視察

今朝の中日新聞なごや東版に、唐竹小学校の閉校式の様子が大きく取り上げられていました。通常は、翌日に大きく掲載する場合は、事前にかなり取材を取っておいたり、当日取材班を構成して準備万端に用意するのが常です。

写真の説明はありません。

昨日、24日最終日に提案される追加の議案説明のあと、会派の討論通告書3本を提出してきました。

午前中は、自分の討論の精査、午後から南部地区を白黒防犯パトロール。

夕方から、補正予算や債務負担行為、新年度予算などで審議された、沓掛地区で工事が行われる愛知県事業(既に行われている箇所も含む)を見にまわりました。————————————————————

勅使池の排水擁壁工事です。基本的に県事業ですが、豊明市は事業費の11%の負担をします。

たまたま工事を請け負っている会社の人がいましたので、工事個所を聞いたところ、親切に教えて頂きました。今年度は排水工事で、マスから桝までです。かなり深い位置での工事で、費用もかかるそうです。(工事の素人なので伝わらずスイマセン)

木、道路、自然の画像のようです

木、草の画像のようです

エスプールプラス愛知とよあけファームの横を通りかかったところ、隣にある清掃事務所から、人事異動で新たに課長になる職員さんが、通りかかりました。

アウトドアの画像のようです

次に柿の木地区の工業団地予定地へ、

東部保育園解体工事をしていました。(これは豊明市単独事業です)柿の木地区の工業団地建設地(県事業)なので、豊明市の予算において、老朽化した東部保育園を解体しましたが、通常の工事では引き抜けない杭があり、特別な工法で引き抜く工事をしていました。。

ここは通常の工法では、引き抜出来ない杭があるため、補正予算が増額された箇所だということを思い出しました。m(__)m (コロナ関連事業も、次から次へ事業が提案されるので、頭が一杯です)

アウトドアの画像のようです

大久伝の排水機場の全面工事は、以前掲載したので又の機会で。

数字だけでは、記憶からすぐ薄れてしまいます。やはり自分の目で、現場を確認することの重要性を再確認した一日でした。

さぁ~、終業式まであと2日、児童生徒の見守りへ出かけてきます。

 

 

討論提出へ

昨日は雨の一日でした。午前11時に、古くなってきた我が家の痛んだ箇所を見てもらうため、業者さんに傷んだ箇所と見積もりのため、自宅に来てもらいました。

中島区の知りあいの子どもで、両親は私と同年代です。

アウトドアの画像のようです

討論原稿を精査していたら、友人から御誘いの電話があったたので出かけてきました。

室内の画像のようです

本日は、24日午前中、最終日の討論の提出〆切です。その前に追加議案があるので、説明を受けます。

午後から白黒防犯パトロールで防犯活動をします。

今日から6年生がいない登校を見守ってきます。