三浦桂司(みうらけいじ)について

三浦桂司(みうらけいじ)

昭和32年10月愛知郡豊明町東阿野(現阿野町)に生まれる。

むつみ保育園・中央小学校・豊明中学校・愛工大名電を卒業して愛工大に進むも途中でドロップアウトする。

20代前半から10年近く大阪・京都で働きながらイベントの勉強をしていたが心臓に持病を持つ父の容態が悪化、豊明にUターンした一年後、父が逝去。

その後、地域の町内会長を経て区会議員・環境美化推進委員・青少年健全育成推進委員会副委員長を8年間兼務、阿野サークルK前での事故をきっかけに青少年健全育成委員として阿野サークルK前信号機新設に東奔西走した。

また地域活性化の一環・グループ間の交流を図るため「豊明子どもフェスティバル」を提案。紆余曲折を経ながら委員長として平成18年1月文化会館で「第1回豊明子どもフェスティバル」を開催する。今は委員長を降りている。⇒http://www.mb.ccnw.ne.jp/t-kids/wakuwaku/ittekitayo/kodomoF/kodomoF_index.htm

中学校時代は柔道(初段)、高校時代はボクシングを習っていたが、今は本格的なスポーツはしていない。極真空手豊明道場相談役、宅地建物取引主任者の資格を持っている。

現在セキュリティポリス愛知の隊員として市内の防犯パトロール。阿野子ども見守り隊隊員として児童の登下校の見守り、中学生、一般の人への声かけ運動に励んでいる。

2008年、2009年、2010年豊明まつりにおいて市役所前メインステージの出演交渉・構成・演出を担当した。

2007年4月に豊明市議会議員に初当選、2011年4月、豊明市議会議員2期目に再選、議会運営委員長、副議長を歴任した。2015年4月に3度目の当選を果たした。

阿野町で母、妻、長男、長女、次男の愛犬ミウラバロンの5人プラスワン暮らしである。

コメントを残す